アラフォーのための「ハイライズ・デニム入門」

古く見える? むずかしい?それは"選び方"と"着方"しだい!

Q.なんだか古くさい印象になるんです

「私が着るとなんだか昔のトレンディドラマ風に。おしゃれなのかダサいのかがもはや不明(笑)」。80年代をリアルに知る世代だけにこんな声も。
アラフォーのための「ハイライズ・デニム入門」_2_1

A.足首が見える丈で "抜け感"を。 それだけで違います

「大切なのは"昔のものを引っぱり出しました"風にならないよう、きちんと"いまどき"なシルエットのものを選ぶこと。足首が見える短め丈のものを選ぶだけで、抜け感が出て今っぽいムードになります。それでも不安な人は足もとにヒールパンプスを。コーデに少しの"緊張感"が生まれて、洗練度がぐっと増すはずですよ」
アラフォーのための「ハイライズ・デニム入門」_2_2
「定番のシャツ合わせも、ハイライズにプレーンな白シャツ、だとどこか懐かしい印象に(笑)。こんなツヤありのとろみ素材を選ぶだけで、簡単に女っぽくあかぬけます」。
デニムパンツ¥13,000/ゲストリスト(ヘルシー) ブラウス¥49,000/マスターピースショールーム(サイ) スカーフ¥13,000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥63,000/アマン(ザネラート) パンプス¥25,000/リエス(ファビオ ルスコーニ)


撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/RINA イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking