ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

上品な女っぽさが人気の「ベージュ」をアラフォーが今年っぽく着こなすには?|2020秋のベージュコーデまとめ

この秋のトレンドカラーとして人気のベージュ。もともとベーシックな色だけに、旬を感じさせて着こなすにはコツが必要です。40代のためのアイテム選びからコーデの配色まで、”今年っぽい”ベージュのコーディネート実例をまとめてご紹介!

 



①ベージュジャケットは秋~冬のコーデをイメージしながら買う!

Tシャツの上からはおって秋を演出

ベージュジャケット1

黒やネイビーほど印象が重くないので、暑さが残る時期でも取り入れやすいのがベージュジャケットの魅力。パールボタンがきいた一枚を、花柄スカート&Tシャツの夏コーデにはおるだけで、上品なフェミニンカジュアルが完成。


ジャケット¥104,000/マディソンブルー Tシャツ¥17,200/シップス インフォメーションセンター(アカデミー ニューヨーク) スカート¥28,000/CPR トウキョウ(メドモワゼル) ネックレス¥42,000/マリハ バッグ¥54,000/アマン(ペリーコ) バングル¥86,000/スープリームス インコーポレーテッド(バニー)



ボウタイブラウスと合わせて今年のトレンドを直球で楽しむ

ベージュジャケット2

レトロ&クラシックなムードが来ている今シーズン、注目のボウタイブラウスをインに合わせ てぐっとレディな表情に。ノーカラージャケットなら、こんなクラシカルな組み合わせも"コスプレ感"が出ず、今っぽい雰囲気に。


ジャケット¥89,000/ボウルズ(ハイク) ボウタイブラウス¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) サングラス¥39,000/アイヴァン PR(アイヴァン) トートバッグ¥65,000(ア  ヴァケーション)・パンプス¥54,000(ペリーコ)/アマン 



こっくりしてくる秋コーデの抜け感要員として大活躍

ベージュジャケット3

色も素材もワードローブが重くなってくる11月、明るいベージュのジャケットがコーデの軽やかな抜け感に。ニットドレス&ブーツの本格秋スタイルも思う存分満喫できる。


ジャケット¥70,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ニットワンピース¥42,000/デミルクス ビームス 新宿(ロベルト コリーナ) バッグ¥132,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) メガネ¥40,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ブーツ¥41,000/TOMORROWLAND(ファビオ ルスコーニ) リング¥12,000・バングル¥13,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード)



淡い色でまとめた着こなしにストールをぐるぐる巻いて

ベージュジャケット4

白に近い明るいトーンのベージュジャケットを、ライトベージュ&グレーと合わせて冬でもパッと映える淡い色コーデに。こんなウールタイプのジャケットを選べば、軽いアウター代わりとして秋~冬まで重宝。


ジャケット¥69,000/アングローバル(イレーヴ) タートルニット¥36,000/スローン パンツ¥24,000/ティッカ ストール¥21,000(参考価格)/アマン(アルテア) バッグ¥23,000/CPR トウキョウ(アロン) ブーツ¥19,000/シップス 有楽町店(ジェーヴィーエーエム) イヤカフ( 2 セット)¥9,800/スピック&スパン ルミネ有楽町店(アンセム)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈



②“甘めベージュ”は合わせ方を決め込む!「ベージュブラウス」にはパンツを合わせて着る|40代ファッション

ベージュボウタイブラウス×ハーフパンツ

■ベージュボウタイブラウス×ハーフパンツ
ベージュブラウス自体がフェミニンなので、ボトムはパンツで辛口に引き締めるのがおすすめ。レディなムードのとろみボウタイブラウスに、今季注目のハーフパンツを合わせて感度高めに。上下を濃淡のあるベージュのワントーンでまとめることで少年っぽくならず、上品さをキープ。

ブラウス¥29,000/サード マガジン(サード マガジン) エコレザーショートパンツ(10月発売予定)¥19,000/アルアバイル メガネ¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥54,000/アマン(ペリーコ) リング¥155,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)

ベージュギャザーブラウス× テーパードパンツ

■ベージュギャザーブラウス× テーパードパンツ
やや長め丈のブラウスを、細身の黒パンツに合わせてバランスよく。ベージュ特有の優しいムードとギャザーの華やぎで、シンプルコーデもしゃれて見える。

ブラウス¥15,000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) パンツ¥26,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥19,800/ショールーム セッション(ヤーキ) ローファー¥36,000/エストネーション(ディファイナリー) チョーカー¥28,000/エディション 表参道ヒルズ店(イデアライト)


ベージュボリューム袖ブラウス×カラーパンツ

■ベージュボリューム袖ブラウス×カラーパンツ
どんな色も落ち着いて見せてくれるベージュの力を借りれば、トレンドのきれい色パンツも簡単にトライできる。ブラウスはウエストインして腰位置を高く。小物もきれいめを意識し上品にまとめて。

シャツ¥23,000/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店(トラディショナル ウェザーウェア) パンツ¥18,000/TOMORROWLAND(マカフィー) イヤリング¥3,400/ジューシーロック バングル¥11,600/サイクロ バッグ¥39,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(オーエーディーニューヨーク) パンプス¥54,000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈

③“甘め”ベージュが着たい!スカートにはニットを合わせて着るのが鉄板!|40代ファッション


ベージュレーススカート×ブラウンニット

■ベージュレーススカート×ブラウンニット
総レースのスカートを、ニットとスニーカーでカジュアルに。レースにプリーツにツヤ素材。今季のベージュスカートは華やかなデザインが豊富。その女らしさを、シンプルなニットで品よく引き立てて。

スカート¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニット¥28,000/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥266,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン) バッグ¥41,000/ポステレガント(ポステレガント) スニーカー¥31,000/アン アワー アンド ア シャワー(アン アワー アンド ア シャワー) イヤカフ¥10,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード)


ベージュプリーツスカート×黒ニット

■ベージュプリーツスカート×黒ニット
さらさらと軽やかに揺れるプリーツスカートの女っぽさを、シックな黒できわだたせる作戦。黒とベージュの両方を含むので実は合わせやすいレオパード柄のバッグをアクセントにしつつ、足もとはポインテッドトゥのパンプスで女っぽくフィニッシュ! 

スカート¥38,000/ボウルズ(ハイク) ニット¥36,000/リーミルズ  エージェンシー(ジョン スメドレー) キャスケット¥13,000/アルアバイル(ラ・メゾン・ド・リリス) バッグ¥23,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) ネックレス¥3,200/ジューシーロック パンプス¥48,000/アマン(ペリーコ)


ベージュサテンスカート×白タートルニット

■ベージュサテンスカート×白タートルニット
なめらかなツヤ感を放つベージュのサテンスカートを、真っ白なタートルニットで女らしく。そのままだとややコンサバなので、オーバーサイズのシャツでちょぴりカジュアルに。

スカート¥16,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ニット¥25,000/ロエフ 六本木店(ロエフ) シャツ¥30,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ティッカ) スカーフ¥25,000/essence of ANAYI(エイネス) チェーンネックレス¥9,000(ドソン)・ロングネックレス¥16,000(グリン)/シップス 有楽町店 バッグ¥29,000/オルサ(オルセット) ブーツ¥37,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈



④“今年っぽい”が簡単に。「ベージュ×淡色」最旬配色レッスン|40代ファッション


■Beige ×「ベーシック」淡色

こっくりベージュ×淡ベージュで甘いスカートコーデも品よく

■Beige ×「ベーシック」淡色  こっくりベージュ×淡ベージュで甘いスカートコーデも品よく
一枚だと甘いベージュベースのドットスカートも、ワントーンでまとめることで甘さが落ち着き、上品な印象に。まったりしがちな配色なので、白バッグで軽やかな抜け感を出して。

プルオーバー¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) スカート¥29,000/インターリブ(サクラ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥11,800/シップス 有楽町店(コザフ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブーツ¥39,000/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)


パリッと清潔感のある白との組み合わせはやっぱり最強!

パリッと清潔感のある白との組み合わせはやっぱり最強!

一見シンプルな組み合わせながら、シャツはトレンドのバンドカラー、パンツはやわらかなレザー素材、とディテールや素材選びでさりげなく旬度高めに。


パンツ¥98,000/ebure シャツ¥26,000/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ストール¥57,000/エストネーション(ジョシュア エリス) バングル¥160,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(プリーク) ピアス¥7,000/ANAYI バッグ¥47,000/TOMORROWLAND(ダンスレンテ) フラットシューズ¥35,000/ザ・グランドインク(ロランス)


ニュアンスカラー同士、相性抜群。クールなのに女っぽい印象に

ニュアンスカラー同士、相性抜群。クールなのに女っぽい印象に
グレーのニットがゆったりしているぶん、ベージュのパンツはやや細身でセンタープレスがきいたシャープな一本で、淡い色同士の組み合わせにメリハリを。さらにハットを足せばよりバ ランスがアップ。

パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ニット¥22,000/スティーブン アラン トーキョー(スティーブン アラン) 帽子¥68,000/ドゥロワー 六本木店(ロック アンド コー) ネックレス¥30,000/ロエフ 六本木店(オート ジュエラー・アキオ モリ フォー ロエフ) バッグ¥30,000/ANAYI パンプス¥46,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■Beige×「きれい」淡色

秋らしさとさわやかさ、両方楽しめる好感度の高い組み合わせ

秋らしさとさわやかさ、両方楽しめる好感度の高い組み合わせ
この秋はきれい色、それもパステルっぽい優しげなトーンのアイテムが豊富。さわやかなペールブルーを、ベージュのニットでぐっと女らしい雰囲気に引き寄せて。

ニット¥36,000(ドゥロワー)・バッグ¥72,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥20,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) スカーフ¥12,000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(マニプリ) コインネックレス¥20,000/マリハ(マリハ) パンプス¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ) ブレスレット¥6,300/シップス 有楽町店(エーヴィーマックス)


ツヤのあるサテンのイエローでベージュコーデを華やかに!

ツヤのあるサテンのイエローでベージュコーデを華やかに!
ともに黄みがある色同士、ベージュとイエローは合わせやすく、初心者でもトライしやすい組み合わせ。華やかに見せたいけれど、派手すぎるのは苦手、そんな人こそぜひトライを。小物もベージュで統一することで、さりげなくイエローの存在感を引き立てて。

シャツ¥23,000/ティッカ スカート¥44,000/カオス表参道(カオス) カーディガン¥26,000/ANAYI バッグ¥80,000(ザネラート)・靴¥52,000(ペリーコ)/アマン メガネ¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥86,000/スープリームス インコーポレーテッド(バニー)


甘くなりがちなピンクは、辛口のアイテムで取り入れると簡単

甘くなりがちなピンクは、辛口のアイテムで取り入れると簡単
女らしく優しげな印象が簡単に作れるベージュ×ピンク。甘くなりすぎるのが苦手なら、こんなシャツでピンクを取り入れるのもおすすめ。アイテム自体に辛さがあるので甘くなりすぎず、ほどよくこなれた印象に。

パンツ¥49,000/アングローバル(イレーヴ) シャツ¥26,000/サザビーリーグ(エキップモン) ベルト¥22,000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ) 巾着バッグ¥29,000/シップス 有楽町店(マルコ マージ) 靴¥26,000/フラッパーズ(スペルタ) イヤリング¥7,000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈



⑤リラクシー、でも凛と美しい「ベージュ」を使った上品フェミニンコーデ5days|40代ファッション


day1▶︎ Beige × Pale Pink

優しいベージュと優しいピンク。この秋真っ先にトライしたい、とびきり女らしい配色で気分を上げて。

優しいベージュと優しいピンク。この秋真っ先にトライしたい、とびきり女らしい配色で気分を上げて。

ミルクティーのような優しいトーンのベージュパンツに、ふわっと起毛したスモーキーなピンクのニットをオン。あえて締め色は使わず、小物もすべて同系色で。あいまいな配色に、きかせるのはリップの赤だけ。この潔さが今っぽい。


パンツ¥19,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) ニット¥42,000/カオス表参道(カオス) 帽子¥26,000(ジャネッサ レオーネ)・バッグ¥20,900(パロローサ)/アパルトモン 青山店 ピアス¥32,000・ピアスにつけたチャーム¥9,000(ともにマリハ)・ネックレス(細)¥29,000(マリア ブラック)/ショールーム セッション ネックレス(太)¥16,000/フレームワーク 自由が丘店(ローレン スチュワート) ストール¥60,000/ebure(ファリエロ サルティ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)


day2▶︎ Beige × Black

今季注目のレザースカートも、ベージュならハードすぎない。黒ジャケットでちょっとクールに。

今季注目のレザースカートも、ベージュならハードすぎない。黒ジャケットでちょっとクールに。

女っぽいけどかっこいい、を目ざすなら、この秋トレンドのレザーを使ったベージュスカートを。黒と合わせてきりりと決めて!


スカート¥120,000/ebure ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) Tシャツ¥9,500/サード マガジン ピアス(片耳)¥42,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) ネックカフ¥39,000/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) ブレスレット¥49,000/アパルトモン  青山店(ガブリエラ アルティガス) バッグ¥198,000/J&M デヴィッドソン  青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥66,
000/トッズ・ジャパン(トッズ)


day3▶︎ Beige × Brown

上品な女っぽさが人気の「ベージュ」をアラフォーが今年っぽく着こなすには?|2020秋のベージュコーデまとめ_1_19

ベージュとブラウンはやっぱり相性抜群。今年は小物でほんのりボヘミアンなムードに仕上げるのが気分。

こっくりとしたチョコレートブラウンに、ツヤのあるサテンのベージュスカートが軽やかさを添えて。ナバホパールのネックレスやウッドのバングルなど、少しパンチのきいた小物使いも洗練のカギ。


スカート¥23,000/カオス表参道(カオス) ニット¥27,000/サザビーリーグ(デミリー) 2重にした太ネックレス¥250,000(タナーズ インディアン アーツ)・細ネックレス¥36,000(ハルポ)/ロンハーマン バングル(上)¥15,000・(下)¥10,000/アパルトモン 青山店(ベン アミュン) バッグ¥38,000/ドレステリア 新宿店(フット ザ コーチャー) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)


day4▶︎ Beige × Navy

夏はさわやかに白と合わせがちだったネイビーを、秋はベージュと。それだけでぐっと上品さが増し、しっとり知的なムードが味わえる。

夏はさわやかに白と合わせがちだったネイビーを、秋はベージュと。それだけでぐっと上品さが増し、しっとり知的なムードが味わえる。

シンプルにまとめすぎるとコンサバ見えする配色だけに、小物はメガネやスカーフなど、インパクトのあるアイテムで抜け感を。


スカート¥59,000/ebure ニット¥25,000/スローン スカーフ¥14,000/フレームワーク 自由が丘店(バンビエン) メガネ¥33,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ピアス¥65,000/アパルトモン  青山店(アグメス) ネックレス¥240,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥64,000/ドレステリア 新宿店(メゾン ボワネ)


day5▶︎ Beige × Beige

優しいベージュ、かっこいいベージュ。トーンの異なるベージュを重ね、"奥行き"のある女性を目ざして。

優しいベージュ、かっこいいベージュ。トーンの異なるベージュを重ね、"奥行き"のある女性を目ざして。

ワントーンコーデは、素材感をミックスするのが上級者見えのコツ。ハリ感のあるマニッシュなトレンチに、やわらかなニットや美シルエットのパンツを合わせ、さりげなく女っぽさを香らせて。


コート¥62,000(リジエール)・ニット¥28,000(アパルトモン)・ストール¥26,000(ぺトリュス パリス)/アパルトモン 青山店 シャツ¥54,000/マディソンブルー パンツ¥17,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ピアス¥33,000/ショールーム  セッション(モダン ウィービング) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン  青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48,000/フラッパーズ(ネブローニ)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里



▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking