コロナ禍のストレスで、身も心もモヤモヤ…【40代のエロスとヘルス 神崎恵×小田切ヒロ 大人のカウンセリング室】

今号はヘア&メイクアップアーティスト小田切ヒロさんが回答!

「親身な回答がしみる」と評判の「大人のカウンセリング室」。神崎恵さんと小田切ヒロさんのおふたりが、交代で読者のお悩みに答えます。今回は、小田切さんの出番。読者の思いをくみとった 回答は、納得度満点。自分の方向性に迷ってる人も、そうでない人もぜひ読んでみて!


お悩み:「体と心の“もっさり感”、なんとかしたい!」

 いわゆるコロナ太りに悩んでいます。在宅勤務が増え、全体的な運動量が減ったことに加え、ストレスをつい食べることで発散してしまうので、半年で5㎏も太ってしまいました……。これまでもお世辞にもやせ型といえる体型ではなかったため、もう、体が重くて重くて。やせようと、先月から食べる量を減らしたり、YouTubeなどを見て、自分なりにエクササイズをしたりしているのですが、まったく体重が減りません。常に体が重いせいか、最近は何をするのもおっくうで、意欲がもてず、なんだか体だけではなく、心までもっさりしてきたみたいで。
先日など、「新しい服でも買って、それを着るためにダイエットを頑張る方向にもっていこう」と買い物に出かけてみたものの、コロナ前にはあんなに好きだったお買い物にも気が乗らず、そのまま帰ってきてしまいました。今のままではいけないことだけはわかっているのですが、どうしたらいいのか……。もう、太ったおばさんのままでもいい気までしてきました。ワークアウトをきちんとして、いつもすっとした体型を維持されているヒロさん。どうすれば、このもっさり感から抜け出せますか?(41歳・会社員・未婚)
回答者はこの人!小田切ヒロさん

回答者はこの人!小田切ヒロさん

ヘア&メイクアップアーティスト。LA DONNA所属。メイクの美しさはもちろん、小顔テクニックにも定評あり。『すべてを手に入れた女には3つの顔がある:愛・名声・美貌…女の人生攻略メイク術』(小学館)など、著書も好評!

■小田切ヒロさんの回答:「あきらめたらアウト! キレイでいたい気持ちを捨てないで」

 体と心の“もっさり感”は連動しています。体と心はつながっていて、どちらかがもっさりすると、もう片方ももっさりする。ということは、一方をそうでない状態に戻せばいいわけですが、40歳を過ぎたら、心を戻すより体を戻すほうがラク。ホルモンバランスも、仕事や人間関係などの環境も、若いころとは違うのだから、心を先に変えるのは、よっぽどメンタルが強い人でないと……。なのでまず体を動かして整える! とはいえ、この世代の人が素人のノウハウで体型を変化させるのはむずかしいので、一度、トレーナーなど、プロの目で見てもらうといい。見た目がすっきりすると、心もついてきて、もっさり感がなくなるはず。
 このかたは、「おばさんのままでいいと思えてきた」と言っていますけど、そもそも“おばさん”という概念自体がNG。あきらめたらアウト! 女は女であるかぎり、死ぬまでキレイでいたい、素敵でいたいという気持ちを捨てちゃダメ。それが女の宿命です。キビシイことを言うようですが、意識を怠った瞬間から、女性としての自信も価値も失われます。
 また、女は常に“今の自分”をピークにもっていかないと。誰かみたいになりたいとか、過去のよかった時代の私になりたい、ではなくてね。今とこの先にしか人生はないんです。過去のいいことやトラウマが記憶に残っているとしても都合のいいように切り替えて。若いころの自分に執着しない、そして昔、おブスだったというトラウマがあって、引きずっていても、「私はキレイになれない」と思ってしまうから、それも切り離します。
 で、とにかく体を動かす! そうして鏡を見た時、「なんかいいかも」と思えるくらいになったらしめたものです。人を巻き込むのも手。トレーニングもパーソナルにすれば、トレーナーと時間を約束しているから必ずジムに行くし、まわりの人に「1カ月後までに2㎏減らす」と、具体的に公言すれば、目標が明確になります。
 さらにトレーニング以外の生活のいろいろなことをルーティン化してみるのもいい方法です。やると決めてやる、つまり“WANT”という感情で動くのではなく、日々の決まりごと、“MUST”にするんです。例えば夜早く寝て、朝早く起きて、朝日を浴びることを習慣化すると、体のサイクルが整って、びっくりするほど人生が変わります。僕も昔、半地下の部屋に住んでいた時、太陽の光を浴びられなくてメンタルが壊れかけたことがあります。でも、毎朝散歩して、朝の光を10分浴びる習慣をつけたら復活しました。メンタルは〝地球の自転”にゆだねる、おすすめです。
 
 40代以降は何もしていないと、たくさんの不調が起こります。“もっさり”を、人生の素敵な“重み”に変えられるよう、どうか頑張って。今をベストにもっていこうという気持ちを忘れずにね。


■美の処方箋:ゆったりお風呂で早寝早起きをルーティンに

〜 フルール ド ファティマの入浴剤 〜

「早く寝て、朝早く起きるという生活を習慣 今月の処方箋化するためには、夜、ゆっくりお風呂に入って。お気に入りの香りのバスソルトでリラックスを心がけます」。モロッコの天然海塩にアルガンオイル、精油などをブレンド。キリッとすがすがしいローズマリーの香り。

【用法】

1日1回

 フルール ド ファティマ ハンマム バスソルト アマル 250g¥2,700/ファティマ
フルール ド ファティマ ハンマム バスソルト アマル 250g¥2,700/ファティマ
【Mariol2月号2021年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking