おしゃれプロみんながチェックしている、この春夏の4大トレンドとは?

2019年3月19日
ベーシックなデザイン&地味色好きなマリソルスタッフにこの春、異変あり。柄や色、いつもは後回しにしがちなワンピースから買う、という声、続々!

KEY WORD 1

大胆なアクセントにしたい、カラフルボタニカル柄

カラフル&パワフルで決して甘くない、大人に似合う洗練ボタニカル柄に人気集中!

春トレンド ボタニカル柄

❶「昨年から個人的にジワジワ来ているキューバシャツ。上質なシルク素材と、今季気になるグリーン×オレンジの繊細な柄にひと目惚れ」(エディター須藤由美)。シャツ¥52,000(参考価格)/Diptric(s ROSEANNA) 
❷「この春は思いきってプリントを選択。シンプルに着ても華があるので、着こなしが単調になりがちな春夏こそ柄を取り入れたい」(スタイリスト福田麻琴)。パンツ¥35,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 
❸「注目のアフリカン柄で、かつ配色がスーパー好み」(エディター発田美穂)。ワンピース¥43,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(アヤヤ) 
❹「シックな赤みブラウンの柄と、揺れ感がきれいなラップ仕立て+フリル。花柄だけどあくまで大人っぽく、女らしい」(エディター東原妙子)。スカート¥48,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)


【KEY WORD 2】
注目カラーは、 レッド&ピンク

春トレンド 赤とピンク

❶「極細のゴールドラメ糸で格子柄を織り込んだ、深い赤のリネン生地。ウエストマークとカシュクール仕立てでスタイルアップも」(スタイリスト福田麻琴)。ブラウス¥37,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 
❷「コットン100%ながら光沢感があり、カジュアルからきれいめまで幅広く使えそう。オレンジがかったトーンも旬」(知識)。Tシャツ¥6,800(デミルクス ビームス)・❸「ピンクを帯びたシャンパンカラーのフレームと、ブラウンレンズの配色。顔になじむ色合いが絶妙!」(エディター坪田あさみ)。サングラス¥33,000(ブラン)/デミルクス ビームス 新宿 
❹「高感度な女性に大人気のNYブランド。透明感さえ感じる赤が新鮮」(マリソル 編集長イシダ)。ワンピース¥48,000/ラヴァンチュール マルティニーク(マーレット) 

❺「大人が着られるトレンド感を取り入れた、リアルな服がそろう注目ブランドです」(スタイリスト福田亜矢子)。コート¥52,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) 
❻「春が待ち遠しくなる、別注カラーのピーチピンク」(マリソル 編集部SGUR)。バッグ¥37,000/バーニーズ ニューヨーク(ステート オブ エスケープ) 
❼「ピンクが当たり年な今年、たくさん買いたいです。こちらは鮮やかな発色がきわだつつややかなサテン素材で、フラットでも女らしい」(エディター坪田あさみ)。靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)


【KEY WARD 3】
今年は春から着たい、 都会派リネン

こんなアイテム、待ってました! ほっこりしない、洗練度も気分も上がる今春のリネンアイテム、ご覧あれ。

春トレンド リネンアイテム

❶「シルク×リネンの繊細なツヤとラフさのバランスや、グレイッシュな色、カットオフのトリムなど『好き』が凝縮! Tシャツやデニムにさらっと合わせたい」(エディター須藤由美)。ジャケット¥130,000/ブラミンク(ブラミンク) 
❷「リネン×黒レザーの大好きな組み合わせ! ビッグサイズも今の気分です」(スタイリスト福田麻琴)。バッグ¥68,000/ボウルズ(チャコリ × ハイク) 
❸「相変わらずマキシ丈が着たいし、春らしい色が気になる、というニーズを完璧に満たす一着。リネンならではのドライな水色で、きれい色も構えず着られそう」(マリソル 編集部Y本)。ベアワンピース¥28,000/ウィム ガゼット青山店(メドモアゼル) 

❹「大人っぽすぎる? と憧れるものの、敬遠しがちなツイード素材。ですがこれはリネンシルクのサマーツイードで、ほどよくカジュアル。デイリーに着られる! と即決」(スタイリスト田澤美香)。スカート¥34,000/オーラリー 
❺「色といいデザインといい、なんにでも合わせられて履き心地もラク、さらに大人っぽく今っぽい。いつものシンプルからリゾートでの飛ばしたワンピまでぴたっと決まる、懐の深い一足です」(マリソル 編集部ハラチノ)。サンダル¥48,000/アマン(ペリーコ)



【KEY WARD 4】
形も色もさまざま。ワンピースが大豊作!

春トレンド ワンピース

❶「体型カバーと旬カラー、上質感を全方位かなえてくれる、奇跡の別注! ラクなのに『ちゃんとおしゃれしてる』感があり、初夏は毎日着ちゃいそう」(マリソル 編集部K松)。ワンピース¥87,000/ドゥロワー 丸の内店(ソフィー ドール) 

❷「別注カラーのベーシックなネイビーは、甘すぎず大人の可愛さを引き出してくれます」(トゥモローランドプレス金竹)。ワンピース¥48,000/TOMORROWLAND(マーレット) 
❸「大人に似合いそうなグレーがとても素敵。旅先にも使えそうな素材感も気に入りました」(スタイリスト室井由美子)。ワンピース¥37,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 
❹「人気ブランドの新作をセレクト。マキシ丈のストレートシルエットですが、リネン&フレンチスリーブなので軽やかな印象。一枚ではもちろん、ロング丈のはおりにしたり、レギンスを合わせたり、いろんな気分で着られます」(ユナイテッドアローズ・アストラットプレス水口)。ワンピース¥29,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ティッカ)

【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ  取材・文/須藤由美

What's New

Read More

Feature

Ranking