「人生も、ヘルシーも、創意工夫です」藤原美智子さんに聞く、ヘルシーになるためのQ&A

忙しい毎日に流され、ヘルシー生活への切り替えがついつい後回しになってしまう私たち。マリソル読者からの質問に、藤原さんが答えてくれました

エイジレスな美しさと、それを支えるヘルシーなライフスタイルが話題の、ヘア&メイクアップアーティスト・藤原美智子さん。ヘルシーライフへの移行の仕方、続けていくためのノウハウを、詳しく教えていただいた。

ヘア&メイク/ライフスタイルデザイナー 藤原美智子

ヘア&メイク/ライフスタイルデザイナー 藤原美智子

ヘア&メイクアップアーティストの第一人者として、多くの女性へ影響を与え続けているパイオニア的存在。そのライフスタイルにも憧れる女性が続出している
藤原美智子QA_1

Q1.ヘルシーなことを始めたいけれど、忙しさに負けて一歩を踏み出せません

A.気持ちを無視してまずは動き出してみて

「無心」でアクションを起こすのが秘けつです。私が50歳でランニングを始めたのは元旦。真冬だったこともあり、寒いので言いわけがいくらでも出てくるの。「風邪をひいちゃうかも」とか「雨が降ってきそう」とか。でも、とりあえずトレーニングウエアに着替える、とりあえず外に出る、そして走り出す。すると、気持ちがいいから言いわけなんか、どこかにいっちゃうの(笑)。「気持ちを無視して行動する」。これは3 日坊主に終わらせないコツでもあるの。これで最初は25mしか走れなかった(泳ぎではなく!)私は、ハーフマラソンを完走できるまでになりました。




Q2.藤原さんも自信をなくすことはありますか? どうすれば自分を誇れるようになるでしょうか?

A.自信をなくした時ほど体を動かしてみるといいですよ

年齢を重ねるごとに、英単語がなかなか覚えられなくなってきたり、肌もエイジングしてきたり。それは自信もなくなります(笑)。でも、そんな時こそ運動が役に立つんです。自信をなくした時って自分のことばかり考え、視野が狭くなっているのね。でも体を動かすと血流がよくなるせいか、前向きな考えになるし、視野も広がり、悩んでたことがたいしたことないと思えるようになるの。それに10分の運動でも、達成感を味わえるので、続けていると自然と自信がついてきて、自分を誇れるようになっていきますよ。




Q3.朝型に切り替えたいけれど、結局3日坊主に

A.とりあえず「起きる」ことからスタートしましょう

朝起きて、あれもこれもしようと欲張ると、なかなか続けられません。そもそも、ずっと夜型だった人は、早朝に起きるだけでも大変。私も始めのうち、眠くて仕方なかったから、よくわかります。せっかく起きたのだからと、朝の時間を有効活用しようと前のめりになりすぎず、まずは起きてみる、カーテンや窓を開けてみる。そこからスタートしてみてはどうでしょう。その気持ちよさに気づけば、自然と習慣になっていくはず。

藤原美智子QA_2



Q4.服が似合わなくなり、買い物が楽しくなくて…


A.着たい服に体型を合わせるか、体型に合う服を見つけるか二者択一

服が似合わなくなる原因のひとつは、体型の変化。おしゃれが大好きでぜひ着こなしたい服があるのなら、食事や間食を見直し、エクササイズなどで引き締めるところを引き締めて、着られる体をつくる必要があります。一方、今の体型を受け入れて、今の自分に似合う服を「積極的に」探すという解決策も。いずれにしろ、ただ悩むだけではなくポジティブになれば、ファッションも買い物も何歳になっても楽しめますよ。

【Marisol 9月号2020年掲載】撮影/天日恵美子 構成・文/小田ユイコ

What's New

Read More

Feature

Ranking