いま始めたいデジタル・デトックス!生活に必要なアイテムをアナログツールに変えてみよう

2017年2月7日
完全なデジタルオフの原始的生活は快適とはいえない。今考えるべきは、デジタルツールに振り回されず、適材適所だけに活用する付き合い方だ。スマホやPCとほどよい距離を保ち、心と体を守るためにぜひ、今からはじめたい。
確かにスマホはなんでもかなえる魔法の小箱。でもその便利さに頼りきると、スマホなしでは生きられない中毒状態に。「デジタルツールの中でもPCと違って持ち歩けるスマホは、依存しやすい存在。使用頻度を最小限に抑えるために生活必需品は昔ながらのアナログのツールを使って」(墨岡先生)。些細なことに思えるが感情や感覚に変化が出て、見た目もスマートに。
墨岡 孝先生
成城墨岡クリニック院長。慶應義塾大学医学部卒。30年前からPC作業によるストレスを研究。ネットやスマホ依存の治療にも取り組む

☆朝は目覚まし時計で起きる

スマホをベッドルームに持ち込まないために、アラームは目覚まし時計を使用。これだけで深夜のメールやSNSチェックは断ちきれる。時計¥2,686/無印良品 池袋西武

☆残したい一瞬は一眼カメラで

スマホのカメラアプリで店や料理をムダに写し保存しても心に残らない。ヴィンテージ風ルックスの高画質デジカメなら被写体も選びたくなる。OLYMPUS PEN Lite E-PL8(オープン価格)/オリンパス

☆動きたくなるギアを活用

歩数や総消費カロリー、月経周期を管理。生活リズムに合わせて目標カロリーを自動調整し効率よくダイエットをサポート。LaMuse 活動量計(AM-132)¥6,000/タニタ

What's New

Feature

Ranking