アラフォーのためのカジュアル過ぎない雨の日コーデ

雨の日コーデはどうしてもカジュアルになりがち……アラフォーが通勤にも着られるカジュアル過ぎない雨の日コーデと、美女組・Akaneさんによるプチプラ“レインコート”の着回しコーデをお届けします!

①カジュアル過ぎないアラフォーのための雨の日コーデ

■ブラウス×チェック柄スカートの雨の日コーデ

ブラウン系配色のチェック柄で印象的に大人っぽい雰囲気で。華やかな印象になるチェックスカート柄に光沢のある黒ブラウスで少しドレッシーに仕上げて、そこまで崩しすぎない感じに。

ブラウス¥24,000/サード マガジン スカート¥83,000/ebure バッグ¥67,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) イヤリング¥9,000/アビステ 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) 傘/スタイリスト私物

■Tシャツ×白パンツの雨の日コーデ

雨の日でも足もとを気にせず軽やかに歩きたいから、速乾素材とクロップド丈をチョイス。この優秀パンツは速乾性に優れ、雨にぬれてもしみにくく、サッと雫を払うことができるシロモノ。自宅でもざぶざぶと手洗い可能だから、泥はねなどの汚れがついてもすぐにきれいに。しかも、透け防止素材でできているので、下着のラインを心配することなく着られるのも嬉しい。雨だとダークトーンが多くなりがちなオフィスだからこそ、ホワイト多めでクリーンで明るい印象を与えて。

Tシャツ¥7,200・パンツ¥14,000(エムセブンデイズ)・ロング雨傘¥9,500(ワカオ)・バッグ¥14,000(ビューティフルピープル)・靴【CENDRILLON Baby】¥23,000(レペット)/SHOP Marisol メガネ・ピアス・バングル/スタイリスト私物

■撥水トレンチコーデ×パンツの雨の日のコーデ

雨で足もとの悪い日でも、防汚加工の白パンツだから活動的に過ごせる。トップスのざっくり編んだ綿100%のニットは、風通しがよく夏も活躍。旬のブラウンで。

パンツ¥15,000/ストラ 撥水トレンチコート¥38,000/トラディショナル ウェザーウェア青山ウィメンズ店(トラディショナルウェザーウェア) コットンニット¥22,000/ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) バッグ¥154,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ) リング¥18,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 傘¥30,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(フォックス・アンブレラ)

■ドット柄ブラウス×パンツの雨の日コーデ

旬のドットブラウスもネイビー×白なら甘くなりすぎない。透け感のある素材はフォーマルにも。汚れにくい白パンツですっきりスマートに着こなして。

パンツ¥15,000/ストラ ブラウス¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) バッグ¥274,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥12,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) ピアス¥13,000/デ・プレ(ポーノ) ブレスレット¥89,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン) 傘¥9,000/サード マガジン(ホワイトローズ×サード マガジン)

■シャツ×パンツの雨の日コーデ

あちこち歩き回る日は、パンツにフラット靴で足さばきよく。正統派なペニーローファーは、実はゴム製の防水仕様。さらっとドライで軽いリネン素材のシャツ一枚で肌寒い時は、大判ストールをはおりもの代わりに。きちんと感と特有の抜け感、その両方を備えて。

パンツ¥15,000/ストラ シャツ¥16,000/マイカ アンドディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) 靴¥15,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター) ストール¥27,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アソース メレ) ネックレス¥54,000/デ・プレ(レジェ) バッグ¥139,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 傘¥9,000/サード マガジン(ホワイトローズ×サード マガジン)

■ワンピース×パンプスの雨の日コーデ

雨の日はただでさえ湿気で髪型がなかなか決まらないものだから、時短が可能なワンピースは強い味方に。このネイビーワンピース、少しだけの腕にかかるフレンチスリーブや、すっきり広がるスカートなど、こだわりのディテールがあって十分可愛いのに、実は機能的で優秀アイテムなのだとか。ストレッチ入りで着心地もよく、自宅でざぶざぶ手洗いも可能で、アラフォーのオフィス服として絶対に手放せない!

ワンピース¥19,000(エムセブンデイズ)・バッグ¥25,000(ロベルタ ピエリ)・ロング雨傘¥9,500(ワカオ)・チュールパンプス¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス・バングル/スタイリスト私物

■シャツ×パンツ×ブーツの雨の日コーデ

一見つやのあるサイドゴアブーツの正体は、なんと雨をはじいてくれる優秀レインブーツ! 見た目は普通のブーツと変わらないので、コーディネートの幅がどんどん広がる。また、さらっとして軽い素材のリネンシャツと合わせて袖をくしゅっとさせれば、大人の抜け感を表現できそう。

コート¥38,000/トラディショナル ウェザーウェア青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) シャツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥16,000/エリオポール代官山(エリオポール) 靴¥22,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 傘¥9,000/サード マガジン(ホワイトローズ×サード マガジン) メガネ¥36,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン) バッグ¥139,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)

■白ジャケット×ワンピースの雨の日コーデ

吸水速乾、接触冷感、シワになりにくいといった特徴をもつトリアセテート素材のワンピース。エレガントな落ち感も魅力的上品見えするネイビーのワンピースを、白のジャケットとパンプスでキリリと仕上げて。

ジャケット¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) シャツワンピース¥39,000/オンワード樫山(ベイジ,) 傘¥3,500/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ) バッグ¥154,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥11,000(フィリップ・オーディベール)/アルアバイル バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー  オブ ソウル スタイル) 靴¥18,334/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ)

②美女組・Akaneさんの雨の日コーデ【プチプラ・レインコートを着回し!】

レインコート選びは、価格に比例して機能性もそれなりに高くなっていくので、耐久性や防寒その他、最終的には個人のライフスタイルに合わせることになるかと思います。アウトドア系ブランドならやはりしっかりしたものが手に入るので、大雨の中を突っ走るには良いかもしれませんし、アパレル系のおしゃれなデザインなら、普段の通勤やお出かけに向いています。

送迎が終わった今は「豪雨仕様」が必要なくなったので、わたしが望むのはとにかく「軽量」で動きやすいこと。高価なものだと生地厚でかさばり、重量もそこそこあるものが多いですが、雨に濡れずそれなりにしっかりしていれば満足です。「おしゃれ」ということを大前提で選んだ結果、「ビーミング by ビームス」のレインコートに決めました。価格もお手頃でこんなにカッコいい!
送迎が終わった今は「豪雨仕様」が必要なくなったので、わたしが望むのはとにかく「軽量」で動きやすいこと。高価なものだと生地厚でかさばり、重量もそこそこあるものが多いですが、雨に濡れずそれなりにしっかりしていれば満足です。「おしゃれ」ということを大前提で選んだ結果、「ビーミング by ビームス」のレインコートに決めました。価格もお手頃でこんなにカッコいい!
名称は「モッズ レインコート」なので、ミリタリーの雰囲気があるカッコいいデザインです。まずは「カーキ」の色が今っぽくて目を引きました。アパレル系でもデザインだけではなく、それなりにわたしが求める機能は充実しています。雨に濡れないための仕組みがちゃんとあるんですよ!

丈は、163cmのわたしの身長だと膝上くらいまでの長さです(フリーサイズ)。あまり長すぎず、お尻がスッポリ隠れるこれくらいの丈が動きやすく、スタイリングもしやすいなと感じています。もともと「Aライン」のデザインですが、ウエストと裾の部分がゴムで絞れるようになっているので、調整して自分の好きな雰囲気が作れます。
首回りやフード部分も、おしゃれなのにさりげなく雨対策になっています。首はボタンで立たせたデザイン、そしてフードもゴムで絞れるようになっています。もともと機能満載のミリタリー服は、レインコートにも適したデザインなのですね!
とにかく軽量、そしてコンパクトにまとまるので、付属のポーチに収納すれば持ち運びにも便利です↓それにこのコートの一番「買い」な部分。それは、特別な「雨用」には見えないので普通にアウターとして着られること!肌寒い日の「羽織もの」として便利ですし、何よりデザインがおしゃれなので、雨でなくても着たいのです。春や秋口の「つなぎ」用アウターで活躍しそうなので、レインコート&アウターの「2way」と考えると、かなりお得な気がします。
このコートひとつで、カッコいいレインスタイルは簡単にできます。「雨具」ということを忘れるくらいおしゃれなデザインなので、これで雨のお出かけも憂鬱にならず、むしろ楽しくなるかもしれません♪

ちなみにレインブーツにはフランスの「MEDUSE(メデュース)」を履いています。フランス製ですが10,000円以下で買え、デザインが「AIGLE」の乗馬ブーツのようにとてもおしゃれです。いかにも「長靴」という感じではなく、スッとした見た目の美しさと、ボトムスをインした時の抜群の美しいフォルムには文句なし!

■【Day1】レギンスをブーツインした雨の日コーデ

このコートは、カジュアルが映えます。Tシャツとレギンスなど、シンプルなスタイルもカーキのモッズが格上げしてくれます。ロングブーツとの丈バランスも文句なしにキマり、雨の日の気分もアガりますよ!

■【Day2】タイトスカートを合わせた大人の雨の日コーデ

フリーサイズのレインコートが大きめなので、細身のタイトスカートでもバランスよく合います。タイトにロングブーツを合わせるとエレガントで大人っぽくなり、また違った印象に。

■【Day3】コンバースを合わせた雨の日コーデ

雨が強くない日は、厚底ゴムのハイカットも履きます。デニムとモッズコートって、メンズライクでカッコいい。バッグは濡れてもいいリュックも活躍しますね。

■【Day4】花柄ロングスカートを合わせた雨の日コーデ

■【Day5】ホワイトをブーツインした雨の日コーデ

ホワイト系は雨の日はNGだと思っていましたが、ロングブーツにインすることで汚れる心配もなく、雨の日も爽やかに履けるようになりました!

What's New

Read More

Feature

Ranking