きれいめ派エディター・三尋木奈保さんのワードローブ【ベースアイテム編】

キレイめ派エディター・三尋木奈保さんの秋冬のワードローブを拝見。テーマは「今っぽさが増量」脱コンサバ!
エディター 三尋木奈保

エディター 三尋木奈保

きちんと感を大切にしたきれいめかつフェミニンなスタイルにファン多数。スタイルブック「マイ ベーシック ノート」(小学館)シリーズが累計18万部を記録。

自分の個性を見極めて、ボリュームボトムをメインに構築

ファッションの流れとして、3年前と比べて一番変わったのはボトム、なかでもスカートの丈の長さではないでしょうか。この変化が、脱コンサバを目ざす今の私にぴったりで。切れ味のいい今どき感が加わるし、地味になりがちなベーシック派にはドラマティックな着映え効果もうれしい。さらに、メンズライクなコートや、ネイビーや黒の引き締め色を意識的にプラスして、より辛口なおしゃれを目ざしました。

上品さとシャープさの今どきバランス

変わらず好きなベースアイテム5

ユニセックスのキャメルコート

ユニセックスのキャメルコート

「デザインはメンズライクでカッコいいけど、なめらかな質感で、体を入れるとちゃんと女らしい」上質なキャメル100%。共布ベルトつきコート¥140,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(エイトン)

ダークネイビーのざっくりニット

ダークネイビーのざっくりニット

ロングスカートと好相性の短め丈。「黒に近いネイビー。このシャープさが今年の私には必要です」

三尋木さんとレリタージュ マルティニークのコラボ商品。ニット¥27,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ  マルティニーク×三尋木奈保)

モカブラウンのボウタイブラウス

モカブラウンのボウタイブラウス

磯部さんにとってのチャレンジが三尋木さんにとってはベース。「顔まわりのツヤ感は、やはり効果絶大です」背中のスリットで後ろ姿もきれい。ブラウス¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)

オフホワイトのタートルニット

オフホワイトのタートルニット

「ほどよくゆるっとした身幅、首もとのゆとりが絶妙! タートルニットは特に体がきれいに見えるものを」温かみのあるたまごベージュ。ニット¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス)

 白パテントのスクエアバッグ

白パテントのスクエアバッグ

「白バッグ大好き。夏はこなれ感のあるバケツ型でしたが、冬は着こなしにキレを加えるパテントの角型を」バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)

【Marisol11月号2019年】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリスト/松村純子

What's New

Read More

Feature

Ranking