今年旬のチェック柄パンツは女っぷりコーデの“こなれ足し役”として楽しむのが大正解!

カジュアル感を楽しんだ2周目トレンドが、本格リバイバル。直球トラッドより女っぷりを足して着て楽しみたい

「カジュアルすぎる」と及び腰になりがちなトレンドのチェックは、いかに女っぽさを添えて着るかが成功のカギ。この秋はトラッドな柄のもつ「抜け感」「品格」を味方につけて、フェミニンアイテムとのMIXスタイルを楽しんで。


■シアーシャツで抜け感を

チェック柄パンツコーデ_1

メイク起毛のグレンチェックパンツの相棒には、対照的な素材であ る柔らかな透け素材のシャツを抜てき。ロング丈をレイヤードすることで、柄の面積を「効かせる」程度にオフでき、上級者な好バランスが実現。大ぶりピアスで華やぎも抜かりなく。

パンツ¥39,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) シャツ¥29,000(ドレステリア)・バッグ¥23,000(ディレッタント ドレステリア別注)/ドレステリア 銀座店 ブーツ¥36,000/TOMORROWLAND(ファビオルスコーニ) ピアス¥55,000/エスケーパーズ(ソフィー ブハイ)



■きれい色ニットで甘さを加える

チェック柄パンツコーデ_2

ウール素材の大柄チェックパンツのカジュアル感が、きれい色の力で遊び心ある休日フェミニンに昇華。子供っぽくならないようシャツをはさんで。

パンツ¥39,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ニット¥26,000/エスケーパーズ(アダワス) シャツ¥28,000/アングローバル(イレーヴ) パンプス¥51,000/アマン(ペリーコ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥13,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール)

■コクーンコートでシルエットにまろやかさを

チェック柄パンツコーデ_3

若々しく軽快なタータンチェックのスラックスには、ノーブルな女っぷりを盛るのが今年の正解。例えば、ノーカラーアウターの気品や、タートルネックのレトロ可愛さ。リラクシーな大人の余裕を感じるスタイリングに。

パンツ¥40,000/ピーティージャパン(ピーティーゼロウーノ) コート¥145,000/マディソンブルー ニット¥24,000/スローン パンプス¥27,000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥84,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) ネックレス¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ)



■ベルトつきアウターでくびれをコンシャス

チェック柄パンツコーデ_4

オールドライクな茶チェックは、ベルトつきCPOジャケットで辛口フェミニンにスタイリング。シルエットのメリハリで洗練見えがかなう。パンツ自体もなめらかなセンターシームの女前デザイン。

パンツ¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ジャケット¥29,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) カットソー¥10,000(イウエン マトフ)・バッグ¥39,000(ア バケーション)/ユナイテッドアローズ 青山  ウィメンズストア シューズ¥24,000/フラッパーズ(スペルタ) ピアス¥15,000/essence of ANAY(I アデル ビジュー)



■鎖骨見せニットでヘルシーに肌見せ

チェック柄パンツコーデ_6

ほっこりしがちなニットとのワンツーコーデも、深Vネックで抜け感をメイクするだけでぐっとあかぬける。ハンサムなグレー×ブルーのダブルチェック柄パンツとシックなグリーンの配色で、こびない色っぽさを演出して。ハットやファーで旬も意識。

パンツ¥42,000/ebure ニット¥95,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンプス¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) バッグ¥10,000/エリオポール代官山(ヘレン ムーア) 帽子¥35,000(クライド)・バングル¥16,000(フィリップ オーディベール)/プラージュ 代官山店



■シフォンブラウスの柔らかさを足す

チェック柄パンツコーデ_6

感度高め派に推薦したいフレアパンツは、シャーリングブラウスでクラシカルなムードに導いて。黒のロングカーデでシャープに引き締め、リーンな好バランスに。

パンツ¥28,000/アストラット 新宿店(アストラット) ブラウス¥17,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) カーディガン¥42,000/アングローバル(イレーヴ) ローファー¥29,000/アルアバイル(ファビオ・ルスコーニ) バッグ¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) ピアス¥22,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(モダンウィービング)
【Marisol11月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里

What's New

Read More

Feature

Ranking