ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

次世代の強靭さ、男を支える女が眩しい!【齋藤 薫エッセイ】

本誌で好評連載中の、美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんから悩める40歳へおくる、美と人生への処方箋。今回は、「包容力のある強さ」について。

女性の社会進出とともにパートナーとの関わり方も進化

次世代の強靭さ、男を支える女が眩しい!【齋藤 薫エッセイ】_1_1
 昭和の時代には、三高男(高学歴、高収入、高身長)狙いで玉の輿を目指していた女性は少なくなかった。一転、平成には三低男(低姿勢、低依存、低リスク)でいいやという、諦めともゆとりともつかない意識に変わったのは、女性たちが経済力をつけ、自信を持ったからだろう。ただどちらも人生の選択として自然なものではなかったのかもしれない。

 かつて女性が一気に社会進出を遂げた時、まだ社会に慣れていなかったせいか、職場で感情をむき出しにする人も少なくなかった。女性同士の諍いや露骨な競争が目立ったはず。それが今は激減。女が社会人として進化した証だ。

 同時にパートナーとの関わり方も進化、最近はむしろ力強くパートナーを支える女性がにわかに目立ってきた気がする。もちろん今どきは、男が主夫となって働く妻を支える家はいくらでもある。ただそういう家庭でも、妻が威張っているケースはむしろ多くないのが今の時代なのだと思う。それもまた女の進化……。

 ましてや今の時期、リモートワーク中心で、パートナーと常に顔を突き合わせている状況の中、いかなる関係もごまかしがきかなくなっている。良い関係を保ち続けるのがただでさえ難しい中にあって、自分の方が優位に立つ関係でも、精神的には優位に立たない、そういう寛大な心を持った女性が今増えているのだ。

 特殊なケースだが、大失態を犯し逆境にある夫を精神的にも経済的にも支える妻として、佐々木希さんが絶賛を浴びているが、まさにそういうこと。もし自分がその立場ならどうするだろうと、皆考えたはず。そして何と心の強い人なのだろうと思ったはずだ。自分が築いた家庭をそんなことで壊されてたまるものかという意地にも似た思いの強さ。でもそれだけでは平常心を保てない。同時に生命力の強さと、大らかさ、3つの強さが揃わないとそうはできないはずなのだ。

What's New

Read More

Feature

Ranking