キャリアは捨てずに生かすもの。最愛のパートナーとの出会いがもたらした、アラフォーからの理想の人生【アラフォー世代のパートナー白書 Part 3】

愛するパートナーは欲しいけれど、大切に築いてきたキャリアとの両立は可能……?
キャリアは捨てずに生かすもの。最愛のパートナーとの出会いがもたらした、アラフォーからの理想の人生【アラフォー世代のパートナー白書 Part 3】_1_1

仕事を頑張ってきたあまり、半ば無意識で「愛とキャリア」を天秤にかけてきたという、女性のストーリー。アラフォー世代のキャリアは結婚の邪魔ではなく、実は糧になる?

(取材・文/ 芳麗

 

 

30代は結婚より仕事を選んできた

  

43歳の時に、やっと結婚しましたー!」

中谷ユリさん(仮名)はあっけらかんとした口調で、こちらを笑わせる。華も愛嬌もある美人で、ユーモアとサービス精神も旺盛だから、会話するほど引き込まれていく。

  

40歳までは、“仕事と結婚”を天秤にかけていて、結局は仕事を取ってきたんだと思います。我ながら、ものすごく仕事を頑張ってきました。会社にいると、女性にとって30代後半あたりはキャリアの分かれ目なんですよね。やっと管理職適用が見えてきたりもして。今、ここでスピードダウンはできないなと」

  

ユリさんは都内の大学を卒業後、就職氷河期といわれた世代ながら、新卒で誰もが知る大手メーカーに採用された。以来、退職するまで20年以上勤務。頻繁な海外赴任をこなしながら、管理職にもついたパワフルなキャリアウーマンだ。

  

「入社時は、男女の給料差はないといわれていましたけど、古い会社なので、実際は『女はやめるリスクがあるから評価はやれない』というムードでしたね。どれだけ成果をあげても、同期入社の男性たちとは差がついていく。仕事は面白くも、その体制には悔しい思いもしていました」

  

バブル後の氷河期を生き抜いてきた現在の40代女性は、就職時から不況のあおりを食いながら、ダブルスタンダードに苦しんできた人が多い。「女性も自立して自由に輝く」といった新しい潮流は大きくも、「結婚と出産こそが女の花道」という旧来の価値観も根強く、その間に揺れてきた。

  

20代の頃から、いつかは普通に結婚するのかなと思う一方、男性に依存して生きる女性にはなりたくないとも思っていました。そのためにも、まずは自立。仕事をやりきらなきゃって、必死でした。

これが10歳下の世代だと、ちょっと違う。会社も世の風潮に合わせて、幾人かの女性は最初から管理職にすること前提で採用していましたから」 

 

キャリアは捨てずに生かすもの。最愛のパートナーとの出会いがもたらした、アラフォーからの理想の人生【アラフォー世代のパートナー白書 Part 3】_1_2
独身時代から、国内、海外とあらゆる旅を謳歌してきた

 

ユリさんに、心境の変化が訪れたのは40歳を過ぎた頃。

  

30代後半までは恋人も一応いたけど、彼と別れて迎えた40歳はさすがに辛かった。体の不調をはっきりと感じることも増えたし、いつかは結婚したいなんて悠長なことは言っていられないなと」

  

冷静に自分と世間を見つめ直したユリさん。多忙な仕事の合間を縫って、はじめはネット婚活に挑戦してみたものの、まったくうまくいかなかったという。

  

「サイト登録時は婚活素人らしく、自分の環境を基準に『年収800万以上希望』とか書いちゃったから、そう見つかるわけもなく……。それでも条件に合う人とデートしてみたんですけど、容姿も空気感もびっくりするほど想像とは違いました!」

  

そんな“ネット婚活あるある”の洗礼を浴びながら、ユリさんはここでいくつかの気づきを得た。

  

「私は、何歳になろうと条件より容姿に惹かれるんだなとか(笑)。結局、闇雲に出会いを求めるより、まずは自分を知ることが先決。求めるパートナー像を明確にしておくことが大切だとも気づいて。元彼のデータを一覧にして分析してみたり、婚活セルフカウンセリングしていました」

 

キャリアは捨てずに生かすもの。最愛のパートナーとの出会いがもたらした、アラフォーからの理想の人生【アラフォー世代のパートナー白書 Part 3】_1_3
結婚後、パートナーとともに訪れたハワイにて

  

いちばん私に合う、パートナー探しの方法は……?

 

自己分析を重ねながら、断続的に婚活を続けていたユリさんに最大の転機が訪れたのは、42歳の時だ。

  

「とうとう“婚活マジモード”にスイッチが入りました。42歳になると、仕事はますます忙しく体もボロボロになっちゃって。あんなに仕事第一だったのに、初めて人生の優先順位が変わった。『仕事よりもライフ!』って切実に思ったし、 今なら、迷わず結婚できるなと。『これが私の適齢期だ』って。小ぎれいにまとめましたけど、要は結婚を理由に、ちょっと現状から逃げてラクしたかったんです」

  

今こそ人生を変えたい、そのためにパートナーが欲しい。そう切実に思ったユリさんは、ある友人に本気の婚活相談をすることに。

  

「私はもともと人に相談するタイプじゃないし、相手は誰でもよかったわけじゃなくて。相談したKさんは、年上女性で会社経営者。仕事はバリバリなのに、恋すると乙女で情にも厚くて、この人ならと。彼女のFacebookでかいま見る交友関係も素敵で私好みでした。士業などお堅い自営業の方が多くて、でも、皆さん遊び方はスマートで。常々この世界の中に、私も入りたいなと憧れていたんです。

そこで、Kさんに会えた時に『私は今、心から結婚がしたい。誰かと支え合って生きていきたい!』と泣きつきました。情に厚いKさんは『わかった。そんなに切実なら誰か探してみるわ』と」

  

「紹介してもらえた暁には、よほど変な人でないかぎり結婚しようと決めていました」とユリさん。出会う前から決めていたの?

  

「私なりの武士道というか。友人に男性を紹介してもらうなら、それくらいの覚悟をもって挑むべきだなと。私もたまに『紹介して』って頼まれますけど、せっかく紹介しても『無理』とか軽く言われたりすると、ダメージが大きいんですよ。人のふり見て我がふり直せじゃないけど……。やっぱり、幸せな結婚がしたいなら、人として優しさや義理を大切にしないとなって」  

 

キャリアは捨てずに生かすもの。最愛のパートナーとの出会いがもたらした、アラフォーからの理想の人生【アラフォー世代のパートナー白書 Part 3】_1_4
結婚してからは、お弁当を2人分作るのが日課に

 

信頼できる友人から紹介された、その人は……?

   

相談からわずか3日後、Kさんは紹介相手を見つけ出して、出会いの場をセッティング。約束の場に現れたのは、のちにユリさんの夫となる中谷ユウジさん(仮名)だ。 

つ年上の当時43歳、大手商社を辞めて自分の会社を立ち上げたばかり。ユリさんは、初デートから彼に強く惹かれた。

  

「ほぼ、ひと目惚れです。まず、見た目がかっこよくておしゃれで好みでした(笑)。仕事の話をした時に通じたのも大きかったですね。海外赴任の話をしたら、『僕も海外多いからわかる。大変だよね』と。これまで出会った男性は、同じ話をしても『へぇ、すごいね』と引いちゃう人が多くて、女性のキャリアに理解がなさそうでしたけど。彼はフラットに受け入れてくれて。大げさだけど、涙が出るほどうれしかったです」

   

しかし、出会って1カ月後、2人は真剣交際にいたる。

  

「メールのやり取りがおもしろくて、つい会いたくなるとは言ってました。一気に距離が近づいたのは、彼の海外出張中、頻繁にLINEをした時ですかね。経験上わかるんですけど、海外出張は意外と孤独。1人の夜は寂しいものだから、こちらもマメにLINEしたし、即レスできるよう彼の出張中は、私も夜の予定は入れないでおきました。その出張から彼が帰国した時には、空港にプレートを持ってお出迎えまでしたら、けっこうウケてくれてましたね」 

 

 

>>次ページ:「私はあなたと結婚したい」と宣言!

 

What's New

Read More

Feature

Ranking