夏の強い光の中で着るからこそ際立つ「黒」の魅力【蛯原友里・40歳の可愛げスタイル】

蛯原友里さんがアラフォーのための“可愛げ”スタイル&アイテムを模索!今回は、夏に“あえて”着る「全身・黒」スタイルに挑戦します

20代のころ好きだったフェミニンなスタイルがアラフォーになって“痛い”と感じるように。でも大好きな“可愛い”をあきらめたくないから、40歳らしい甘さを模索中!


今回のテーマ:

「夏の黒」

強い光の中で着るからこそ、この色の魅力が際立ちます

<昨年の夏、写真集の撮影で、南仏のニースを訪れました。強い強い光の中で着た全身ブラック。 潔くてかっこよくて、それでいて女らしい。 ほかの色では出せない圧倒的な存在感と色の力がもつ意義を、 感じずにいられませんでした。ふだんはあまり黒を着ない私が、夏の黒に魅了されるのは、それが理由です。 着こなしのポイントは、異なる素材をミックスすること。全身に奥行きとニュアンスが出るので、軽やかな印象で夏の黒を楽しめます>

エビちゃん連載1_1

「ノースリーブのニットに合わせたのは、リッチなレザー素材のショートパンツ。ほどよく主張のある小物使いと黒の力で、カジュアルコーデがぐっと女らしくなります」。

ノースリーブニット¥22,000/アングローバル(イレーヴ) 肩にかけたニット¥26,000/エイトン青山(エイトン) スカーフ¥15,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシ) ピアス¥25,000/ショールームセッション(マリハ) ネックレス¥71,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バングル¥180,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(アリアナ ブサードライフォル) 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ) パンツ(参考商品)/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店 バッグ(参考商品)/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク



これも気になる!

「レースのワンピースにニットのレギンスを合わせ、夏の光と風を全身で満喫できるコーディネートを完成。甘い全身黒もやっぱり大好きです!」

エビちゃん連載1_3
ワンピース¥35,000/ショールーム セッション(マリハ) ニットパンツ¥32,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ) ストール¥25,000/アパルトモン 神戸店(メゾン ド バカンス) バッグ¥156,000/カオス新宿(ザンケッティ) 靴¥38,000/アマン(イル サンダロ オブ カプリ)



今月のメイク

「夏の鉄板とも言えるルーズなまとめ髪は、全身黒をバランスよく見せるのにも効果的です。 実は大切なのがリップ。ライトにつけてしまうとカジュアルになりすぎてしまう。 縁取りをきちんととってからリップを塗ることで、特別感が演出できるはずです」(ヘア&メイクアップアーティスト 森ユキオさん)

エビちゃん連載1_2



「可愛げ」ごとをPick up !

「おうちでリモート会議も増えてきたので、すっぴんにメガネをかけて参加。そんな時、強い味方になってくれるアイテムをグッチでGET♡ サイドのラインもおしゃれポイントです」

エビちゃん連載1_4
【Marisol 8月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 取材・文/磯部安伽

What's New

Read More

Feature

Ranking