美女組No.174 danjoのブログ
美女組:No.174 danjo

No.174 danjo

ピラティスインストラクター

航空会社CA、企業の採用・研修担当などを経験し、人の印象を決めるのは「元気とキレイ」だと実感。ピラティスインストラクターにたどり着きました。まだまだ勉強中です。

2人の子供を育てながら、旅行、グルメ、ファッションなどを楽しんでいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

Instagram:danjo_12

【産後の体型戻し】リアルにやったこと③

その下腹ポッコリ、内臓下垂かも?今日からできるエクササイズをご紹介します。
こんにちは。
danjoです。

我が家はこの連休で、初めての4世代温泉旅行に行ってきました。
一泊だけでしたが、祖母と子供たちのふれあいにほっこりできた旅行でした。
年末年始は家族で体調を崩しがちだったので、やっとお正月が来た気分でした。

さて体型戻し③では、私が実際にやって効果のあったエクササイズをご紹介します。

産後やアラフォーで体型のお悩みと言えば、下腹ポッコリがメジャーかと思います。

そんなに食べていなくてもなかなか下腹が引っ込まない、なんてお悩みの方も多いのではないでしょうか。
もちろん脂肪はつきやすい場所ですが、もしかしたら、内臓があるべき位置から下がってポッコリしてしまっている可能性もあります。

下腹ポッコリ解消のため、私が暇さえあればやっているエクササイズ、
それは【ショルダーブリッジ】です。
  • 【産後の体型戻し】リアルにやったこと③_1_1-1 スタートポジション
  • 【産後の体型戻し】リアルにやったこと③_1_1-2 肩から膝までまっすぐ、を目指したい。
仰向けに寝て、膝はだいたい90度の立て膝、両手は体側に置きます。
息を吸い、吐きながらお腹を引っ込めて恥骨を天井に向ける。そのまま背骨をひとつひとつ床から持ち上げ、肩から膝が一直線になったらストップ。

息を吸い、吐きながら今度は背骨をひとつひとつ丁寧に床に下ろしていきます。

余裕があれば内腿にタオルなどを挟んでエクササイズすれば、美脚にかかせない筋肉である内転筋も鍛えられます。
ネットで検索すると動画などで詳しいやり方が出てきます。
下腹に効かせる時のポイントは、

・インナーマッスルをきかせながら背骨を滑らかに動かす。
・骨盤を頭より高くする。

ということです。
インナーマッスルの効かせ方も色々なアプローチがありますが、シンプルに言えば、呼吸をしながら、おへそをお腹の奥に引き込み、体は縦に伸ばし続ける。
難しいですよね。
なかなかコツを掴むのは大変ですが、使えるようになると体の使い方が変わります。

まずは少ない回数で、ゆっくり呼吸しながらやってみてください。

自分の体と向き合い、コントロールする、ということがピラティスで大切なことのひとつです。

最初はうまくできなくても、今ここの筋肉動いたかな?とか、肩甲骨から意識して腕を動かしてみようとか、まずは意識するだけでも体が自然と動かしやすくなってくるから不思議です。

背骨をひとつひとつ動かしていく感覚を掴んだときの達成感、たまりません(笑)

danjo

What's New

Read More

Feature

Ranking