ジュエリーを素敵につけるアイデア・ヒント【アラフォーのジュエリー選び】

ジュエリーを自然体でつけこなすために役立つ、小さなヒントを伊藤美佐季さんが伝授。ちょっとした工夫や、発想の転換で、ジュエリー使いが、一気にこなれた雰囲気になる

洋服を選ぶ時は体形を気にするのに、ジュエリーとなると、デザイン性だけに気をとられがち。しかし、ジュエリーも、実は体形と深い関係が。洋服選びと同様、「コンプレックスがあるなら、そこから視線をずらす」のが基本。

※PT=プラチナ、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、SIL=シルバー、WG=ホワイトゴールド、RG=ローズゴールドを表します


☆教えてくれたのは・・・

伊藤美佐季
ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。つける人の個性を生かしたスタイリングは、女性誌のほか、多くの女優からも支持が厚い。ジュエ リーに関する講演などでも活躍。著書に『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社)


idea 01

「手持ちのもの」と「新しいもの」をうまくミックスする

「若いころに流行った、ちょっと懐かしいジュエリーやエンゲージを、古さを感じさせずにつけるためには、新しいジュエリーとレイヤードすること。さらに、一点、ガツンと旬のデザインを入れると効果が高まります。レイヤードは〝本物〞にこだわらず、時にアクセサリーを混ぜても大丈夫。年輪を重ねるイメージで、ミックス感を楽しんで」

ジュエリーを素敵につけるアイデア_1

左手は、センターに置いたようなダイヤのエンゲージリングを軸に、華奢なリングを幾重にもレイヤードして、ボリュームを出して。右手には、ガツンと大ぶりのレタリングリングで、旬のセンスをプラスすると、モードな手もとに。

リング〈右〉(SILにゴールドコーティング)¥85,000/ショールーム セッション(ザ レタリング) 
〈左・上から〉(YG×PT×ダイヤモンド)¥330,000/バーニーズ ニューヨーク(マルコム べッツ) (WG×ダイヤモンド)¥720,000/アルテミス・ジョイエリ (YG×PT)¥170,000/バーニーズ ニューヨーク(マルコム ベッツ) (YG×ダイヤモンド)¥76,000/ホワイトオフィス(ジジ)


idea 02
色石は「深みのあるニュアンスカラー」を選ぶ

「色石と聞いて、皆さんは何色を思い浮かべますか? ピンクやブルーなどの鮮やかなキャンディカラーを想像するかたも多いのでは? しかし、マリソル世代にとって、キャンディカラーは、肌や洋服とのコントラストがききすぎてきれいに見えません。おすすめは、深みのあるニュアンスカラー。例えば、同じブルーでもトーンを変えるだけで、ぐんと大人な雰囲気に。色石でも〝肌になじむ色〞を意識して。

ジュエリーを素敵につけるアイデア_2

同じカラーでも、深みのあるトーンを選んだほうが、大人には美しく映える。

リング〈右〉(YG×レモンクオーツ)¥615,600・〈左〉(YG×アクアマリン)¥1,069,000/エムアッシュテ(マリーエレーヌ ドゥ タイヤック)



idea 03

「ジュエリー=高く見える」という発想をやめる

「〝ジュエリー=価値がある〞というイメージがあると、どうしても特別なスタイリングになってしまいがちです。ジュエリーをしているからといって、〝高く〞見られたいわけではなく、しゃれて見えたいのですよね?(笑) 〝ジュエリーをつけてお金持ちに見える〞装いは、正直言って、老けて見えます。本物のジュエリーをしていても、あくまで自然体というのが理想。ふだんの格好に似合わないジュエリーなら、買う必要はないのです」


idea 04
パールは「反対」の格好で取り入れる

「〝パールの上手なアレンジ法を教えてほしい〞――そんなご相談をよくいただきます。日本人にとって、一番なじみ深いパールは、ネックレス、イヤリングのセットで持っている人も多いはず。ただ、パールをそのままつけると、どうしても冠婚葬祭や、セレモニー感が出てしまいます。デイリーにも活用するならば、パールの優雅なイメージとは反対のカジュアルな服に合わせて。例えばハードめの服でも、パールをあしらうことで、フェミニンさが引き立ちます」

ジュエリーを素敵につけるアイデア_4

ベーシックなパールのネックレスは、コンサバな服に合わせるのではなく、ライダースなど反対のイメージの服に合わせると鮮度が増す。

ネックレス(WG×アコヤ真珠)¥1,800,000/ミキモト(ミキモト) ライダース¥120,000・ニット¥23,000/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) パンツ¥36,000/マスターピースショールーム(サイ)


idea 05

自分の「ベース」を決めてから、服に合わせて盛る

「ジュエリーは、洋服のように毎日〝着替える〞必要はありません。むしろ、いつも同じものをしていて、はずしてあるジュエリーを見ただけで〝あの人のものね〞とわかるくらいのほうが素敵です。そのために、毎日つける〝べースジュエリー〞を決めましょう。例えば、ゴールドのリング、と決めたら、それを土台にして、洋服に応じて、輝きを重ねていくのがベストです」

ジュエリーを素敵につけるアイデア_5

例えば、②の華奢なダイヤつきリングと、③の太いゴールドのリングをベースジュエリーと決め、反対側の指にはリングを重ね、カジュアルならさらにシルバーを盛るという具合に。

❶バングル(SIL×YG)¥98,000/ホワイトオフィス(ジジ) リング❷(YG×ダイヤモンド)¥220,000・❸(YG)¥115,000・❹(YG)¥65,000・❺(YG)¥160,000/シハラ ラボ(シハラ) ❻バングル(SIL)¥98,000/MIN jewelry & craft(s ミスイ)



idea 06

「まずはプチネックレス」をやめてみる

「プレゼントでいただいたり、自分で買ったり。誰にとっても、一番なじみ深いデイリージュエリーは、細いチェーンにトップがついたプチネックレスではないでしょうか?しかし、実はマリソル世代にとって、プチネックレスはむずかしいアイテム。若い時のハリのある肌ならともかく、華奢なチェーンは、遠目から見たら、首のシワの一本のようにも見えてしまう危険性が。ふだん、なんとなくつけている無難なプチネックレスは、思いきって卒業して!」


idea 07
「セットづけ」をやめて、つける場所を絞って盛る

「ジュエリーを、耳、首、手もとの〝3点セット〞でつけている人が多いのですが、これだと視線の先が分散されてしまい、どこがポイントなのかわかりづらい。ジュエリー上手への第一歩は、〝つける場所を絞って盛る〞こと。例えば、手もとに思いきりボリュームをもってきて、そのほかのパーツは、できるだけシンプルに徹するスタイリングは、私がよく使う技。また、どんな服の時も、自分好みの〝マイセット〞をつけているのも、見直す必要があります。なんとなく、ルーティンでつけているジュエリーは、美しくは見えません。しっかりメリハリをつけて、〝見せ場〞をつくると、ぐんと洗練されて見えます」

ジュエリーを素敵につけるアイデア_7

デニムのオールインワンは、両手をRGのジュエリーで盛ることで、若い世代の着こなしとは一線を画すスタイルに。胸もとはあえて何もつけずに潔く。

〈左手〉バングル「エルサ・ペレッティ ボーンカフ」(RG)¥1,480,000(左手用)・〈右手・手首側から〉「ティファニー T スクエア ブレスレット」(RG)¥670,000・「ティファニー T トゥルー ナロー ブレスレット」(RG)¥620,000・「ティファニー T ラップ ブレスレット」(RG×ダイヤモンド)¥955,000・「エルサ・ペレッティ ダイヤモンド バイ ザ ヤード ピアス」(RG×ダイヤモンド)¥1,090,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) オールインワン¥52,000/マインド(マインデニム)
マリソル公式通販企画"個性がきわだつジュエリー"
【Marisol12月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/伊藤美佐季 ヘア/shuco (3rd) メイク/Akiko Sakamoto (3rd) モデル/竹内友梨 取材・文/湯澤実和子

What's New

Read More

Feature

Ranking