嫉妬をかわせるのは、女の知性である【齋藤 薫エッセイ】

本誌で好評連載中の、美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんから悩める40歳へおくる、美と人生への処方箋。今回は、「嫉妬の感情」について。

〝ゆとり世代〟以降はあまり嫉妬心を持たない

嫉妬をかわせるのは、女の知性である【齋藤 薫エッセイ】_1_1
 韓流ドラマが絶対的に面白いのは、そのストーリーに必ず強烈な嫉妬があるからだ。いわゆる財閥モノが目立つのも、紛れもなく渦巻く嫉妬を描くため。日本のテレビドラマも、80年代90年代までは分かりやすい嫉妬女が出てきたが、現在は嫉妬が見事に排除されている。でもその分1クールに一本くらい「半沢直樹」的な男社会の壮大な嫉妬モノが入ってきて、男の嫉妬の方がタチが悪いということをほのめかす。じゃあなぜ女性が見るドラマからは、嫉妬が激減したか? する方にもされる方にも何も生まないどころか、心をすり減らすだけ。もっとも損な最悪の感情だと皆が薄々わかってきたのだろう。そして何より〝ゆとり世代〟以降はあまり嫉妬心を持たないから、共感性が得られなくなったものと思われる。

 嫉妬は普遍的に人間のサガ。とは言え、人と比較をしない社会は嫉妬を生まない。人と比較されずに育った〝ゆとり世代〟の多くは体験的に嫉妬を知らないのだ。もちろん今後呼び起こされる可能性は充分あるが、アラフォーにとってすぐ下の世代。これからいよいよ嫉妬のない時代に突入しつつあるなら、嫉妬の感情は自分の中でも早く退化させてしまいたい。

 そこで何より人と比較しないこと。どんなに比較しても、それは一過性。数年後の自分は全く別のところにいる。だから今そばにいる人との比較に意味は無いのだ。気をつけたいのは才能への嫉妬。学校の成績やスポーツの結果には文句をつけようがないが、どちらが有能か、点数や勝敗による優劣がつけられない要素は、果てしない比較に人を追い込み、自分が上でも相手が上でも苦しめられる。どちらがキレイかも同様だが、才能の比較は身を滅ぼすのだ。

What's New

Read More

Feature

Ranking