美女組No.132 はるかのブログ
美女組:No.132 はるか

No.132 はるか

会社員•翻訳

重い身体、軽いフットワーク、空っぽの胃袋で国内外を飛び回っています。最近のブームは新大久保で多国籍料理を食べること。

拠点 = 東京
趣味 = 旅行、バレエ、食べ歩き、ダイエット
好き = 猫、タイ料理、マカオ

Instagram:harukatze132

カフェイン断ちは、アリか、ナシか。【メリット vs. デメリット比較】

昨年末から約4ヶ月続けたカフェイン断ちを、ついにやめました。その理由は……。
あまりにカフェイン過多だった生活に終止符を打ったのが12月末。

そこからコーヒーやお茶をまったくというほど摂取していませんでしたが、ついに今朝、解禁しました。
4ヶ月間のカフェイン断ち生活を終えて思うのは、カフェイン断ちはメリットもデメリットも大きかったなあ、ということ。あくまで個人的な感想ではありますが、この機会にまとめてみます。

【カフェイン断ちのメリット BEST3】

第3位:早寝になる

夜に予定がない日は、夜9時~10時くらいにとてつもない眠気が襲ってきて、底なし沼に落ちるような感覚で眠り込んでました。ただこれには副作用もあって、それは後ほど。

第2位:冷えにくくなる

冬は末端がかなり冷えるのですが、今年はましだったのもノンカフェインのおかげかと。布団の中に入ってから寒くて寝られない……ということもなく、常にほわ~んと身体があったまっている感じでした。

第1位:お金が貯まる

そぉ~~ですっ!(イッテQの中岡風に)
わたしの第1位はカフェインの作用とは何の関係もないコレです!!
ちょっと時間が余ればカフェに入り、コンビニがあれば100円コーヒーを買っていたあの頃。
「どうせ数百円だし」が積もり積もって、結構な出費になっていたのでした。
カフェイン摂取しない!を心に決めると、自然にお金が貯まったのが一番の利点でした。

【カフェイン断ちのデメリット WORST3】

第3位:飲めるものがない

甘い飲み物や、ハーブティやホットミルクが苦手なわたしにとって、カフェでコーヒー以外の選択肢が限られているがゆえに、嫌いな飲み物をお金を払って飲まないといけないのは、なかなかのストレスでした。

第2位:夜中3時ごろに目が覚める

メリット第2位の副作用。もともと眠りが浅いので、早く寝すぎることで夜中に必ず目が覚め、そこから1、2時間寝られないということがしばしば。慣れればぶっ通しで寝られるようになると思ったけど、慣れませんでした。

第1位:うっかりカフェインを摂るとひどい睡眠不足になる

これがもう、辛すぎて。
実は昨日の昼にうっかり番茶を飲んでしまい、3時間しか寝られなかったんです……。
以前もインドカレー屋さんで出てきた濃いめのチャイが美味しくて、ついつい全部飲み干したら、夜中3時まで寝られず、目が覚めたのが5時。そのままフラフラで出勤、ということがありまして。
社会生活をしている以上、どうしてもカフェインが入っている飲み物しか選択肢がない、という場面に出くわすこともあるわけで、そのたびに睡眠不足に悩まされたらたまったもんじゃない。
というわけで、ちょっとはカフェイン耐性を付けておいた方がいいんじゃないか、というのがカフェイン断ちをやめる決定打になりました。
でも不思議なことに、コーヒーはまったく寝不足にならず、お茶の類を飲んだときがひどかったんですよね。
お茶の方がカフェインが多い、という説は真実なのかも。

【結論:カフェイン断ちはアリかナシか】

自分で人体実験をした以上、こういう言い方は本意ではないのですが、こればっかりは

人によります。

わたしはカフェイン断ちの快適さと、うっかり摂取したときの睡眠不足を天秤にかけたとき、睡眠不足の辛さが勝ってしまったけれど、そもそもカフェイン耐性は人によって違うし、完璧なカフェイン断ち生活ができるかできないかも人によって異なるので、

やってみないと分からない。

に尽きると思います……。
ただ、体質や生活パターンを変えたいと思っている人は、一度は試してみる価値はあるかと。気楽に始められるし、なによりも

自分の身体がカフェインにどれくらい敏感なのかが分かる

ので。
わたしとしては、お茶はカフェインが強すぎるので引き続き通り避けるとして、コーヒーは適量飲むこととし、カフェインとうまく付き合っていこうと思っています。
猫 春 ネコ
今日のブログは写真無しなので、最後に春の日差しを味わう猫をどうぞ。(目つきの鋭さには触れないでネ)

What's New

Read More

Feature

Ranking