美女組No.130 natsukoのブログ
美女組:No.130 natsuko

No.130 natsuko

国際中医薬膳師

薬膳ごはんレシピをご紹介しています。
心とカラダが喜ぶお料理を日々探求しています☆
どうぞよろしくお願い致します。

Instagram:natsuko_yakuzen

今をなるべく快適に過ごす薬膳①黒豆茶+陳皮で”脾”を調える

ストレス、不安を感じることが多い毎日。心の不調は体の不調に繋がります。薬膳茶で美味しく調えていきましょう♪
お出かけできず、必要な物もなかなか買えない不便な毎日が続いていますね。ストレスや不安を感じられている方多いのではないでしょうか?
食欲が出なかったり、胃に何か残っているような重さを感じたり、疲れが抜けない…
これらは”脾”(消化活動、消化器系)の不調の代表的なサインです。今日ご紹介する薬膳茶で体を調えて、少しでも快適に、そして元気に過ごしていけたら良いなと思います。
今をなるべく快適に過ごす薬膳①黒豆茶+陳皮で”脾”を調える_1_1
脾は内臓の中でも『思』(不安、心配)という感情に影響されやすい内臓なんですね。この感情が強くなると脾の中の”気”(エネルギー)がうまく巡らずとどまってしまいます。エネルギーが巡らなくなれば脾の動きは鈍くなり、食欲不振や胃の重さを感じたりするんですね。また栄養も作れないので疲れを回復させることがむずかしくなってしまうのです。このような不調を調えるのにおススメしたいのが…
『黒豆陳皮茶』
●黒豆
脾胃にたまった不要な物を動かして排出し、脾を強くする。
●陳皮
脾の気を巡らせ、消化を活発にして脾を元気に。ため息や胸のつかえを和らげる。

黒豆茶に陳皮を小さじ1/2ほど加えて淹れてみて下さい。飲むとスーッと気が通るような感じがしますよ。お通じがあまり良くない方は蜂蜜をプラスしてみて下さいね。自分の為に美味しいお茶を淹れて、美味しいお菓子を食べる。家族はあとあと(笑)!自分を甘やかす時間を作ると鬱々とした気分も少しは晴れるような気がします。   natsuko
補足:黒い食材はアンチエイジングにも◎。黒豆はイソフラボンが大豆の2倍!!女性を充実させる食材でもあるんです。

What's New

Read More

Feature

Ranking