見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】

消毒に次ぐ消毒、乾燥した冬の空気……いつもに増して“乾く”今年の冬にぴったりのハンドケアと化粧水をプチプラで。オーラルケアやスキンケアを数多く手がける会社の自社ブランド、ZETTOCSTYLE(ゼトックスタイル)から、家族で使えるお役立ちアイテムをピックアップ。
ゼトックスタイルのプチプラ2品

生活の新スタンダードとなった消毒。店舗など、どこかに入るたびにアルコールなどさまざまな薬剤で消毒していると、さすがに手がパリパリに……。冬だからなおさらです。

そんなときに見つけたのが、以前ご紹介したセルエフを手掛けている日本ゼトックのブランド・ゼトックスタイル。今の季節や暮らしにぴったりの2品をご紹介します。

見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】 _1_2

ひとつめはこちらのハンドミルク。パッケージを見れば一目瞭然ですが、消毒と保湿をかなえてくれるうれしいハンドケアです。アルコールとともに、殺菌作用を持つ有効成分・塩化ベンザルコニウムを配合。

見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】 _1_3

美容成分としてはパッケージのイラストにもあるようにミツロウとオリーブ油、さらにヒアルロン酸Na、そしてなんとさまざまなブランドがこぞって採用している注目の美肌成分ナイアシンアミドまで配合。ハンドケア面も、かなり本気です。

見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】 _1_4

テクスチャーはとろりと優しいミルク状。カサついた肌にだってまんべんなくなじみ、あっという間にさらり、でも手肌のしっとり感はしっかりとキープ。こまめに使いたくなる、見事なまでの心地よさです。消毒モノにありがちなツンとしたニオイもせず、ストレスなく消毒と保湿をかなえてくれます。これで3ケタプライスなんて! ストックしとかなきゃ。

ゼトックスタイル 薬用 消毒ハンドミルク 無香料[指定医薬部外品] 50g ¥700/日本ゼトック

見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】 _1_5

ODM事業を柱とする会社ならではのハイクオリティ&納得プライスのアイテムをもうひとつ。乾燥厳しい季節にパシャパシャ使ってほしい化粧水です。

見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】 _1_6

こちらもパッケージを見れば、すぐお分かりかと思いますが……保湿界のスター、保水有効成分・ヘパリン類似物質を配合。さらに肌荒れ有効成分・グリチルリチン酸ジカリウムと有効成分をW配合しているんです。しかも385mLという大容量で1800円というプライスもスゴイ。もう、全身に惜しみなく使えます。

見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】 _1_7

さらには無香料・無着色をはじめとする8つのフリーを実現。だから、肌が敏感に傾いている時や赤ちゃんのカサカサ対策にも役立ちます。

見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】 _1_8

さらりとした水のようなテクスチャーでクセがなく、使い方を選ばないのも魅力。マスクの擦れでカサつく頬にローションパックしたり、ボディケアの下準備、そして使い慣れた化粧水と重ねづけしたりと私もあれこれ活用しまくっています。

ゼトックスタイル へパトリート 薬用保湿化粧水[医薬部外品]385mL ¥1800/日本ゼトック

見つけたら即購入すべし! ZETTOCSTYLE発・この冬を乗り切るための2品【マーヴェラス原田の40代本気美容 #342】 _1_9

いつも以上に厳しい冬を少しでも心地よく乗り切るための便利でプチプラな2品。公式オンラインショップのほか、マツモトキヨシやココカラファインなどのドラッグストアやバラエティショップでも購入できるそうなので、見つけたらぜひお試しを。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking