さりげないけど素敵、のその先へ。“映える”ベーシック「冬の主役はガウンコート」!【磯部安伽の「映えるベーシック】

映える=派手、映える=頑張るじゃない。人気エディター磯部安伽の「映えるベーシック」をつくる5つのメソッド
磯部安伽

磯部安伽

確かな構成と美しいビジュアルのページ作りで、各誌で活躍するファッションエディター。洗練された私服スタイルのファンも多数

<これまでの価値観や、あたりまえだった生活が一変してしまった2020年。
私自身のファッションに対する考えも少しずつ変化して、これまでよりも"着映え"を大切にするようになりました。
どこかに出かけること、誰かと会うこと、そのために服を着ることが特別になり、 せっかくおしゃれをするならどうでもいい服は着たくない、 久しぶりに人に会うなら気分よく一緒にいてもらえる服を着たい、 そんな気持ちが着映えへの意識を高めていったんだと思います。
でもそれは決して派手だったり、奇抜な服を選ぶことではありません。
だって私が愛するベーシックという軸は変えられないし、変えたくないから。 きれいなシルエットを厳選する、手をかけて重ね着をする、今まで以上にひとつひとつのおしゃれにていねいに取り組むことで、ベーシック派なりの着映えをかなえていきたいんです。
そして、たどりついた秋冬のワードローブやコーディネートは、 少しだけ華やかで、確実に気分を上げてくれるものばかり。
最近はおしゃれする意欲がない、服が欲しくないなんて声も耳にするけど、どんな時でも服を選んで、着ることに変わりはないのだから、 前向きに取り組んだほうがきっと毎日は素敵なものになる。
今回提案させていただく"映えるベーシック"が、 ファッションを楽しむきっかけやヒントになるとうれしいです。

磯部安伽 >


※価格表記のないものはすべて本人私物です

メソッド①

「冬の主役はガウンコートに決めました」

柔らかな素材のニュアンス、さりげなく揺れるシルエット、バサッとはおるだけで生まれる主役感に惹かれて、この冬はなによりも先にガウンコートを買いました。目をひく色や変わった形じゃないのに印象的で、どんなコーディネートにも合わせやすいのに今どきになる。そしてさらに、軽くて着心地がいいから疲れない!今の時代や私の好みに一番フィットする、"映えるベーシック"をつくるうえで必要不可欠な存在です。


■初めて買ったきれい色のコートを、まずは淡く、甘い配色で楽しむ

磯部ベーシック1_1

「これも"映えたい"という気持ちの表れか、1 枚目は人生初となるきれい色のコートを購入。ほのかに色づくピンクに、見た瞬間に心奪われました。とはいえベージュの延長線上にある絶妙な色みなのでトレンチ感覚で使えそうだな、なんて計算も同時にしたりして(笑)。実際、マイ定番であるグレーのニット×白いデニムとも好相性。ニュートラルカラーが印象的な今のムードあふれるコーデが完成しました」。

DATA

COAT:N.O.R.C by the line
KNIT:N.O.R.C by the line
PANTS:RED CARD
BAG:Maison Margiela
SHOES:SAINT LAURENT
EARRINGS:no brand
NECKLACE:MARIHA
RING:MARIHA

ネックレス¥20,000・イヤカフ¥17,000・三連リング(右手)¥135,000・リング(左手)¥48,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)



☆Variation

■"コートの中身"しだいで印象が大きく変わる。 きれいめ気分の日は黒をきかせて

磯部ベーシック1_3

「どんな服とも合わせやすいのに、中のコーディネートしだいで違った印象になるのもガウンコートの魅力。上では淡いコントラストで楽しんだピンク色のコートに、今度は黒いボウタイブラウスとタイトスカートを合わせて強いコントラストでまとめ、ぴりっと女っぽく変身させました。ベースがベーシックなアイテムだからこそ色で遊ぶことが決してむずかしくない。さらに上品なブルーのバッグで、さりげないきれい色MIXにも挑戦してみました」。

DATA

COAT:N.O.R.C by the line
BLOUSE:THIRD MAGAZINE
SKIRT:Whim Gazette
BAG:J&M DAVIDSON
SHOES:Sergio Rossi
EARRINGS:MARIHA
SUNGLASSES:EYEVAN

靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ピアス¥26,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)



■永遠のスタンダードである黒は、最旬ブラウンと今どきに楽しむ

磯部ベーシック1_2

「『ザ ロウ』のコートは計算しつくされたシルエットと上質な素材で、圧倒的な存在感がある。値は張りますが"これは間違いなく一生モノ"と、思いきって購入しました。そんなずっと着る服こそ、コーデは思いきり今っぽくしたほうが楽しい。まずは服や小物をトーンの違うブラウンでまとめて、モードに仕上げました」。

DATA

COAT:THE ROW
ONE-PIECE:SACRA
BAG:ZANCHETTI
SHOES:PELLICO
EAR CUFF:Hirotaka
NECKLACE:no brand
RING:MARIHA
SUNGLASSES:EYEVAN

ワンピース¥38,000/インターリブ(サクラ) サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥155,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ) 三連リング¥135,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)


☆Variation
■エレガントなコートに、あえてのカジュアル。こんなMIX感こそおしゃれの醍醐味

磯部ベーシック1_4

「ゆるいニットとダメージデニム、足もとはスニーカー。思いきりカジュアルなコーデを楽しめるのは、格上げ力のあるコートのおかげ。あえて対極するものを合わせることで、奇抜なものがひとつも登場しないのに"おしゃれしたぞ"っていう達成感が生まれるんです。年齢的にもトレンド的にも全身カジュアルがむずかしくなってきたけど、シックなアウターの力を借りればまだまだ大好きなスタイルが楽しめる。やっぱりこの冬はガウンコートが欠かせません」。

DATA

COAT:THE ROW
KNIT:N.O.R.C by the line
PANTS:MOTHER
STOLE:N.O.R.C by the line
SCARF:HERMÈS
BAG:IACUCCI
SHOES:CONVERSE
BRACELET:hum

バッグ¥52,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) ネックレス¥20,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)
【Marisol1月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 須藤敬一(人物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリング協力/松村純子

What's New

Read More

Feature

Ranking