ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

2020秋冬・おしゃれプロたちが狙っているBAG【アラフォーのための次世代バッグ】

おしゃれのプロたちに、この秋に欲しいバッグについていろいろな角度から選びの基準をアンケート取材。実需と気分をバランスよく兼ね備えたラインナップは必見

バッグ選びは、こうありたいと願う姿を託した女の決意表明。働き方もファッションも、さまざまな価値観の変化が著しい今、アラフォーのリアル事情にフィットする理想のバッグを総力取材!

※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)


エディター・発田美穂が選んだのは…

クラシカルな斜めがけバッグ

<可愛い!と思えるトキメキ買いはバッグ選びでも重要。四角いレディバッグが、カジュアルからきちんとまで、振れ幅の広い装いにキレ味を足すスパイス役に。ユーモアのあるロゴ使いも私好み。>

今狙っているBAG1

かちっとしたフォルムながら両サイドに大きく開くファスナーで、出し入れがしやすい。バッグ(16×20×10)¥60,000/プレッド PR(ミチノ)



エディター・塚田有紀子さんが選んだのは…

こなれデザインの大ぶりバッグ

<リモートの打ち合わせが増え、今まで以上にPCを毎日持ち歩くようになり、大容量バッグの必要性を痛感。2泊旅行にも余裕そうなメガサイズをデイリーに持ちたい気分です。>

今狙っているBAG2
フエルト素材だから重くなく、持ち手部分はレザーでカジュアルすぎないのもベスト。バッグ(45×65×25)¥47,000/カオス表参道(へリュー)



スタイリスト・松村純子さんが選んだのは…

ステディブランドのニューアイコンバッグ

<お仕事でも私服でもお世話になっているステディブランドのバッグは、万能性と旬味のバランスがよく、信頼度は絶大。その中でコーデを辛口に仕上げてくれる大好きなパイソン柄を発見、ヘビロテを確信しました。>

今狙っているBAG3

ショルダーのスタッズもポイントに。バッグ「2×4」(22.5×16.5×15.5)¥148,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)



スタイリスト・池田メグミさんが選んだのは…

トレンドの激ミニバッグ

<単純に見て、可愛いと思ってしまう手のひらサイズのバッグにハマっています。特に何が入るわけではないのですが大ぶりジュエリーをつけにくい撮影時などアクセ感覚で持つと、気分がアガります。>

今狙っているBAG4

華奢なフォルムに太ショルダーのギャップも素敵。バッグ(13× 9 ×10)¥72,000/アクネ ストゥディオズアオヤマ(アクネ ストゥディオズ)(※写真は参考色。実際はイエローほかカラー展開あり)



エディター・伊藤真知さんが選んだのは…

おしゃれサブバッグ

<ちょっとお買い物に行くにもエコバッグがマストな今。ちょうどいいものを探していて、発見。ベルベット素材なので、時にはメインバッグとしても活躍しそう。>

今狙っているBAG5

ラフさのあるショッパー型ながら、素材とロゴデザインで上質感をプラス。パテント素 材のチェーンバッグともなじみやすい。サブバッグ(38×32× 8 )¥5,800/ミューズ ド ゥ ドゥーズィエム クラス六本木店(ボンジュール マダム) ミニバッグ(19.5×14×9 )¥21,000/オデット エ オディール 新宿店(ビー)

【Marisol10月号2020年掲載】撮影/生田昌士(hannah)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

What's New

Read More

Feature

Ranking