ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】

関節の可動域を広げて筋肉のバランスを整えるためには、まずストレッチから!

■ストレッチでゆがみを整える

体を上下左右に均等に動かすストレッチには、体のゆがみを整え、筋肉や関節をしなやかに保つ効果が。全身の筋肉バランスを整えるため、なるべく4種類すべて行うのがおすすめ。

☆胸椎

スマホを見てばかりいると、丸くなり、硬くなりやすいのが胸椎(背骨の上半分の骨)。肩 デコルテがえぐれる原因にもなるから改善を。

ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_1-1

1/2

ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_1-2

2/2

①うつ伏せに寝て、両脚はまっすぐに伸ばす。両肘を曲げて、胸の横に手のひらを置く。顔は床から少し浮かせる
②息を吐きながら、手のひらで床を押して上体を起こす。起こせるところまで起こして3秒キープ。慣れてきたら肘がまっすぐに伸びるところまで起こして。次に息を吸いながらゆっくりと1に戻る。これを5回

☆肩

パソコン作業などを続けると、肩が丸くなって広がり、一気に老けた印象に。肩のストレッチで正しい状態に戻して、美姿勢にリセット。
ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_3-1

1/3

ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_3-2

2/3

ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_3-3

3/3

①足をそろえて立ち、両肘を 軽く曲げて、肩の高さで両手を組む
②息を吐きながら、両手で大きなボールを抱え込むイメージで、おへそをのぞき込むようにする。両膝は軽く曲げる。 左右の肩甲骨が伸びるのを感じながら3秒キープ
③息を吸いながら、組んでいた手を離して、こぶしを作り、両肘を曲げながら後ろにグッと引き、左右の肩甲骨を中央に寄せる。そのまま3秒キープ。これを3回

☆股関節

股関節が硬いと股関節痛や脚のゆがみの原因に。多くの筋肉がついた部分でもあるのでストレッチで可動域を広げれば代謝もアップ。
ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_4-1

1/3

ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_4-2

2/3

ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_4-3

3/3


①両足を大きく開いて立ち、爪先と膝を外に向け、同じ方向に向くようにする。両手は下ろす
②そのまま両膝を曲げて腰を落とし、 膝の上あたりに手を当てる。息を吸いながら、左右の ももが地面と水平になるくらいまで、腰を落とす
③息を吐きながら、左手で左脚が内側に入らないように外に向かって押しつつ、左の肩を右にグーッとひねって5 秒キープ。反対側も同様に。左右各3回

☆おしり

おしりの外側を伸ばすこのストレッチを行うと、歩く時に脚の外側に重心がかかるのを防げて、正しい歩行ができるようになり、姿勢も整う。
ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_5-1

1/2

ストレッチ→筋トレの流れで、効果的UP!【キレイになる活】_2_5-2

2/2

①床に座って、右脚をまっすぐ伸ばし、 左膝を曲げて、左手で左太ももを抱えて、右手で左足を持つ
②両肘を曲げて左の膝下を抱えて、胸のほうにグーッと引き寄せて3秒キ ープ。これを3回。反対側も同様に行う
キャミソール¥9,000・レギンス¥9,500/ゴールドウイン(ダンスキン)
撮影/齋藤裕也(t.cube) ヘア&メイク/木村三 スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/きくちりえ(Softdesign) 取材・文/和田美穂

What's New

Read More

Feature

Ranking