正しい姿勢でやせる!意識すべき筋肉は?【キレイになる活】

2017年4月23日
「ふだんの姿勢を正しく保つだけでも筋トレになり、体型キープに効果的です」と格子先生。そこで正しい姿勢と、意識すべき筋肉を詳しくご紹介。まずはこれを習慣に。
最近、オバさん体型になってきたからやせなきゃ! と食事制限を始めたあなた、ちょっと待って! アラフォーからは、ただやせるだけでは老け見えが加速するだけ! マリソル世代に必要なのは筋肉。そこで正しいボディメイク術を整形外科医の中村格子先生が伝授!

☆お話をうかがったのは…

Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長 中村格子先生
整形外科医、医学博士、スポーツドクター。横浜市立大学客員教授。著書『40代からはやせてもきれいになれません!』(オレンジページ)が話題


■抗重力筋の衰えは姿勢の くずれを招き、老化が加速

正しい姿勢を心がけるだけで体型は維持できるというのは、本当なのだろうか?
「人間は常に重力の影響を受けていて、運動をしなくても、重力に対して姿勢を保つために常に筋肉を使っています。この時働く筋肉を“抗重力筋”と言います。この筋肉は姿勢を正しく保つだけで使われて鍛えられ、軽い筋トレになります。これで体型維持は十分に可能です」
 この抗重力筋、姿勢が悪いせいで衰えている人が多いとか。
「抗重力筋が衰えると姿勢がくずれます。女性に多いのが、猫背で骨盤が後傾し、おしりが垂れた“垂れじり猫背”姿勢と、猫背で骨盤が前傾し、反り腰でおなかがぽっこり出た“反り腰猫背”姿勢。こんな姿勢だと見た目がオバさん化し、肩こりや腰痛なども起きやすくなります。逆に、抗重力筋を鍛えれば姿勢が整い、見た目年齢も若返ります!」

■姿勢を支える「抗重力筋」を鍛えて、見た目年齢若返り!

☆正しい姿勢はここをチェック!

●FRONT

正面から見ると、鼻の中央、あごの中央、おへそが一直線上にあり、左右の肩の高さ、骨盤の高さがそろっているのが正しい状態。脚を閉じた時、太もものつけ根、膝、ふくらはぎ、くるぶしがつくと◎。

●SIDE

横から見た時、耳、肩、大転子(股関節外側の一番出っぱった部分)、くるぶしの少し前が一直線になるのが正解。この状態だと背中のS字カーブが保たれ、体のどこにも負担がかからず痛みも出にくい。

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords