光と影、そして質感を強調!ベースメイクで、フェイスラインの印象を“アゲる”

まず心を“アゲ”ないと、決して顔は“アガ”らない。それがアラフォーの定め。なんだか“アガらない”アラフォーをヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさんがレスキュー!

これをやれば必ずアガる」というマニュアルを体得して、今すぐ"サガり"と戦うべし!

ふと気づくと顔が重力に負けて、もっさり。元のすっきり顔に戻すのはもう無理なの? なんてピンチに"アゲる"マイスター、ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさん参上。ケアからメイクまで簡単にできる技で、あなたの顔も心もレスキューします!

☆教えてくれたのは・・・

ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロ

ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロ

ヘア&メイクアップアーティスト。LA DONNA所属。メイク技術はもちろん、"アガる"伝道師としても名高い。また本誌連載「大人のカウンセリング室」でもおなじみ。著書に『すべてを手に入れた女には3つの顔がある:愛・名声・美貌…女の人生攻略メイク術』(小学館)などがある

☆アラフォーのアガらない現実③

<まわりの人に比べて、メイクが古くさいしあかぬけない。比べてがっかりしてしまいます>

★answer

コスメの進化を上手に利用。メイクテクもアップデートして、顔の鮮度を上げる

コスメはすごいスピードで進化しています。だから1 年と言わず、1 シーズンで思いきって買い替えるのはいい方法。新しいものを使うだけでも、メイクはかなりアップデートできますよ。それから昔覚えたメイクテクを引きずっていると、一気におばさん化するから注意。アイテム以外に技もアップデートして。

▼Lesson1、2はこちら



Lesson 3 ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”

顔の中の光が当たって明るくなる箇所と、影になる箇所を強調するだけで、アガった感じに。質感によるコントラストもつけて、さらに引き締め。


【ココがキモ!】
★上半顔にはハイライト、下半顔にはローライト
★顔の中心部はツヤ、輪郭はマットに仕上げる
★ファンデやハイライトは指づけで正確に


☆メイクのポイント!

”上がり顔”の最大のコツは、ハイライトとローライトの使い分け!

ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_1

明るい部分=目の下と眉間はハイライト、影になる部分=フェイスラインはローライトと塗り分け、メリハリを出すとリフト効果が。


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_2

1.下地は温めてフィット感アップ

大粒パール大の下地を手の ひらで温める。顔の内→外に向けて薄くのばす。

ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_3

保湿してうるんだ肌に。ピュア キャンバス プライマー ハイドレーティング 50㎖¥4,200/ローラ メルシエ ジャパン


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_4

2.クマ、くすみカバーのコンシーラーをオン

肌色のにごりをなくすにはオレンジのコンシーラーを活用。ブラシに少量を取って、目の下のクマゾーン、小鼻のくすみ部分にのせる。

ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_5

クマ消しのオレンジ色が要。ルナソル シームレスコンシーリングコンパクト¥4,000/カネボウ化粧品


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_5

3.ファンデーションは指づけ&パフの2段階

クッションファンデーションは指でつけたほうが量が調整しやすい。シミが目立つ頰に最初にのばしてから周囲に広げて。その後パフで優しく押さえ、定着力を高める。


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_6

カバーしつつ自然なツヤ。シンクロスキングロー クッションコンパクト SPF23・PA++ ¥5,700(編集部調べ)/SHISEIDO


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_7

4.細かい部分はお粉でテカリ抑え

くずれやすい目のキワや小鼻、テカっているとだらしなく見える唇のまわり、アイブロウをのせる眉に、ブラシを使ってパウダーを軽くのせて。

ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_8

きめ細かいパウダー。流行に左右されないほのツヤ仕上がりに。プードゥル ユニヴェルセル リーブル N20¥6,300/シャネル


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_7

5.理想の”美輪郭”をローライトでかなえる

肌色より少し濃い色のローライトカラーをエラの角〜あご〜もう一方のエラの角までぐるっと塗る。スポンジであご下方向にぼかす。

ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_8

スティック型だから、すべらせれば即、肌色がダークに。チークスティック アルガンツリー¥2,800/アディクション


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_8

6.フェイスラインは粉でツヤ消し

ローライト部分に粉をのせる。顔中央はファンデのツヤを残す=明るく、輪郭はマット=明るさオフと、質感でコントラストをつけて。


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_9

7.部分ハイライトで”アゲ”のダメ押し

ハイライトを指に取り、トントンとのせる。入れる範囲は目の下の目頭から目じりまで1.5㎝幅で。鼻すじのへこんでいる箇所にも入れる。


ベースメイクで、フェイスライン印象を"アゲる”_10

部分づけも楽々。自然に骨格をきわだたせるパール感。ドローイングクレヨン 02¥3,500/カネボウインターナショナルDiv.

【Marisol 4月号2020年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 扇 光(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking