ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

今季旬の「ブラウン」に「あかぬけピンク」をさして、地味に着ない!

静かに見えがちなブラウンはパートナー選びが大切。アイテムが正解なら女っぷりのいいこなれ感と着こなしの明度が上がり、いいことずくめ

BROWN×PINK



いつもの服でセンスアップ。肌なじみのいいスキンニットと

ブラウンとピンクのコーデ1

サーモンピンクのリブニット×ブラウンのプリーツスカート。アイテムそのものはベーシックだけれど、配色のおかげでレトロシックな女性像がきわだって素敵。グレージュのハンドバッグと黒の甲深パンプスという上質な小物使いでさらに洗練させて。

スカート¥44,000/ebure ニット¥18,000/ル フィル(ル  フィル) ピアス¥12,700/シップス 渋谷店(オンブルクレール) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥458,000/モワナ メゾン GINZASIX(モワナ) 靴¥87,000/インターナショナル ギャラリー ビームス(ジル サンダー)



大人をチャーミングに見せる甘いブラウンと辛めなピンク

ブラウンとピンクのコーデ2

印象的なコーラルピンクのスエードタイトスカートをバルーン袖のブラウスとパンプスの2つのブラウンではさんで。ブラウスはシルエットを甘く。スカートは辛めにすっきりと。色の持ち味とは逆のテイストをもつアイテムをミックスさせてみるのもひとつ。アニマル柄のトッピングでさらに差をつけて。

ブラウス¥23,000/リエス(リエス) スカート¥49,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ピアス¥17,000/カレンソロジー青山(ローラロンバルディ) バッグ¥129,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥48,000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ) 



ブラウンのグラデーションにもひとさじピンクが効果絶大

ブラウンとピンクのコーデ3

濃淡のあるブラウンに艶のあるピンクを少量使い。このコンビネーションのビギナーには色数を絞って、さし色となるピンクを少しだけ加える分量がおすすめ。足もとはどちらの色とも相性のいいベージュでなじませつつ、微妙な色合いの変化も出てさらに雰囲気よく仕上がる。

ニット¥15,000/ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) パンツ¥27,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ピアス¥21,000/デミルクス  ビームス 新宿(マリア ブラック) バッグ¥274,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥68,000/デ・プレ(クレジュリー)



ペールピンクの甘さを大人の洗練に。まろやかなくすみ配色マスター

ブラウンとピンクのコーデ4

浅いトーンのブラウンは濃色とは違うまろやかさが出るから、淡いピンクとコントラストがつかず、すっと溶け込む。ガウン風のカーディガンをストライプのタック入りワンピースにはおって、優しく品のいいムードをまとう。

カーディガン¥26,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ワンピース¥42,000/ニアー(ニアーニッポン) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ネックレス¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ) バッグ¥58,000/エストネーション(ボルドリーニ) 靴¥45,000/ベイジュ(ピッピシック) 
【Marisol10月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材・文/陶山真知子

What's New

Read More

Feature

Ranking