美容賢者のお墨付き!40代が本気で使える「プチプラ・メイクアイテム」を集めました!

美容賢者ならではのセレクトは、思わずうなずいてしまうものばかり。アラフォーが愛用できる優秀なプチプラ・メイクアイテムを一挙ご紹介。驚きの3桁プライスも! 

①この秋に復活!プチプラ・ラメ入りアイカラーで女っぷりUP

教えてくれたのは・・・
ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

使用したプチプラ・メイクアイテムは>>>

セザンヌのパープルアイカラー

淡いパープルにラメが輝き、上品な女らしさをプラス。プチプラだから、トライしやすい! シングルカラーアイシャドウ 05¥400/セザンヌ化粧品

「秋の新色で多いのが、元気でパワーのある女性になれそうなラメのアイカラー。こんな青みニュアンスの色は、女らしくもあり、雰囲気も変わるので手持ちのカラーに重ねても。アフター5 はラメを重ねて昼間のメイクからチェンジ! なんて使い方もできますよ」(長井さん)

長めアイラインで目ヂカラを足し、ヘルシーなチークでバランスを

目もとはマットなブラウンをアイホール全体と下まぶたに影のように忍ばせる。その上からアイホールにラメカラーをトントンと置くようにつける。アイラインは目頭1/3を抜き、目じり長めに。チークは小鼻の横から上の位置を起点に、横長のだ円に入れて愛らしいイメージで。

②美女組が愛用のプチプラ・メイクアイテムはコレ!

■プチプラ・メイクアイテム:セザンヌのハイライト

No.164 kanaさん

No.164 kanaさん

"幻のハイライト" "店頭から消えたハイライト"と呼ばれてたセザンヌのハイライトに新色が登場する‼︎ という噂を聞きつけ、発売日当日に近くのドラッグストアを3件周りましたが、どこも置いていない...田舎には回ってこないのか〜なんて思いながら、確実な公式サイトで購入しました。

セザンヌ パールグロウハイライト 02 ロゼベージュ(右が新色。02:ロゼベージュ)


600円+税。プチプラなのにデパコスなみです。粒子も細かくてささっとつけるだけで濡れたようなツヤ肌に。テカリではないツヤ。ハイライトがあるだけで、お肌に透明感が出ます。

新色02は、肌馴染みの良いピンクベージュでより自然な仕上がりになります。イエベ、アラフォー向きかなと個人的に思います。01は、白く見せたり、メリハリを出したい方にオススメです。華やかになるのでパーティーや夜の女子会となったら01をつけるかな。(パーティーなんてあまりないですが)セザンヌのハイライト、人気の理由に納得です!

■プチプラ・メイクアイテム:キャンメイクのハイライター

NO.119 NOKO

NO.119 NOKO

プチプラ・メイクコスメの中で一番好きなブランドはキャンメイクです。キャンメイクはフェイス系(チークやフェイスパウダー)が優秀で、その中でも特に気に入っているのがこのハイライター。
ハイライトって、さっとひとはけでツヤも立体感も透明感も出るので、お疲れ顔をカモフラージュするには一番効果的。だから持ち歩き必須アイテムなんです。

パウダーはなめらかでしっとり。かなりぎっしりめにパールが入っているので、ブラシに取る量を少なめにして調整しながら使ってます。パケは驚くほど軽くチープ感は否めないけど。私は逆にこのチープさが気に入ってます!持ち歩きにはこのくらいの軽さがちょうどいい。
そして、最大の魅力はこの細めのブラシ。毛が長めなので、狙った部分にきっちりとパウダーをつけることができるんです。眉下だってへっちゃら。似たようなブラシは他にもあるけど、他とは違う。手に取ればわかります!!

③マーヴェラス原田の厳選プチプラ・メイクアイテム

WEB美容エディター 原田千裕

WEB美容エディター 原田千裕

ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。

■THE PUBLIC ORGANICのカラーリップとリップスティック

昨年秋、瞬く間に完売したTHE PUBLIC ORGANICのオーガニックリップが定番化
。色や香りも選べて、3ケタプライスは嬉しすぎ!

昨年10月にご紹介したTHE PUBLIC ORGANICの限定リップ。SNSでも大人気で瞬く間に店頭から姿を消してしまい、悔しい思いをした方も多いのでは? 私もそのひとりです。

その幻のリップが復活! めでたく定番化されるので、いつでも手に入るようになります。ラインアップは2アイテム、各3種。顔ぶれはほぼ変わらないのですが定番化にあたり、いくつかリニューアルした点も。まず嬉しいのは、全てのアイテムに共通でレッドラズベリーオイルが配合されたこと。ビタミンEやオメガ3、オメガ6系脂肪酸を含み、ダメージを防ぐと言われる話題のオイルです。
まず、こちらの精油カラーリップは1本¥648。100%天然由来成分、うち71%以上がオーガニック原料です。女性特有のゆらぎにおすすめのネロリと、フェミニンな気分を高めるイランイラン精油がふんわり香るのもポイント。

カラーは肌なじみのいいコーラル寄りのグレースフルピンク、温かみあるノーブルオレンジ、存在感のあるテラコッタ系のバーニングレッドと3色展開、もちろんこの色も100%天然石由来のもの。
かでもこの写真のバーニングレッドは、シックな赤みが晩夏から秋に向けて活躍しそうで、私的にはいちおし。従来品より黄みを抑えて少し青みがプラスされたことで肌映りがよく、色白に見える感じがします。自然な発色で、鏡を見ずにささっとラフにぬれる大人のミラーレスリップとしてぜひ1本どうぞ。

余談ですが、この写真のフジコのシェイクシャドウと合わせた“クイックテラコッタメイク”が現在のマイブーム。 このアイシャドウも指でパパッとのばすだけで簡単、透明感ある色づきが夏っぽくて重宝しています。しかも2品合わせても¥2000ちょっとですから!
そしてこちらはカラーレスな精油リップスティック。100%天然由来成分、うち73%がオーガニック原料で驚きの1本¥555! ペパーミント×ローズマリー精油のスーパーリフレッシュ、ラベンダー×パルマローザ精油のスーパーリラックス、グレープフルーツ×ベルガモット精油のスーパーポジティブと3種が揃います。

そうそう、このブランド最大のポイントを忘れていました。前出のカラーリップも含めてなのですが、これらの香りは植物療法士が効果を検証しながら作り上げたプロお墨付きブレンド。ちなみにいま私は「スーパーポジティブ」を愛用中ですが、この香りが鼻をくすぐるたびに気分がシャキッ。体温ですーっと伸びる心地よさと、ラズベリーオイルのうるおいヴェールが唇を覆う安心感と相まって唇も心も癒されます。

実は定番化にあたりサスティナビリティを優先するため、ベースのミツロウのグレードを変更しているとか。ですが正直、その分テクスチャーが軽やかになったという利点もあるような。実はこの週末、海に出かけはしゃぎまくっていたため昨夜は唇がガッサガサに。でも、このリップはささくれ唇の凹凸に負けず隅々まで溶け込むようになじんでくれて、ひと晩でちゃーんと鎮めてくれました。相変わらず優秀!
カラーリップのほうがちょっと細め。このシンプルなデザインも好感ポイントです。今度はあわててお店に駆けつけなくても大丈夫。9月25日(水)の発売をぜひお楽しみに!

■Fujikoの眉ティントとあぶらとりウォーターパウダー

眉が消え、ファンデーションがヨレる夏が来る前に。何かと話題のFujiko(フジコ)のコスメをどうぞ。眉ティント以外にも「その手があったか!」と感心、オトナもうなる名品がラインアップ。その中から、私はこの2品を愛用中!
消えないナチュ眉がつくれる!と話題になったフジコの眉ティント。気にはなったものの、焼き海苔のようにべったり塗るプロセスにちょっと勇気が出ず……トライせずじまいでした。

ところが先日、某バラエティショップをパトロールしていたら、激しく役立ちそうなアイテムに出合ってしまったんです。それがこちらのフジコ書き足し眉ティント。¥1200ですし、即ゲット!
何がすごいって、この筆先。4本に分かれたコーム状で、欲しいところだけ眉毛を“ちょい足し”できちゃうんです。
ちょっと手の甲に描いてみました。3色展開の中から私が選んだのはナチュラルブラウン。こんな繊細な線だから、くっきりしすぎず、眉のまばらな部分を自然に埋めるのに最適。様子を見ながら書き足せるので失敗もありません。筆先を立てればこれからの季節、消えやすい眉尻のフォローにもぴったりだし。

で、眉ティントですからほんのりカラーが持続。朝の眉メイクが随分と楽になります。寝る前に書き足しておいてもいいし、メイクの時に使ってもOK(メイクの上からだとティント効果が控えめになります)。それぞれの眉事情に合わせて使える賢い1本です。
もうひとつは、フジコあぶらとりウォーターパウダー。こちらも¥1800とプチプラ。
コンパクトを開くと、クッションファンデのような構造になっています。
クッションにパフを押し付けると、完全に化粧水テクスチャー。これを化粧くずれやテカりの気になるパーツに軽くポンとのせるだけ。ひんやりと肌を鎮めながら余分な皮脂や汗を吸収し、よれたファンデーションを自然にリペアしてくれます。保湿成分も配合されているから、大人肌だと心配なアブラの取りすぎ感もなし。そして少し経つと、肌のサラサラっぷりに感激するはず! 毛穴も目立たず、極上の薄膜セミマット肌に仕上がります。ちなみに、朝ファンデーションを塗る前に仕込むのもおすすめだそう。

これ、真夏の化粧直しに猛烈に役立ちそうなんですが、ちょっとサイズが大きめなのが悩ましい。なので本格的なメイクくずれのシーズンがくるまではドレッサーにスタンバイ、出かける前におでこと鼻周りにポンポンしてから出発しています。それだけでも肌サラサラ&テカりが劇的に抑えられ大助かり。もちろんメイクもちも格段にアップしてお直しタイムを大幅に削減できています。ん~、もうちょっとミニサイズも作ってくれないかな。
汗や皮脂と戦うストレスをぐっと減らしてくれるFujikoのアイディアコスメ、侮れません。今度はカラーメイクもチェックしに行こうっと。

What's New

Read More

Feature

Ranking