2019春の始まり、今シーズンの気分を取り入れるためにチェックしたい4つのファッショントレンド

2019年3月12日
一点投入で即、旬にしてくれるアイテムとは?
私もチェックしました&オーダーずみ! という回答が集中した、この春話題のブランド。おしゃれプロが狙っている新作をリストアップ!

KEY WORD 1 
セットアップのバリエーションが豊富!

ショートパンツやシャツ合わせなど、今季はさまざまな組み合わせのセットアップに人気殺到。

2019年春トレンドはセットアップ

❶「シャツのセットアップがやたら目につくので、まずは信頼ブランドから選びました。甘さレスなピンクのほか、色違いのブラウンも気になります」(エディター塚田有紀子)。シャツ¥26,000・パンツ¥39,000/エイトン青山(エイトン)  
❷「アラフォーでも古く見えない、リネン素材の紺ブレセットアップ。形の美しさは言わずもがな」(スタイリスト福田亜矢子)。ジャケット¥62,000・パンツ¥36,000/アングローバル(イレーヴ)


【KEY WORD 2】
スポーティテイストが加速!しゃかしゃかアウターに注目
旬のスポーツマインドを大人に引き寄せる、上品に着られる名品がラインナップ。

2019年春トレンドはシャカシャカスポーツアウター

❶「ポリエステル×シルクの軽量素材。ボリュームのある袖やシルエットでフェミニンに着こなせます」(マルティニークプレス君塚紀子)。ブルゾン¥65,000/レリタージュ マルティニーク 
❷「定番服になじみつつ鮮度を一気に上げる、軽やかなイエローが絶妙。黒のジップでモードな表情に」(徳原)。ブルゾン¥95,000/ブラミンク(ブラミンク) 
❸「大人が街で着るスポーティアウターに注目しています。こちらはシックなブラウンとすっきりした形で使いやすそう」(スタイリスト室井由美子)。コート¥78,000/ウィム ガゼット青山店(イーヴォ) 
❹「ブラックとグレージュのリバーシブル。グログランリボンや七分袖で女っぽいスタイルにもマッチ」(マリソル 副編集長SGUR)。ブルゾン¥149,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ)


【KEY WARD 3】
欠かせないのは、 女っぷりがあがるベージュ

アラフォーの味方カラー、ベージュ。なかでも今シーズンは、肌色になじむスキントーンを選ぶのが正解

2019年春トレンドはベージュ

❶「光沢があり、コンサバになりすぎず華やか」(スタイリスト福田亜矢子)。「今、一番気になるドメスティックブランド。さまざまな素材のベージュが気になります。こちらはたっぷりプリーツで動いた時ものすごくキレイ」(スタイリスト室井由美子)。スカート¥59,000/ebure 
❷「今季はこんな柔らかなベージュアイテムが気になります。少し肌見せもしたい気分なので、取り入れてみたい」(スタイリスト吉村友希)。ニット¥23,000/ウィム ガゼット青山店(レ コヨーテ ドゥパリ) 
❸「透け感のある繊細なコットン素材で、Tシャツも女らしく着られそうです」(エディター野崎久美子)。Tシャツ各¥7,500/オーラリー


【KEY WARD 4】
マルチカラーボーダー&ストライプでしゃれ感急上昇

洗練された多色使いでワンランク進化した、ボーダーやストライプがこの春、新鮮。

2019年春トレンドはボーダーとストライプ

❶「実はいつもはボーダーをほとんど着ないのですが、今季はこのビッグサイズのマルチカラーTシャツをオーダーしました。私にしては挑戦ですが、90年代っぽくボーイッシュに振りきって着てみたい」(エディター野崎久美子)。Tシャツ¥9,800/アマン(アンスクリア) 
❷「黒、ダークブルー、ミントの、シックで旬な配色のストライプ。形もシンプルかつ女っぽくて、白リネンですがほっこり感は皆無で素敵。リゾートにも持っていきたい一枚」(マリソル 編集部ハラチノ)。ワンピース¥62,000/ストローラーPR(ラシュモン)

【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ  取材・文/須藤由美

What's New

Read More

Feature

Ranking