ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

アラフォーの余裕に満ちた”最高肌”を作る3つのポイント

ヘア&メイクアップアーティストAYAさんが提案する今季の"最高の肌"とは?

ベストな肌になりたいなら、ベストなファンデーションを選ぶべし。とはいえ、「たくさんありすぎて、いったい何を使えばいいのか……」と途方にくれる人も。はい、その声、しかと承りました! というわけで、ヘア&メイクアップアーティストAYAさんと"マリソル編集部・ ファンデーションお見分け隊"があなたに代わって今年のファンデーションを分析。

ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん

ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん

トレンドを取り入れつつ、その人の個性を生かして、美しさを引き出すメイクに定評あり

〝少し冷たい透明感〞がアラフォーを美人に見せる
面積が大きいだけに、選び方しだいで人の印象を大きく変えるベースメイク。今はどんな肌が旬?
「これまでのように血色感がある肌というよりは、透明感を前面に出した、少し“冷たい”印象の肌がいいですね。高貴で満たされていて、肌に手をかけているというイメージです」とAYAさん。

 背景にあるのが、秋のカラーメイク事情だ。
「冷たい肌は、トレンドのスモーキーなアイカラーと相性がいいんです。また、今季は黄色やオレンジブラウンのリップやアイカラーも多く登場していますが、アラフォーがつけこなすには、肌の透明感を高めておくことが大切。それをしないと黄味に引っぱられて、肌が沈んで見えてしまいます」。

さらにツヤ、セミマットといった質感も気になるところ。
「今秋はどちらもアリ。その日の服装や女性像によって質感を変えてみては。シャープな服やトラッドなど、硬めの素材の服の時はセミマットが、とろみ系の素材など女っぽい服の時はツヤが似合います」。

なるほど、服に合わせて肌も着替えるというわけだ。  ところで今季のAYAさん的おすすめアイテムは……
「アラフォーの肌にはある程度のカバー力は必須。これは自分でも感じます(笑)。うるおい感もマスト。肌にのせた時に水気があって、粉っぽくならないものを、と考えると、例えばNARSのクッション。それから質感で注目しているのは、マットでも控えめなツヤがある、“光含みのマット”。今回使ったゲランのリキッドはじめサンローランのクッションがそれにあたります」

 では、リキッド、クッションといった種類はどれがベスト? 
「今のファンデーションは、リキッドだからツヤがあるとか、パウダリーだからマットというように、タイプによって仕上がりが決まらず、個体差があります。だからこそタイプではなく、ファンデーションごとの個性で選ぶのが正解です」 

 また、脇役コスメで、AYAさんが注目していて、下のメイクでも活用しているのが、白のパウダー。
「白は、透明感を出したい時におすすめです。むずかしそうと思う人もいるようですが、あまり構えず、透明=肌色と思ってトライしてみて」。こうしてできたのは、品のよさ満開のクリアな肌。アラフォーらしい心の余裕を感じさせるベースメイクだ。



■アラフォーの余裕に満ちた、透明感あふれる"高貴肌"を作る3つのポイント

【ポイント①】
ファンデーションは中→外に塗るのがお約束

2019年秋冬ファンデーションで作るアラフォーの最高肌1

下地を塗ってからファンデーションをつける。顔の中心から外側に向かってのばせば、中心がしっかり、フェイスラインには薄めについて、自然な立体感が出るし、どの角度から見てもキレイな仕上がりに。リキッド以外のファンデーションでも同様の塗り方で。

2019年秋冬ファンデーションで作るアラフォーの最高肌2

パリュール ゴールド フルイド 全6 色 30㎖¥11,400/ゲラン

【ポイント②】
くすみやすい箇所にコンシーラーは絶対

2019年秋冬ファンデーションで作るアラフォーの最高肌3

目の下の色素の濃い部分、小鼻の横、口角の下に写真のようにコンシーラーをのせ、スポンジでなじませる。コンシーラーはチップ式のリキッドタイプ、色は肌色と同色をセレクトすると使いやすい。

2019年秋冬ファンデーションで作るアラフォーの最高肌4

シンクロスキンセルフリフレッシング コンシーラー 全4 色¥4,000/SHISEIDO


【ポイント③】
ホワイトパウダーでさらなる透明感

2019年秋冬ファンデーションで作るアラフォーの最高肌5

白いパウダーを、フェイスブラシに少量取り、毛穴の目立つ箇所=小鼻と頰にサッとのせる。くすみ防止のため目まわりにつける時は、パフに取ってていねいに。

2019年秋冬ファンデーションで作るアラフォーの最高肌6

アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル¥6,500/イヴ・サンローラン・ボーテ

【Marisol 10月号2019年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking