ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

No.145 白河晃子
No.145 白河晃子

No.145 白河晃子

インスタ活用コンサル/男子2児の母

元10年銀行員。34歳で起業。2019年4月には、都内から鎌倉へ移住しました。現在は、家族や暮らしを大切にしながら、自分を活かした仕事を叶えていきたい女性を【インスタ/コーチング】でサポート中。こちらのブログでは、ライフスタイル、日々大切にしている習慣、旅行を中心にお届けしていきます。

Instagram:akiko_shirakawa

私にとって、最も身近な、日常の中の非日常であり、至福のひととき

先日、大好きな友人に会うために、
横須賀へ向かったのですが・・・

せっかくだからと、一人立ち寄った
「横須賀美術館」が、とてもとても素晴らしかった!
私にとって、最も身近な、日常の中の非日常であり、至福のひととき_1_1

ちょうど今、
「サラ・ベルナールの世界展」
がやっていまして、

大女優の彼女を中心とした、
ポスター、装身具、ドレス、写真、肖像画・・・
などの芸術品を堪能することができます。


私が言うまでもなく、
彼女を描いたミュシャの作品はとても有名ですが、
それ以外も、とても味わい深い作品ばかりでした。

私にとって、最も身近な、日常の中の非日常であり、至福のひととき_1_2
そして、展示室を出ると・・・

目の前に広がる広大な芝生と、
軍艦船が行き交う青い海!!

心がすーっと晴れやかな気持ちに。

この景色を見るためだけにでも訪れたい!
と思わせる絶景です。 
私にとって、最も身近な、日常の中の非日常であり、至福のひととき_1_3
・・・実は私、子どもの頃は、

本を読むより、絵が好きで、

宮崎駿のアニメ画集から、
ルーブル美術館の名画集まで、
幅広く、愛読?していたほど。
(あれは、今、どこへ?) 

一時期、母に無理を言って、
油絵も習いに行っていたし、

夏休みの絵の宿題は、
1ヶ月かけて1枚を仕上げるほどの力の入れっぷり!


そして、美術館に行く、というのは、

/
私にとって、最も身近な、
日常の中の非日常であり、
至福のひとときだった・・・
\

ということを思い出しました^^;


好きをおろそかにしてはダメね。

あぁ・・・やっぱり私は美術が好きだ、
ということを、再認識した日。

私にとって、最も身近な、日常の中の非日常であり、至福のひととき_1_4

What's New

Read More

Feature

Ranking