今のために、これからのために。アラフォーの筋肉Q&A【キレイになる活】

筋肉・ホルモン・食事……素朴な疑問や悩みを解決!

Q.ウォーキングをしていれば、 筋トレは必要ない?

A.運動強度が低めなので筋肉を増やすならやはり筋トレを
「ウォーキングは万能のように言われるので、ほかの運動は必要ないと思いがち。確かにウォーキングは健康によく、特に心肺機能を高めるのに効果的。歩数を多くするとうつ病や認知症、心疾患、糖尿病などさまざまな病気の予防になるというデータも。ですからウォーキングはよいこと。ただし運動強度が低いので、筋肉量を維持する効果はあっても筋肉量を増やす効果は低め。若々しい体型をつくるにはやはり筋トレが必要です」


Q.更年期になるともっとたるむ?

A.成長ホルモンが減り、もっとたるむから、今から筋トレ習慣を
「更年期になると、筋肉をつくる成長ホルモンの分泌が今よりもっと減るので、何もしなければ筋肉が落ち、もっとたるみやすくなります。筋肉の破壊が早くなるため、筋トレをしても続けないとすぐ落ちてしまうので、筋トレを今のうちから習慣にしておきましょう。年をとるほど食も細くなりがちですが、更年期もタンパク質をしっかり補うことはマストです」

Q.腕や肩の痛みにマッサージは効く?

A.筋膜や皮膚の滑りをよくする筋膜クレンジングが効果的
「筋肉は筋膜という膜で覆われていますが、同じ姿勢を続けたりして筋肉が過緊張してこり固まると、筋肉と筋膜、または筋膜と皮膚が癒着し、その間の結合組織の中の水分が不足し、脱水状態に。すると動きが悪くなって痛みが出ます。これを改善できるのが筋膜クレンジング。筋膜の癒着が取れて、水分が流れ、痛みが解消しやすくなるから試してみて」
今のために、これからのために。アラフォーの筋肉Q&A【キレイになる活】_2_2-1

1/3

今のために、これからのために。アラフォーの筋肉Q&A【キレイになる活】_2_2-2

2/3

今のために、これからのために。アラフォーの筋肉Q&A【キレイになる活】_2_2-3

3/3

①片側の腕をもう一方の手でつかみ、つかんだ手を左右に動かして皮膚をひねるようにする。10回ほど行う
②中指と人さし指を当てて軽く押し、次にパッと離す。これを10回ほど繰り返す
③手のひらで腕を軽くつかみ、わきのほうへ押し流す。これを10回。1〜3を反対側も同様に。腕以外の痛みのあるパーツもこの要領で行えばOK
撮影/齋藤裕也(t.cube) ヘア&メイク/木村三 スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/きくちりえ(Softdesign) 取材・文/和田美穂

What's New

Read More

Feature

Ranking