衰えアゴ解消!舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる【40代ヘルスケア】

〝ゆるみ始めた筋肉を鍛えなおす!〞

鏡を見て、写真を見てふと感じる"アゴの四角化"現象。アラフォーは顔型に関係なく、アゴの形が変化するお年ごろ。実はこれこそ明らかなエイジングサイン。アゴがいかつくなる前に、早急に手を打つべし

エステティシャン 村木宏衣さん

エステティシャン 村木宏衣さん

サロン「Amazing♡beauty」主宰。若返りをかなえる独自の「村木式 整筋」メソッドを確立し、多くの女性から支持を集める

こんな人はおとろえ顎!

アラフォーの顎が四角い_衰え顎タイプ

笑っているつもりなのに笑えていない、人と話す時に前歯が見えないようなら、アゴまわりの筋肉が衰えているサイン。特に近年は、SNSの発達での会話不足や嚙まない食事で、舌の筋肉の衰え、リンパの流れが滞り、むくみやたるみの原因にも。「アゴ下に付着する『舌骨筋群』という筋肉の集まりがあるのですが、これが衰えることで二重アゴに。また、日本語の発音は舌を使うことが少ないため舌が衰えやすい。『オトガイリンパ節』をはじめ、硬直した筋肉に圧をかけながら老廃物を流して引き上げて」(村木さん)


【リリースする筋肉はここ!】

衰えアゴ解消!舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる【40代ヘルスケア】_1_3


1)舌の裏側の筋肉を鍛える!

衰えアゴ解消!舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる【40代ヘルスケア】_1_4

1.アゴ下のくぼみに人さし指で圧をかける
アゴ先から2 ㎝くらい内側の骨のきわに、カギ形にした人さし指の第一関節~第二関節の平らな面で圧をかける。『オトガイリンパ節』にアプローチする。

衰えアゴ解消!舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる【40代ヘルスケア】_1_5

人さし指をカギ形に曲げ、第一関節~第二関節の平らな面を使う。

衰えアゴ解消!舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる【40代ヘルスケア】_1_6

2.英語の巻き舌のように「らりるれろ」と動かす
アゴの下に指で圧をかけたまま、英語の「R」の発音をイメージしながら、巻き舌で「ら・り・る・れ・ろ」と大きく口を動かす。これを5セット繰り返す。


2)アゴ下の筋肉を鍛える!

衰えアゴ解消!舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる【40代ヘルスケア】_1_7

「顎下リンパ節」の深い部分へアプローチ

アゴの2 ㎝くらい内側にある骨のきわで、顔の中心から約1 ㎝外側のところに、カギ形にした反対の手の人さし指を当てる。

衰えアゴ解消!舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる【40代ヘルスケア】_1_8

カギ形にした人さし指の第一関節~第二関節の平面を使う。

衰えアゴ解消!舌・アゴを鍛えてモタつきを引き上げる【40代ヘルスケア】_1_9

「あぐ」と口を開閉し指をズラしながらほぐす
顔を正面に、人さし指を当てたまま「あぐ・あぐ」と口を開け閉め。これを1 カ所で8 セットずつ繰り返したら、指の位置を外側にズラしながら片側6カ所行う。

【Marisol9月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(人物) 松本拓也(物)ヘア&メイク/藤本 希(cheek one)スタイリスト/程野祐子 モデル/西秋愛菜 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所)取材・文/藤井優美(dis-moi) 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking