ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

ほっこりしないでセンスよく着こなす!2019年秋の最旬「ロングカーディガン コーデ」

アウターよりもぐっと気楽で、しっかり選んで上手に合わせれば体型カバーもバランスアップもかなう「ロングカーディガン」。今秋はほっこり感を出さずに女らしく着るのが正解!

①もっと素敵に見える 「ロングカーディガン コーデ」7つのアイデア

大人にうれしい「ロングカーデ」をこの秋、ほっこり感を寄せつけず、センスよく着こなすためのポイントをスタイリスト徳原文子さんが伝授します。
スタイリスト 徳原文子さん

スタイリスト 徳原文子さん

表紙はじめ本誌ファッションを牽引するスタイリスト。大人が素敵に見えるシンプルの提案や卓越した美意識で、絶大な人気と信頼を集める

■ロングカーディガン コーデのアイデア1:間違いのない名品を選ぶ

<定番のハイゲージやリブでも旬の起毛でも、繊細&上質な 素材を厳選。縦目線ですっきり見せる深Vネックも重要!>

右)ニュアンスとクリーンさをあわせもつ白のトーンと、ドロップショルダーでリラックスしたシルエットが絶妙。カーディガン¥42,000/アングローバル(イレーヴ) 
中)ショールカラーのボタンレスで、ガウン風のこなれた着こなしがかなう。カーディガン¥48,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) 
左)薄手の極細リブとシャープなVネックで、全身をすっきりスマートな印象に。カーディガン¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)

■ロングカーディガン コーデのアイデア2:とろみのあるインナーで異素材ミックスに

<ロングカーデのふんわり表情豊かな質感に、スムースでなめらかなワンピをイン。素材のギャップが、洗練を導きます>

とろんと落ちる上品きれいなワンピースに、ふわっと柔らかな起毛ニットのロングカーデをはおった、ワンツーコーデ。「いろいろがんばってる感」は皆無なのに完成度が高く、圧倒的におしゃれな印象の着こなし! 

カーディガン¥54,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ワンピース¥44,000/ebure ピアス¥13,000/リエス(サスキア ディッツ) バングル¥16,500/ガリャルダガランテ 表参道店(フィリップ オーディベール) バッグ¥61,000/ビームス ハウス 丸の内(ヘリュー)

■ロングカーディガン コーデのアイデア3:ビビッドカラーを選んでみる

<「色」に挑戦したいこの秋。普通丈のカーディガンより今っぽく、コートよりも気軽にさらっと着られます>

鮮やかなイエローは、実はどんな定番色とも相性のいいカラー。さし色というよりも着こなしの主役で使うのが今季の気分。トレンドの起毛素材で、ブラウンのニットスカートをさらにフレッシュに印象づけて。

カーディガン¥32,000/エイチ ビューティ&ユース Tシャツ¥9,900/エイトン青山(エイトン) スカート¥26,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥36,000/TOMORROWLAND(カルボッティ) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)

■ロングカーディガン コーデのアイデア4:レースで華やかにする

<ロングカーデのカジュアルな持ち味を、あえて女らしくドラマティックにシフト。奥行きのある着こなしに>


ネイビーのゆるっとしたガウン風ロングカーディガンに、同じネイビーのレーススカートを合わせて。マニッシュな靴が全身の印象をシャープに引き締め、ドラマティックなレースの表情をいっそう引き立ててくれる。

カーディガン¥26,000/ティアラ(ティアラ) Tシャツ¥8,000/ボウルズ(ハイク) スカート¥79,000/SANYOSHOKAI カスタマーサポート(エポカ) ネックレス¥36,000/マルティニーク日本橋(ロマニン) バッグ¥21,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ザ ディレッタント) 靴¥159,000/ドゥロワー 六本木店(エドワード・グリーン)

■ロングカーディガン コーデのアイデア5:クラッシュデニムを合わせてみる

<リラックス感をラフなデニムで強調するのも手。ハイゲージの淡色カーデなら、上品さをキープ>

控えめなダメージが大人にちょうどいいこなれ感をもたらす、ライトブルーのデニム。アイボリー×ハイゲージの相乗効果できれいめ感の高いロングカーデを合わせ、全身を淡いトーンで統一し、上品に。インナーと大ぶりトートは黒を。辛口なパンプスとともに全身を引き締め、大人っぽく仕上げて。

カーディガン¥18,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) Tシャツ¥16,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥33,000/デンハム・ジャパン(デンハム) ネックレス¥182,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥35,000/ヒューマンウーマン(クレッグFORヒューマンウーマン) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)

■ロングカーディガン コーデのアイデア6:ワントーンで着る

<カーデがフラットで面積が広いぶん、中はリブなど立体的な素材を選択。小物でもメリハリをつくりましょう>

なめらかな落ち感が魅力の、サイドスリット入りロングカーデを軸にしたワントーンスタイル。ともすると印象がのっぺり見えがちなので、リブスカートで凹凸をつけ、小物のボリューム感でメリハリを演出。

カーディガン¥23,000/リエス(リエス) Tシャツ¥9,000/ebure スカート¥18,000/ティアラ(ティアラ) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) ネックレス¥16,000/TOMORROWLAND(ダイアナ ブロッサード) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ノヴェスタ ジャパン オフィス(ノヴェスタ)

■ロングカーディガン コーデのアイデア7:足もとを辛口モードに振り切ってみる

<便利なアイテムほど安易に着ず、「攻める」のが正解。小さい面積でもきく靴で、モードな気分を投入します>

細リブカーディガンの色を拾って上品になじむ、ブラウンベースのパイソン柄ブーツ。旬のブーツで足の甲をおおうと、ロングカーデ×デニムが陥りがちなコンサバ感やほっこり感がセーブされ、一気に今っぽくキレのいい雰囲気に。

カーディガン¥32,000/ロンハーマン ブラウス¥24,000(エッフェ ビームス)・サングラス¥28,000(ブラン)/ビームス ハウス 丸の内 パンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥158,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ) 靴¥35,000/マルティニーク日本橋(ファビオ ルスコーニ)

②「ロングカーディガン」でつくる女っぷり通勤コーデ

きちんと感と女性らしさを備えたオフィス仕様のロングカーディガン コーデをご紹介!

■ロングカーディガン×ワンピースコーデ

ペールピンクの甘さを大人っぽく仕上げるには、淡いブラウンのロングカーディガンを羽織るものが一番! 甘い印象のペールピンクのワンピース、よく見るとストライプのタック入りでシャープな印象もあるので、オフィスでも通用するデザイン。そこに浅いトーンのブラウンカーディガンを羽織って、まろやかに着こなして。

カーディガン¥26,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ワンピース¥42,000/ニアー(ニアーニッポン) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ネックレス¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ) バッグ¥58,000/エストネーション(ボルドリーニ) 靴¥45,000/ベイジュ(ピッピシック)

■ロングカーディガン×シャツワンピース×スニーカーコーデ

オフィスコーデで大活躍するシャツワンピースに羽織るなら、断然ロングカーディガンがおすすめ。短め丈よりもルーズ感があって女性としてのゆとりを感じさせてくれるだけでなく、今年らしくモダンに仕上がる感じがするから。足もとにはボリュームスニーカーでスポーティエッセンスを取り入れて。シーンによってはスニーカーをフラットシューズに履き替えると幅が広がる。

ロングカーディガン¥28,000/ボウルズ(ハイク) シャツワンピース¥29,000/ティッカ(ティッカ) バッグ¥26,000/デ・プレ(アラナズ) スニーカー¥34,000/ニューバランス ジャパン お客様相談室(ニューバランス) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)

■ロングカーディガン×シフォンブラウス×ワイドパンツコーデ

オフィスで安定感のある上司としてふさわしい色合いの黒×ベージュ。たっぷり余裕のある太めのワイドパンツや透けるブラウスのコンビなど、お堅く見えないように形や素材感で工夫をしてみて。女子ウケも期待するなら、シルバーバッグやレオパード靴など、スパイス小物をきかせてみるのも有効。

ロングカーディガン¥28,000/ボウルズ(ハイク) シフォンブラウス¥18,000/デ・プレ(デ・プレ) ワイドパンツ¥33,000/ebure ピアス¥2,300/ジューシーロック バッグ¥140,000/ジミー チュウ 靴¥19,000/TOMORROWLAND 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー)

■ロングカーディガン×ブラウス×デニムパンツコーデ


黒のロングカーディガン×デニムパンツという定番の大人カジュアルコーデに、トレンドの艶ブラウスを入れることでぐっとと女性らしい印象に。透け感のあるバッグと足の甲がきれいに見える靴でほどよい抜け感をプラス。

ブラウス¥19,000/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) カーディガン¥45,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) ピアス¥29,800/カオス丸の内(フェイ アンドラダー) バッグ¥37,000/TOMORROWLAND(ラドロー) 靴¥36,000/ベイジュ(ピッピシック)

What's New

Read More

Feature

Ranking