すっぴんでクリニックへ。念の為キャップとサングラスで完全防備【2021/2/7コーデ】

カジュアルなフーディには光沢パンツと女性らしいヒールでキレよく大人の週末スタイルに
40代ファッション フーディ×オレンジパンツ×パンプス×コート×キャップ コーデ
去年の厄もすっきり落ちたようだし、ようやく次のフェーズに向かう時期に入った気がする。まずは最近怠っていた自分磨きに力を入れるべく医療ハイフで顔のゆるみをきりっとさせてみる。マスクの下はもちろんすっぴんなので、そこにサングラスとキャップを合わせて素顔を人に見られないようひと工夫。一昔前だと怪しすぎる変装スタイルも、今の時代だと意外とおかしくないから不思議。今こそダウンタイムが必要な治療をするタイミングなんだと思う。トップスがパーカでカジュアルな分、オレンジパンツできれいめな印象を方向づけて。
コート¥74,000/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) パーカ¥26,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥13,000/アンクレイヴ 帽子¥10,000/アパルトモン 青山店(グッド グリーフ!) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥57,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) バングル¥61,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ネックレス¥266,000/CHERRY BROWN グローブ¥16,000/エストネーション(グアンティ ジリオ フィオレンティーノ) 
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「フーディ」を使ったコーデの関連記事もチェック

What's New

Read More

Feature

Ranking