エディター 須藤由美さん「シンプルな黒はもう卒業! ドラマティックな黒に軸をシフト」

お買い物マインドも今年は変わった!エディター&スタイリストの「コレ、買ってよかった& その理由」

自粛期間を経て、おしゃれの方向性が変わった人、より自分を貫く人などお買い物の動向にも変化が。スタッフ陣の買ってよかったものを取材したら、今のマインドが見えてきた。

※価格表記のないものはすべて本人私物です


☆エディター 須藤由美さん
シンプルな黒はもう卒業! ドラマティックな黒に軸をシフト

<“単なる流行りやみんな持っているを理由にはもう買わない、自分の心の声に忠実に、ワードローブを個性と奥行きのある、もっとパーソナルな構成にしたいと思うように。黒は夏のMy定番色ですが、いつもの辛口シンプルよりも今年はドラマティックなディテールが気になっています。>


■ドリス ヴァン ノッテンのノースリスウェット
ラクロワとのコラボというパワーのあるデザイン。軽やかなスウェット素材ながらスペシャル感は抜群。

おしゃれプロの買ってよかった3_1

(右)ドリスのスウェットは何枚か持っていて、どれも大好き。サラッとドライな質感も心地よく、体を入れた時のサイズ感も絶妙。自粛中は「家でも気分が上がるものだけ着たい」と思っていたので重宝しました。



■シャネルのヴィンテージブラウス

甘くない大人のレース、シルクのオーガンジーにラグランスリーブと「好き」がつまった一枚。

おしゃれプロの買ってよかった3_2
ヴィンテージアイテムはもともと好きでしたが、今回のことを経て、改めてその意味や価値について考えるようになりました。シャネルらしさが息づくブラウスは、さすがの美しさ。 



■ヴィンテージの 黒レザースカート

コンサバ&無難イメージを一蹴した黒スカート。モードな切り替えデザインと美ラインが秀逸。

おしゃれプロの買ってよかった3_3

華やかなブラックに惹かれる一方で、それに合わせるならコントラストがつきすぎる白より、ニュアンスカラーにも惹かれます。ここ数年愛用中のベースレンジのTシャツも、甘くないのに女らしい今年の新色が気分転換に大活躍。

T-SHIRT:BASERANGE
SKIRT:VINTAGE
BAG:THE ROW
SHOES:MANOLO BLAHNIK
HAT:Maison Michel
BANGLE:TIFFANY&Co.

【Marisol8月号2020年掲載】撮影/須藤敬一(東原さん、松村さん分) 有馬秀星(MOUSTACHE/発田さん、吉村さん、前野さん分) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude./東原さん、松村さん、吉村さん分) 甲斐美穂(ROI/発田さん、前野さん分) 取材・文/塚田有紀子

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking