フォルムの美しさで見せる注目の新進ジュエラー

2017年1月22日
旬のムードを表現してくれる、話題の新進ジュエラー。空間を生かした立体的なフォルムや、エアリーなデザインが多いのが特徴

■「shihara」ミニマムなフォルムに個性的なセンスが光る

デザイナーの石原勇太氏が手がけるshiharaは、機能をグラフィカルに落とし込んだクリーンなデザインが評判。ピアスの針を立体の中の一辺にした「3D」は特に人気のコレクション。
ピアス(上)(YG)¥27,000・(下)(YG)¥25,000/ユイボックス(シハラ)

■「RICO by mizuki shinkai」日本人デザイナーらしい繊細な感性が映える

子供の誕生をきっかけにブランドを立ち上げたというデザイナーの眞貝瑞季氏。高い彫金技術や天然石から生み出される繊細なジュエリーが人気。約5 ㎝のロングピアスは、ゴールドに繊細な縦線の彫金が施されている。
ピアス(YG)¥110,000/RICO by mizuki shinkai

■「GIGI」長く愛用したいミーニングジュエリー

アイコンに想いをこめるミーニングジュエリーを提案しているGIGI。手作りされたジュエリーには長く愛用したいものがそろう。
リング(上)細いバーに10粒のダイヤモンドが輝く。(WG×ダイヤモンド)¥84,000/BLOOM&BRANCH AOYAMA(GIGI)
(下)コイン状のプレートにイニシャルを手彫り。(YG)¥40,000/ドゥーズィエム クラス 六本木ヒルズ店(GIGI)

What's New

Feature

Ranking