今年の夏旅は何着てく?アラフォーのための素敵な夏の旅行コーデ 

移動中は楽ちんで、長時間歩いても疲れにくいけど、カジュアル過ぎないでおしゃれ! そんな理想を網羅した、アラフォーのための2019年夏の旅行コーデをご紹介します。

※商品は販売を終了している場合があります

①旅行中に持ってて安心!最旬の「はおり」といえばこれ!

最旬「はおり」といえばこれ!

【スポーティブルゾン】

きれいめボトムスと合わせることでアラフォー世代がぐっと取り入れやすく。

■スポーティブルゾン×ロングスカートの旅行コーデ

フェミニンなディテールがしなやかなスカートと好相性

襟もとやすそ、袖口がドローストリング仕様になっていて、ふんわりとしたシルエットに調整可能。微光沢なフレアスカートでつくる女性らしいスタイリングに、ひとさじのアクティブなムードを添えてくれる。

ブルゾン¥43,000/ebure ニット¥29,000/スローン スカート¥25,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バッグ¥48,000/アパルトモン  青山店(スタウド) サンダル¥44,000/エストネーション(ネブローニ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥91,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン)

■スポーティブルゾン×パンツコーデの旅行コーデ

正統派の端正なつくりが大人のボーイッシュには必須

アイビーの流れをくむトラディショナルなムードのブルゾンが、きれいめパンツとロゴTをカジュアルにつなぐ役割を果たしてくれる。腰丈のコンパクトなサイズ感だから上半身が小さくまとまり、少しボリュームのあるパンツとグッドバランス。

要注目の最旬はおりといえばこれ!

【ロングライトコート】

長め×長め」「長め×ボリューム」の今年らしいシルエットが即・完成!

■ロングライトコート×ワンピースコーデの旅行コーデ

ワンピースにはおれば印象がぐっとドラマティックに

スタイリングいらずで、涼しく快適なワンピースは暑い夏の強い味方。小物だけでスタイルをアレンジするのには限界があるけれど、はおりものをプラスオンするだけで着こなしが一気に華やかで凝った印象に。白衣のようなドクターズコートは、注目のデザイン。

ロングコート¥89,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥32,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥75,000/エストネーション(ネウス) ピアス¥78,000/ショールーム  セッション(ヒロタカ)

■ロングライトコート×デニムパンツの旅行コーデ

盛夏まで重宝するのがゆるっとはおれるガウンタイプ

カットソー+デニムなど、夏に増えるワンツーコーデの救世主といえば軽やかなガウンタイプ。"布帛のロングカーディガン"感覚で使えるから、ヘビロテ必至。

ロングコート¥42,000/カオス丸の内(カオス) カットソー¥8,500/ボウルズ(ハイク) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) ハンドバッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥37,000(バルダン)・スカーフ¥36,000(ヴィンテージスカーフ)/カレンソロジー青山 ネックレス¥37,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ)

②旅行コーデの足元は楽ちん「フラット靴」で決まり!

■ジャケット×チェック柄パンツ×スニーの旅行コーデ

旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入

トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。

■ブラウス×ショートパンツ×レースアップ靴の旅行コーデ

靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え

パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。

靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)

■シャツワンピース×パンツ×アンクルストラップシューズの旅行コーデ

クロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス!

クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。

靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ)

■ノースリーブカットソー×ワイドパンツ×レースのフラットシューズの旅行コーデ

シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ

甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。

靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)

■ギャザーブラウス×パンツ×スリッパサンダルの旅行コーデ

涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに

ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。

靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND

③旅行コーデは、やっぱりパンツがベスト!

【太め白パンツ編】

■ノースリーブカットソー×太め白パンツの旅行コーデ

メンズライクなボリュームシルエットに女性らしいラインを加えて

独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。

パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)

■ブラウス×太め白パンツの旅行コーデ

清潔感たっぷりのクロップドワイド。ストレッチ入りではき心地も抜群!

女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。

パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)

■ジャケット×太め白パンツの旅行コーデ

シワになりにくいとろみ素材の一本は、オフィスシーンにもぴったり

細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大!

パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)

■ニット×太め白パンツの旅行コーデ

マリンパンツのフロントディテールがおなかまわりカバーにも威力を発揮!

ゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。

パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)

【リネンパンツ編】

■コート×リネンパンツの旅行コーデ

「クリーンな白」と合わせる

すそに向かって細くなったテーパードシルエットのきれいめリネンパンツに、真っ白なTシャツを合わせて。同じ白でもニットだとまったりして老ける可能性が。Tシャツでパリッと白をきかせたほうが、あかぬけて見える。小物も白でそろえて、コーデ全体を軽やかに仕上げて。

パンツ¥42,000・コート¥120,000/ebure カットソー¥4,900/ノーク バッグ¥148,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ドット柄ブラウス×リネンパンツの旅行コーデ

「さし色小物」をきかせる

アシメトリーなリボンベルトつきデザインが女らしいリネンパンツを、ドットブラウスとバレエシューズでフレンチシックに。仕上げにビビッドな赤いバッグを加えれば、きりっと印象が締まってより華やかで女っぷりの高い着こなしに。

パンツ¥32,000/ADORE ブラウス¥16,000/エリオポール代官山(エリオポール) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)

■ジャケット×リネンパンツの旅行コーデ

「セットアップ」で着てみる

センタープレス入りのゆったりとしたリネンパンツと、ダブルボタンのジャケットをセットアップで。白Tシャツと白小物で抜け感を。足もとはスニーカーも素敵ですが、ハンサムになりすぎてしまうので、華奢なサンダルで女らしく仕上げて。

パンツ¥36,000・ジャケット¥62,000・カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN バンダナ¥9,800/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(MONA SULTAN) バッグ¥332,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)

■ブラウス×リネンパンツの旅行コーデ

「フェミニントップス」と合わせる

トップスはボリューム袖や背中見せなど、"さりげなく"女らしいデザインを選ぶのが上品見えのポイント。サックスブルーのボリューム袖ブラウスに白いリネンパンツを合わせてさわやかに。仕上げに赤リップで女らしさをもうひとさじプラスして。

パンツ¥33,000/FUN Inc.(フォンデル) ブラウス¥33,000/クルーズ(ELIN) ピアス¥13,000・ブレスレット¥33,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥76,000/ドゥロワー 心斎橋店(クレジュリー)

④動きやすくてすっきり見えするアラフォーのための旅行コーデ

■ビッグスウェット×Iラインスカートの旅行コーデ

ほどよくリラックス感のある旬度高めのすっきり見えコーデ

トレンドのスウェットをゆるっと着つつ、下半身はⅠラインスカートで女っぷり高く。足もとはダッドスニーカーで、シンプルになりがちなコーデにアクセントとさらなるバランスアップをもたらして。

カットソー¥20,000/オーラリー スカート¥39,000/マディソンブルー ブルゾン¥38,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(イエティ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥90,000・ブレスレット¥125,700/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(ハム) 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

■ビッグカットソー×Iラインスカートの旅行コーデ

グレーと白で涼しげにまとめてきれいめな着こなしに

ヒップラインが気になる人は、ラインを拾いすぎないすとんとしたⅠラインスカートがおすすめ。色のトーンを白&グレーでまとめ、パールとポインテッドトゥのパンプスを合わせることで、カジュアルになりがちな着こなしがほんのりコンサバにシフト。

カットソー¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥33,000/ebure ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) ネックレス¥19,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥43,000/アオイ(ティラ マーチ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■シャツワンピース×レギンスの旅行コーデ

袖をたくし上げたり、襟もとを抜いてラフな感じに着こなしアレンジ。足もともフラットサンダルで抜け感を。レギンスを重ねたボトムレイヤードで、カジュアルさのなかに洗練された空気をまとって。
ワンピース¥27,000/ティッカ レギンス¥9,000/オーラリー ピアス¥30,000/バーニーズ ニューヨーク(ELLEN CONDE) バッグ¥46,000/フラッパーズ(ウェルデン) 靴¥44,000/ドレステリア 銀座店(ネブローニ)

■タック入りカットソー×パンツの旅行コーデ

太めの共布ベルトを巻くことで腰位置がぐんと高く

リボンをはずすとシンプルなゆるめのTブラウスに。共布のベルトはリボン結びにすれば甘め、きゅっと結んでたらせば大人っぽく、と結び方でイメージを変えることも可能。

ブラウス¥32,000/ebure デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) バッグ¥69,000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) パンプス¥48,000/アマン(ペリーコ) バングル¥4,000/シップス 有楽町店(アリシャディ) ピアス¥48,000/エスケーパーズ(ガラ イズ ラブ)

■カットソー×腰高ワイドパンツの旅行コーデ

上半身をより華奢に見せたいなら、黒トップスがやっぱり最強!

さわやかなブルーのワイドパンツに、シルバーボタンがきいた黒のボートネックニットを合わせ大人マリンな着こなしに。小物はきれいめかごとシックな黒のフラットサンダルで、上品なリラックス感を演出して。

パンツ¥29,000/ebure カットソー¥14,000/ゲストリスト(ルミノア) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥18,000/ドレステリア 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥90,000/スーパー エー マーケット(ワイワイ) 靴¥15,000/フラッパーズ(ラオコーンテ)

■ロングシャツ×レギパンの旅行コーデ

ゆるっとしたロングシャツで 縦長ラインを作るのも手

よりスリムに見せたいなら、トップスをロングシャツにして縦長ラインを強調するのもおすすめ。ブラウン×黒のダーク配色なら視覚的な引き締め効果も抜群。老け見えを防ぐため、白いハットやヌーディなサンダル、袖のロールアップなどで軽やかさを出すのを忘れずに。

パンツ¥26,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) シャツ¥29,000/アパルトモン 青山店(リジエール) 帽子¥27,000/アマン(アルテサーノ) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■フレア袖ワンピース×レギンスの旅行コーデ

フレア袖の〝甘い黒〞を合わせてちょっぴりフェミニンに

ミニ丈のフレア袖ワンピースをトップスとして使用。ほんのり甘めの黒を、ブリックカラーが今年らしいレギパンと合わせて旬度の高い休日スタイルに。靴をヒールにし、バッグをきれいめにすればちょっとしたセミフォーマルにも対応できそう。

パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ワンピース¥45,000/REYC サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥9,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(JARDIN DEL CIELO) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ボリュームシャツ×レギパンの旅行コーデ

ゆるっとした開襟シャツ×レギパンを、黒小物でハンサム仕上げに
袖もフレアになった特徴的なストライプシャツを、くるぶし丈のレギパンと合わせてすっきりとバランスよく。部屋着っぽく見えないよう、ひも靴や黒ぶちメガネなど、ブラックで統一した辛口小物でシャープさをプラスして。

パンツ¥21,000/アパルトモン 青山店(アメリカーナ) シャツ¥23,000/サード マガジン メガネ¥33,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

What's New

Read More

Instagram

Feature

Ranking