アラフォーのゆらぎ肌から脱出するための、すぐできる予防と長期対策

ゆらぎ肌なら徹底防御したい紫外線と花粉などの肌ダメージ。さらにインナーケアでゆらぎに負けない肌を育てて!

アラフォーになって急に肌荒れしやすくなった、以前の敏感肌状態が再発したなど、肌コンディションが安定しないという声が多数! それ、油断できない肌変化だってこと知ってますか?


☆お話をうかがったのは…

トータル ビューティアドバイザー・水井真理子さん

トータル ビューティアドバイザー・水井真理子さん

敏腕エステティシャンとして数々のゆらぎ肌をケア指導してきた経験が。自身はゆらぎ肌経験ゼロ

予防スプレーで花粉やPM2.5を肌に近づけない

「バリアスプレーを塗布していると、肌が弱りにくいという実感が。メイクの上から、10㎝くらい離して顔全体にスプレーして。アレルゲンを予防するお守りだと思って」(水井さん)。

アラフォーのゆらぎ肌から脱出するための、すぐできる予防と長期対策_1_2

❶大気中の微粒子から肌をガード。皮脂くずれ防止でメイクの持ちを高めてくれる。d プログラム アレルバリア ミスト 57㎖¥1,500/資生堂インターナショナル 
❷花粉、ウイルス、PM2.5など、刺激物が肌に付着するのを防御。イハダ アレルスクリーン EX50g¥900/資生堂薬品 
❸透明な疑似バリア膜をつくり、花粉などの微粒子を寄せつけない。フィルナチュラ ント エクスバリア スキンプロテクト スプレー 70g¥1,200/ドクターフィル コスメティクス



ゆらぎ肌こそ、UV対策が必須なのです!

「バリア機能が低下しているゆらぎ肌にとって、紫外線も刺激物のひとつ。外出時は必ず日焼け止めを塗りましょう! そしてゆらいでいる時は、SPFが低めや敏感肌用の優しい処方のアイテムで肌荒れ予防も考慮して」(水井さん)。

アラフォーのゆらぎ肌から脱出するための、すぐできる予防と長期対策_1_3

❶ゆらぎ肌のくすみをトーンアップ。UVイデア XL プロテクショントーンアップ SPF50+・PA++++30㎖¥3,400/ラ ロッシュ ポゼ 
❷うるおいのバリアを守るキシリトール配合。ドゥーエ 日やけ止め ノンケミカル SPF45 PA++++ 40g¥2,200(編集部調べ)/資生堂薬品
❸低刺激&ノンケミカル処方。クレンジングも不要。サンメディック UV デイプロテクト(ノンケミカル) SPF31・PA++ 30g¥3,000/資生堂薬品




うるおう肌を育てる、インナーケアを味方に

「体の中から元気でないと、肌の上からいくら保湿しても応えてくれないことが。スキンケアが入らないほどのゆらぎ肌さんは、保湿力を上げてくれるインナーケアをプラスして、肌力の底上げを心がけてみて」(水井さん)。

アラフォーのゆらぎ肌から脱出するための、すぐできる予防と長期対策_1_4

❶ドリンク内の約40%に、ヒアルロン酸の生成を高める乳酸菌を配合。ヒアルモイスト発酵液 50㎖×10本¥4,000/日清食品
❷肌の水分保持機能を高めるライスパワーNo.103を配合。ライース リペア プレミアムインナーケア No.103 15g×30袋入り¥5,000/勇心酒造
❸「肌水分を逃しにくくする」という効能が日本で初めて認められた特保食品。全身のうるおう力を高める。オルビス ディフェンセラ 1.5g×30包¥3,200/オルビス



体を温める行動で体質改善!

☆お話をうかがったのは…

皮膚科医 津田攝子先生

皮膚科医 津田攝子先生

全国から肌に悩む患者が集まる「津田クリニック」副院長。コスメの開発にも携わっている
タンパク質をとり前向きホルモンをつくる

タンパク質をとり前向きホルモンをつくる

「タンパク質は体を温めたり、肌 をつくる素となるだけでなく、マイオカインなどいいホルモンをつくる原料となるといわれています。ストレスの予防としても、いいタンパク質をとって」(津田先生)

体を動かすことで血流上昇!

体を動かすことで血流上昇!

「ひと駅歩く、家事をする。体を動かすなら、なんでもいいのです。筋肉を刺激して体を温めましょう。それに運動していると、くよくよと悩む時間を忘れられて、メンタル的にもいい効果」(津田先生)

【Marisol 2月号2020年掲載】撮影/さとうしんすけ(物) 構成・文/松井美千代 イラストレーション/カツヤマケイコ

▼合わせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking