「スウェットトップス」進化し続ける“可愛い”を、ずっと楽しんでいきたい【蛯原友里・40歳の可愛げスタイル】

蛯原友里さんがアラフォーのための“可愛げ”スタイル&アイテムを模索!

20代のころ好きだったフェミニンなスタイルがアラフォーになって“痛い”と感じるように。でも大好きな“可愛い”をあきらめたくないから、40歳らしい甘さを模索中!


今回のテーマ:

「スウェット」

<ファッションってやっぱり時代の流れに合わせて変わっていくもの。普遍的に見える"可愛い"だって、ちょっとずつ進化しています。今の"可愛い"には、"ゆるさ"が必須条件。スウェットトップスがつくる"ゆるカワ"が、今どき感のど真ん中。プライベートでも愛用しています。こうしてこれからもずっと、時代とともに進化していく可愛いを、追い続けていきたいと思います。>

エビちゃん連載4_1

「体が泳ぐオーバーサイズのスウェットをツヤ素材のナローなスカートに合わせて。カジュアルだけど着映え感が出せるのは、素材ミックスが生む奥行きのおかげです。ブルー×ブラウンの都会的な配色も好み。スニーカーとキャップを加えて、"ゆるカワ"を目いっぱい満喫しちゃいます」。

スウェット¥26,000(レミ レリーフ)・スカート¥42,000(シャイナ モート)・ストール¥84,000(アロンピ)・バッグ¥120,000(アパルトモン)/アパルトモン 青山店 帽子¥8,300/メゾンドリリス 靴¥54,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)



これも気になる!

「上のコーディネートのストールを、ダブルブレストのチェックジャケットにチェンジしました。スウェットってきれいめにも着られるんです」

エビちゃん連載4_2
スウェット・スカート/上と同じ ジャケット¥60,000/サードマガジン バッグ¥115,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)



今月のメイク

「スウェットのゆるさには、頑張りすぎに見えないメイクが似合います。肌は素肌感を残すようにお粉だけで仕上げ、チークと下まぶたに同じパウダーで肌なじみのいいピンクのカラーをオン。口もとはマットだとモードすぎてしまうので、ツヤ感のあるベージュのリップをつけるのがポイントです」(森ユキオさん)

エビちゃん連載4_3



「可愛げ」ごとをPick up !

「トッズのローファーは、ポップアップショップにおじゃました時にひと目惚れ♡ レトロな可愛さがたまらない、今シーズン買ってよかったアイテムの筆頭格です!」

エビちゃん連載4_4
【Marisol 11月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI)スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 取材・文/磯部安伽

What's New

Read More

Feature

Ranking