美女組No.132 はるか
No.132 はるか
ひとり遊びが得意な会社員。韓国料理を求めて新大久保に出没しています。
身長:167cm
My favorites:趣味 = バレエ、旅行、食べ歩き、ダイエット 好き = 猫、タイ料理、マカオ 得意 = 韓国語

謎の「ギャルウリ」を食べぽよ~☆北陸グルメで満腹ルポ【後編】

福井グルメの話ですが、越前ガニも越前そばも出番ナシ。代わりに“ギャル”とレッサーパンダが登場します。
さて、1泊2日の弾丸福井旅行Feat.恐竜博物館。

前回は、1日目の夜が「あわら温泉湯けむり横丁」での怒涛の5軒ハシゴで
更けていったところまでお伝えしました。
<前回までのお話はこちらから↓>
さて、満腹感と二日酔いで迎えた2日目。
わたしは何を食べたのでしょうか。

■2日目朝食:チキンラーメンのカップ麺

いきなり福井関係ないー!

でも酔い覚ましには醤油っけの強い
チキンラーメンのスープが一番ということで。

■2日目昼食:フランスの美食ガイドが認めた中華料理

気を取り直して……
恐竜博物館と並ぶ、今回の旅行の目的は
眼鏡フレームの国産シェア率96%を誇る鯖江市。
  • 福井 鯖江 メガネミュージアム

    鯖江では右も左も

  • 福井 鯖江 メガネミュージアム

    眼鏡モチーフだらけ

眼鏡の歴史や、有名人の眼鏡を展示している「メガネミュージアム」を観覧。
  • 福井 鯖江 眼鏡ミュージアム

    江戸時代のお洒落メガネ

  • 福井 鯖江 メガネミュージアム

    手前が黒柳徹子さん、奥が所ジョージさん

  • 福井 鯖江 メガネミュージアム

    トイレの表示も眼鏡

そしてランチは母が最近テレビで見たという、地元の中華「九龍飯店」へ。
  • 謎の「ギャルウリ」を食べぽよ~☆北陸グルメで満腹ルポ【後編】_1_5-1

  • 謎の「ギャルウリ」を食べぽよ~☆北陸グルメで満腹ルポ【後編】_1_5-2

ちょっといい中華レストラン、な雰囲気のこちらのお店、
フランスの美食ガイド『ゴ・エ・ミヨ(Gault et Millau)』の日本版に掲載されたらしい!
テレビで紹介していたという「大エビのチリソース」は
ソースの辛さ・甘味・塩味のバランスが絶妙で
人生で一番おいしいエビチリだったかもしれない……。
ソースに絡める前に、天ぷらみたいに揚げているから、
衣のサクサクと海老のプリップリな食感が交差して楽しい。
  • 福井 鯖江 九龍飯店

    シグニチャーディッシュの、大エビのチリソース

  • 福井 鯖江 九龍飯店

    麻婆豆腐は痺れ強い系

  • 福井 鯖江 九龍飯店

    トロッと甘い大エビのマヨネーズソース

周りに何もないので観光のついでに来るのは大変だけど、
この大エビのチリソースを食べることを目的に
もう一度訪れてもいいな~と思うほどでした。
腹ごなしに、この近くにあった「西山公園」を散策。
“日本の歴史公園100選”にも指定されている広大な公園で、
併設の動物園は

日本のレッサーパンダの総本山らしい……

西山公園 レッサーパンダ
レッサーパンダの繁殖数が日本一で、
この動物園から日本中の動物園に
レッサーパンダを送り込んでいるんだって!!!
西山公園 レッサーパンダ
雑巾じゃないよ。
謎の「ギャルウリ」を食べぽよ~☆北陸グルメで満腹ルポ【後編】_1_10
暑さでへばった
謎の「ギャルウリ」を食べぽよ~☆北陸グルメで満腹ルポ【後編】_1_11
レッサーパンダだよ。
他にもリスザルとかタンチョウとかもいるよ。

■2日目おやつ:謎の「ぎゃるうり」を食べぽよ~

「ぽよ〜」の使い方、合ってるのかな?
ギャルが周りにいないから分からん。

さて、車の旅で楽しいのは、道の駅巡りですね~。
三国港にほどちかい「道の駅みくに」は
かなり大規模な道の駅で、
港から上がったばかりの海産物、採れたての農産物、
手作りのお惣菜、ありとあらゆるお土産物がいっぱい!
そのなかで、わたしの目を捕らえたのが
かわずうり ぎゃるうり 福井

ギャルウリ?????

あとで調べたところによると、
これは「かわずうり」、漢字では「蛙瓜」とも呼ばれる
福井県産の瓜で、模様からその名がついたそう。
「ぎゃる」というのもカエルのことらしいので

カエル⇒ガエル⇒ギャール⇒ギャル

ってことなのかな。
なにを隠そう、わたしは瓜のお漬物が大好きで
いろんな瓜を塩もみして食べているのですが
ぎゃるうりの漬物は、皮がやわらかく
身は水分をたっぷりと含んでいて、
噛むほどに瑞々しくて、それはそれは美味でした!!
たとえて言うと、
普通の茄子のお漬物と、
水茄子のお漬物の違い、って感じ。
ぎゃるうり
ものすごく美味しいので、もっと全国的に普及してくれないかなあ……
  • 謎の「ギャルウリ」を食べぽよ~☆北陸グルメで満腹ルポ【後編】_1_14-1

    おやつに買った天ぷら

  • 謎の「ギャルウリ」を食べぽよ~☆北陸グルメで満腹ルポ【後編】_1_14-2

    持ち帰れるものなら買いたかった甘エビ

■お土産:地元のスーパー最強説

1泊2日の弾丸ツアーなので、あっという間に帰る時間に。

最後に寄ったのは、JR福井駅の近くにあるショッピングモール「プリズム福井」と「ハピリン」。
「プリズム福井」には昔ながらの福井名物の店舗が、
「ハピリン」にはちょっとオシャレで今風にアレンジしたお土産品が揃ってて
どちらもオススメです。
ハピリン 福井
ハピリン1階のショップ、かがみやさん。正統派お土産からB級お菓子まで種類豊富。
で、さらにオススメが、「プリズム福井」の中にあったスーパーマーケット。

スーパーって地方色がすごく出ますよね!
福井のスーパーも例に漏れず、
まずは油揚げの種類がやたら多いことにビックリ。
謎の「ギャルウリ」を食べぽよ~☆北陸グルメで満腹ルポ【後編】_1_16
福井市は油揚げ消費量全国一位だそうですよ
そしてわたしが見つけた、今回最強のお土産がこれです!
塩焼き鯖
どーーん

丸ごと一尾の浜焼き鯖!!!

さすが鯖街道の出発点、
このワイルドさには度肝を抜かれました。
塩焼き鯖 福井
リモコンとサイズ比較
しかもこれで1000円しないという安さ!!!(たしか980円)
家に帰ってから食べたら、
脂がたっぷりのっていて、でも脂っぽくも生臭くもなく
食べでのある最高の焼き鯖でした。
塩焼き鯖 猫
留守番していた猫ちゃんにもおすそ分け。
このあたりのスーパーなら、どこでも売っているものなのかしら??
ちょっと持ち帰りが難しいけど(汁が漏れないようにビニールを何重にも重ねました)
見つけたらぜひ買ってみてほしいです!
飯尾 コク塩 梅肉 むきそら豆
福井のものじゃないけど同じスーパーで買ったこのそら豆も激ウマかった
というわけで、福井の旅レポートおしまい。
【関連リンク】

What's New

Read More

Feature

Ranking