オンの日もオフの日も、ワントーンコーデで洗練されたこなれた雰囲気に!

ひとつのトーンでまとめた着こなし“ワントーンコーデ”は、簡単なのに洗練かつこなれた雰囲気にコーデを格上げしてくれるアラフォーにおすすめの着こなし。女らしく上品な白~ベージュのワントーンコーデ、気品と清潔感のあるのネイビー~ブラックのワントーンコーデをご紹介します!

①ベージュ系ワントーンコーデ

■タイニートップス×腰高ワイドパンツのワントーンコーデ

すっきり見えがむずかしい淡い色のワントーンも、バランスよく!

Tシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。

パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)

■ジャケット×ロングスカートのワントーンコーデ

フェミニンベージュで新しいトラッドの扉を開けて

人気復活のジャケットをアラフォーが着こなすには、実は妄想力が大切。若き日のジャクリーン・ケネディみたいにベージュワントーンでぐっとフェミニンに。アイテム選びはとことん旬を意識して、2019年の進化系トラッドを完成させて。ビッグ&ロングなジャケット、バンドカラーのシャツ、ざらりとした質感のシルクリネンスカート。そしてガツンと大きなバッグ。旬のアイテムたちを集めた、鮮度の高いオールベージュ。

ジャケット¥52,000/サード マガジン シャツ¥26,000/ebure スカート¥64,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ(大)¥57,000/フレームワーク 自由が丘店(ア ヴァケーション) (小)¥128,000(ザンチェッティ)・靴¥62,000(ジョセフ チーニー&サンズ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 ピアス(右)¥19,000・(左)¥21,000・リング(人さし指)¥47,000・(中指)¥39,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)

■サファリジャケット×ワイドパンツのワントーンコーデ

マニッシュなアイテム同士の組み合わせはグラデーション配色で女らしさを演出

アイボリー寄りのニュアンスのある色みを出発点に、パンツからインナー、小物までベージュ系で統一。旬度満点のロング&ビッグながら、ウエストを絞って着るとぐっと女らしい雰囲気に。

ジャケット¥34,000・タンクトップ¥6,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥18,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥8,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■カーディガン×オールインワンのワントーンコーデ

たまにはこんな冒険もあり!ドライベージュで作るリゾートスタイル

春夏のトレンドのダークホース、「エスニック」。本格派の原色系ではなく、ベージュベースならぐっときれいめな印象に。大人リッチなリゾートコーデで、気分は早くもバケーション!ドライベージュのミディ丈カーディガンは、綿麻にナイロンを混ぜた独特のシャリ感と絶妙なリブ感でぐっとメリハリのある印象に。オールインワンとエスニックな小物使いで、おしゃれの冒険はさらに加速! 

カーディガン¥16,000 /プラージュ 代官山店(プラージュ) ノースリーブオールインワン¥32,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) ターバン¥5,800(ラ メゾン ド リリス)・バングル¥55,000(グーセンス)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ピアス¥29,000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) ベルト¥12,000(アトリエ アンボワーズ)・バッグ¥59,000・靴¥48,000(ともにペリーコ)/アマン ストール¥27,500/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アソース メレ)

■ニット×ロングプリーツスカートのワントーンコーデ

日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツ

ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。

ニット¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)

■ニット×ハーフパンツのワントーンコーデ

ざっくりニットにとろみパンツをMIX!

のっぺりしがちなワントーンコーデこそ、異素材MIXが成功の近道。ワントーンコーデの中でも、オフホワイトなど淡い色みのワントーンは特に素材のコントラストが重要。ニットは、ざっくりしつつも肌ざわりのいいコットンシルク素材。

ニット¥42,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥13,800/マーコートデザインアイ 銀座店(ミディウミソリッド) メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物

②ダークカラー系ワントーンコーデ

■ノースリーブカットソー×ワイドパンツのワントーンコーデ

シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ

カジュアルな雰囲気になりそうな合わせも、ネイビーで統一すればぐっと大人っぽくきれいめなコーデに格上げ。甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。

靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)

■ブラウス×マリンパンツのワントーンコーデ

ギャザー入り&ふんわり袖の甘めシアーブラウスに、コットンツイルのマリン

女性らしい華のあるブラウスに、パンツでカジュアル感を足しつつ腰高でスタイルアップ。服はネイビーで品よくまとめつつ、シルバーのチョーカーとパイソン柄のパンプスで程よいスパイスを。

ブラウス¥16,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) パンツ¥14,000/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース) チョーカー¥60,000/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) パンプス¥19,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)

■ニット×レーススカートのワントーンコーデ

大好きなワントーンはそのままに、レースでコーデに華やぎと奥行きを

シンプルベーシックは大好きだけど、春ならではのちょっと浮かれた気分も味わいたい! そんな願望をかなえてくれるのが繊細なレース。ネイビーonネイビーのおなじみワントーンコーデも、上品なムードはそのままに、ぐっと女っぷり高く華やかな雰囲気に。動くたびに軽やかに揺れるすそも、おしゃれテンションを盛り上げてくれる。

スカート¥54,000 ・ニット¥23,000/サード マガジン バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥43,000/マルティニー ク ルコント ルミネ新宿店(ネブローニ)

■シャツ×パンツ×スニーカーのワントーンコーデ

フルレングス丈のパンツのすそから、ちらっとのぞくグリッターな光沢が、地味になりがちなネイビーのワントーンコーデのスパイスに。あえて足元はスニーカーをチョイスして今どき感をプラス。

スニーカー¥60,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド) シャツ¥44,000/マディソンブルー パンツ¥53,000/ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店(セヤ) バッグ¥38,000/ティアラ(パオロ マージ)

■ブラウス×デニムパンツのワントーンコーデ

デニムときれいめブラウスのネイビーワントーンコーデ。デニムパンツコーデも、ネイビーで統一することできちんと感が生まれる。PVCバッグを合わせるだけで、今季らしい夏コーデが完成。

デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥29,000/ebure イヤリング¥15,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バングル¥3,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) バレエ靴¥24,000/アルアバイル(スペルタ) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)

■シャツ×パンツのワントーンコーデ

お仕事コーデの大定番シャツ×パンツの組み合わせも小物づかいで華やかに仕上がる。上下のトーンをグレーで揃えてスタイルをよく見せたシャツ&パンツの真面目顔コーデには、女性らしさを感じさせる可憐なベビーピンクのサンダルを合わせて。女っぷり度高めの靴を主役にすることで、オフィスコーデがぐっと華やかに、今っぽく仕上がる。

シャツ¥51,000・パンツ¥72,000/マディソンブルー カーディガン¥33,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョン スメドレー) ピアス¥18,000・バングル¥34,000/ユナイテッドアローズ 丸の内店(パズ コレクティブ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥130,000/TOMORROWLAND(エレナ ギゼリーニ) 靴¥48,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■シャツ×デニムパンツのワントーンコーデ

いつもの服で特別感を。ベーシックを極めるブラック×タン

ソフトなビッグリネンシャツとタフなデニムの選択がどこか凛々しく、それでいて女っぽい表情をともに醸す。そこにタンカラーやパイソン柄の小物を合わせたミニマムな配色でさらにシックに。

シャツ¥28,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥22,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ヴィンテージスカーフ¥36,000/カレンソロジー青山 バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥68,000/アパルトモン 青山店(マリアム ナシール ザティー)

What's New

Read More

Feature

Ranking