「肝」が弱っているあなたに【40歳からの“臓活”入門】| 40代ヘルスケア

季節の変わり目、免疫アップのカギは“臓”にあり!

季節の変わり目に体調をくずしたり、最近どことなく体がだるかったり。こんなアラフォーに多い不調の改善におすすめなのが東洋医学に基づく"臓活"。自分の弱っている五臓にアプローチして、心も体も元気に!


☆私が解説します!

北京中医薬大学 医学博士 尹 生花先生

北京中医薬大学 医学博士 尹 生花先生

いん・せんか●女優やモデル、美容ジャーナリストなども足繁く通う美容健康サロン「BHY」代表。はり師・きゅう師。最新の著書『みんなの臓活』(ワニブックス)も話題


☆これが当てはまるあなたは・・・

「肝」が弱っているあなたに【40歳からの“臓活”入門】| 40代ヘルスケア_1_2

あなたがケアすべきは…

「肝」が弱っているあなたに【40歳からの“臓活”入門】| 40代ヘルスケア_1_3


▼あなたは不調はどの”臓”からのメッセージ?

肝が弱ると気と血が隅々にめぐらなくなる

「肝の大きな働きのひとつが、気と血の流れを円滑にし、めぐらせることです。

 東洋医学では気・血・水の3要素がバランスよく体の中でめぐっている状態を健康とします。気は生命エネルギーを、血は血液やその働きを、水は血以外の体液をさします。肝が正常なら気も血も全身に滞りなくめぐります。また、肝のもうひとつの働きが、血を貯めたり、血量をコントロールする働き。全身に必要な量の血を届けて、滞りなく働くようにし、全身にうるおいを与えます。

 肝が弱ると、気や血の流れが滞るので右ページで紹介したような、シミ、クマ、生理痛などの不調が起こるのです。肝の衰えは自律神経にも及び、イライラして怒りっぽくなることも。

 肝は、夜ふかしや緊張感の多い生活、目の酷使などで弱りやすくなります。また、春は肝の働きが活発になり、逆にバランスをくずすことがあるので注意。

 肝を正常に保つには、気の流れをスムーズにする生活を心がけることがポイントです」


1)肝を整える生活習慣


□昼夜逆転は絶対NG! 夜11時までにベッドに

「血が浄化され、新鮮な血が貯められる、肝とかかわる時間は深夜1 〜3時。また、五臓六腑という言葉がありますが、肝は六腑のうちの"胆"とペアになって働き、胆の時間は午後11時から午前1 時。この時間にきちんと体を休めると血を正しく貯められるので、午後11時には寝ましょう」

□働きすぎず、こだわりすぎず、穏やかに
「肝の働きを弱らせるものにストレス、過労、睡眠不足などがあります。 特に春は、異動や転勤や引っ越しなど、環境が変わることが多く、なにかとストレスが多い季節。だからこそ何事にもこだわりすぎず、慌てず、 できるだけおおらかな気持ちをもって、穏やかに過ごすよう心がけて」

□朝、ゆっくりと散歩をする
「肝が弱りぎみの時におすすめなのが、朝早く起きてゆっくり散歩をすること。新鮮な空気を取り入れると、気のめぐりがよくなり肝が元気になります。おすすめは、樹木や花など植物の多い公園。植物のエネルギ ーは体を元気にするパワーがあるので、緑の中を歩いてリフレッシュを」


2)肝を活かす食生活

「肝の機能を高めるには、気の滞りを解消してめぐらせる食材を取り入れて。おすすめは緑色の野菜。特に、菜の花など春が旬の緑色の野菜は◎。梅干しやレモンなど酸味のある食材も、肝の働きをサポート」

「肝」が弱っているあなたに_7

肝を活かす食材はコレ!
にら・ちんげん菜・春菊・菜の花・梅干し・ブロッコリー ・ライチ・レモン・キャベツ・よもぎ・トマト・マグロ・ しじみ・アワビ・ピーマン・セロリ・にんじん・ごぼう・ ほうれん草・すもも・びわ・エビ・カニ・イカなど

「肝」が弱っているあなたに_8


3)肝を活かす関節たたき&ツボ押し

五臓の働きを整えるには、関節たたきやツボ押しをするのも効果的。肝が弱っている人には、わきの関節たたきと、以下の3つのツボ押しが有効。

「肝」が弱っているあなたに_1
ブラトップ¥10,000・レギンス¥15,000/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター(ダンスキン)

肝と相関する関節は「わき」。イライラした時や、ストレスを感じた時など、肝の弱りによる不調が出た時に、わき関節をたたいて。


<<関節たたき>>

「肝」が弱っているあなたに_2

左腕をまっすぐ伸ばし、右手を軽く開いて、甲側を左わきに近づける。

「肝」が弱っているあなたに_3

そのまま右手の甲で左わきをたたく。これを10回。反対側も同様に。肝の不調が強い時は、強めにたたくと効果的。


<<ツボ>>

「肝」が弱っているあなたに_4

足の親指と人さし指の骨の間のくぼみにあるツボが大衝。ここを両手の親指を重ねて強めに20回押す。婦人科系の不調やイライラに効果的。

「肝」が弱っているあなたに_5

内くるぶしの骨から指4本分上の、骨のすぐ横にあるくぼみが三陰交。ここに両手の親指を重ねて当て、強めに20回押す。脾や腎の衰えにも有効。

「肝」が弱っているあなたに_6

膝の内側の少し下にあるくぼみが曲泉。ここを親指でギュッと強めに20回押す。足がつった時や、頭痛などの症状にも効果的。

【Marisol 4月号2020年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/西秋愛菜 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/和田美穂 構成/原 千乃

What's New

Read More

Instagram

Feature

Ranking