きれいめ派エディター・三尋木奈保さんのワードローブ【チャレンジアイテム編】

キレイめ派エディター・三尋木奈保さんの秋冬のワードローブを拝見。テーマは「今っぽさが増量」脱コンサバ!
エディター 三尋木奈保

エディター 三尋木奈保

きちんと感を大切にしたきれいめかつフェミニンなスタイルにファン多数。スタイルブック「マイ ベーシック ノート」(小学館)シリーズが累計18万部を記録。

自分の個性を見極めて、ボリュームボトムをメインに構築

ファッションの流れとして、3年前と比べて一番変わったのはボトム、なかでもスカートの丈の長さではないでしょうか。この変化が、脱コンサバを目ざす今の私にぴったりで。切れ味のいい今どき感が加わるし、地味になりがちなベーシック派にはドラマティックな着映え効果もうれしい。さらに、メンズライクなコートや、ネイビーや黒の引き締め色を意識的にプラスして、より辛口なおしゃれを目ざしました。

ロングスカートが秋冬の主軸!

変わりたいをかなえるチャレンジアイテム5

黒のオーガンジープリーツスカート

黒のオーガンジープリーツスカート
「透け感の強い、ドラマティックなロングプリーツに挑戦! この辛口さとモード感は黒ならでは」ペチコートつきで安心。スカート¥49,000/ebure 

白のウールロングタイトスカート

白のウールロングタイトスカート

「冬は白ボトムの抜け感に本当に助けられます。ハイウエスト&足首までの長めの丈感で脱コンサバ」スカート¥32,000/ebure 

アシンメトリーのサテンスカート

アシンメトリーのサテンスカート

「Bのニットに合わせる前提で考えた、ツヤ素材のフレア。アシンメトリーの着映え感もこだわり」スカート¥26,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク×三尋木奈保)

モチーフつきロングネックレス

モチーフつきロングネックレス

「久々にペンダントが気になる! 肌見せできない時季のツヤ足しとさらに縦長効果も狙えます」ネックレス¥27,000/ウィム ガゼット青山店(オデット ニューヨーク)

 赤みブラウンのヒールロングブーツ

赤みブラウンのヒールロングブーツ

「冬場のスカートで困るのが、チラッと見える足首の処理。人気復活のロングブーツが鮮やかに解決!」スタイルアップをかなえる8 ㎝ヒール。靴¥86,000/アマン(ペリーコ)

【Marisol11月号2019年】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリスト/松村純子

What's New

Read More

Feature

Ranking