超ビッグ&ミニサイズの最旬バッグの使い心地をレポート!【マリソル10月号 撮影現場からお届けします!】

新鮮なサイズ感に目を奪われる今年のバッグ。リアルに持ったときのバランスは・・・?【マリソル10月号】の人気企画のなかからバッグ特集の撮影現場で見た、聞いたあれこれをオンライン限定記事でお届けします! (担当:マリソル編集部 ロミ)
蛯原友里 エビちゃん 2020 秋新作 バッグ
撮影/生田昌士(hannah)

発売中のマリソル10月号では「バッグは女の武器! 見つけた!“次世代BAG図鑑”」特集が好評! 

ファッションやさまざまな価値観の変化に沿って選びたいバッグ。

誌面で紹介したなかから、そのサイズ感に一度は驚きつつも、そのおしゃれさに特に魅了されたアイテムにフォーカスしてみます。

インパクト大な“メガサイズ”トートバッグ、実際に持つとどう見える?

次世代バッグ 大ぶりフェルトバッグ
撮影/魚地武大(TENT)

2020年の秋は、トートの巨大化現象が生じています!

特集の扉ページでご紹介している、エディター・塚田有紀子さんが選んだHEREU(ヘリュー)のトートバッグ。今回撮影した数あるなかでも、ひときわ大ぶりなサイズ感でした。

大ぶりバッグ レビュー
商品単体の写真でも大きめサイズなのは分かっていただけると思いますが、実際に持つとこのインパクト!

シンプルなコーデに新味が加わり、今っぽさを加速させてくれるのを実感。言わずもがなな収納力も頼もしく、フェルト素材なので持つと見た目以上に軽いのもいいところ。

他の大ぶりバッグも、持ってみて重いと感じるものはありませんでした。優秀なビッグサイズのトートを探すなら、この秋はベストシーズンかもしれません!

トレンド感重視なら、“マイクロ化”が止まらないミニバッグを!

2020年秋冬トレンドの激ミニバッグ
撮影/魚地武大(TENT)

メガサイズのトートバッグの台頭に反して、これまでも人気だったミニバッグは、さらに小さい“激ミニ”バッグに進化しています!

もはやスマホは入らないのでは……?というサイズ感ですが、それでも可愛い! 気分がアガる! トレンドアイテムです。

誌面でご紹介しているなかでも、とくに小さいと感じたGIANNI CHIARINI(ジャンニ キアリーニ)のパイソン柄のミニバッグ(写真上の下段)にトライしてみました。

2020年秋冬 次世代バッグ 激ミニバッグ
Tシャツ×ワイドパンツのシンプルなワンツーコーデ(夏の撮影でした)が、この激ミニバッグのおかげで途端にトレンド最前線にアップデート!

この新感覚なバランスに、撮影現場のスタッフ一同「可愛い♡」を連発。しまいには、いつものミニバッグが「ちょっと大きいな…」とさえ思えてきてしまう状態に(笑)。ミーハーな乙女心を揺さぶるニクいアイテムです!

マイクロサイズですが、内側にはカード用ポケットつき。まさに“キャッシュレス時代”のトレンドです。
2020年秋冬トレンドバッグ エビちゃん 蛯原友里
撮影/生田昌士(hannah)
一度コーデに取り入れてみると、大きければ大きいほど、小さければ小さいほど、可愛く思えてくるバッグ。これまでの常識にとらわれない「大胆なサイズ」の大ぶり&極小バッグで、新しいスタイリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

他にもこの秋注目のバッグがたくさん。発売中のマリソル10月号の誌面でぜひチェックしてください!

マリソル10月号は好評発売中!

試し読みはこちら

取材・文/政年美代子

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking