ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

生活環境が変わる時に、太る女、痩せる女【齋藤 薫エッセイ】

本誌で好評連載中の、美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんから悩める40歳へおくる、美と人生への処方箋。今回は、「環境変化と体重増加」について。

生活環境が変わるストレスは、体の内外にダメージを与える

生活環境が変わる時に、太る女、痩せる女【齋藤 薫エッセイ】_1_1
 例えば、会社を辞めたり、移住したり、何らかの事情があってしばらく会わなかった人が、女性としてのタイプが変わってしまうほど太っていることがある。ちょっと食べ過ぎての体重オーバーとは、明らかに違うのだ。食べ過ぎなら、せいぜいが2、3キロを行ったり来たりする程度。でも、ひょっとして精神的に何かあった? あったよね? と、思わず心の中で尋ねてしまうような、心配な太り方をすることって誰にでもあるものなのだ。つまり“ストレス太り”なのは明らかだが、環境変化はどこかで人を麻痺させるから、あるいは自分がそれほど変わったなど、本人も気づいていないのかもしれない。生活環境が変わるストレスは、そのぐらい体の内外にダメージを与える。だから体重増加も途中から放置してしまいがちで、ちょっと危うい。せめて気付かせてあげなければ。

 言うまでもなく、慣れない環境で余計な気を使うとか、緊張が続くとか、理由はたくさんあるけれど、じゃあ同じように緊張が続いても、太らない人もいるのはなぜなのか? 痩せていく人もいるのはなぜなのか? 一方で今、多くの人が口にするコロナ太りはどうだろう。コロナは全員一律に大きな環境変化をもたらしたわけだが、コロナによって痩せた人ってまずいないはず。もちろん単純にずっと家にいて運動不足、食事を楽しむしかなかったりするのだから当然のこと。それにしてもなぜ痩せる人はいないのか?

 ズバリこれは心の動き方の差。ご存知のようにストレスを受けると、ストレスホルモン、コルチゾールに対抗するためいわゆる“幸せホルモン”セロトニンが減って、食欲にブレーキがかからなくなってしまう。つまり、ストレスに“幸せホルモン”が負けるのだ。逆に言えば、仮に環境が変わっても、心が前向きに興奮するようなことがあれば、勝手に食欲が抑えられてむしろ痩せられるということ。例えばだけれど、転職して新しい仕事場に身を置いたら、そこに出会いがあって恋に落ちた、みたいなパターンなら、むしろ見事に痩せる。環境の変化によって、不安や緊張がありながらも感動が大きくなった時、女性は目立って美しくなるのだ。逆に、生活変化は心身の良い切り替えとなって、神経物質セロトニンのスイッチが入ることもあるのだろう。つまり、環境変化は心の向きを劇的に変え、人生を塗り替えるチャンスでもあるのだ。
 

What's New

Read More

Feature

Ranking