アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション

春アウターの定番・トレンチコートや注目のマウンテンパーカなど、この春のおしゃれに欠かせない春アウターを総ざらい。旬なスタイリングから、Sサイズさんが意識すべきポイントなどコーデのポイントも要チェックです!



①女っぷりを上げるロングコートスタイル


「ピンクコート」×ピンクパンツ

春気分を堪能できる華やかなピンク。大人も着やすい絶妙カラーを、端正なシングルコートであくまで上品に。

ピンクのロングコート SHIHO

上品なトーンのピンクを、テーラードジャケットのような端正なシルエットに落とし込んだ美しいカラーコート。例えばコンサバ&地味になりがちなお仕事コーデも、この一枚をはおるだけできちんと感をキープしつつ一気に華やかに! コーデに自然と抜け感が出る、上質なリネン素材も今っぽい。

コート¥98,000/エブールギンザシックス(ebure) シャツ¥28,000/エンリカ パンツ¥23,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) サングラス¥40,000/アヤメ ピアス¥23,000・バングル¥73,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥100,000/アマン(ザネラート) 靴¥80,000/ジミー チュウ

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO

 

「ガウンコート」×レーススカート

時には「女っぽい」を直球で楽しむ。透け感のある羽衣のようなガウンコートで軽やかに、優しげに。

時には「女っぽい」を直球で楽しむ。透け感のある羽衣のようなガウンコートで軽やかに、優しげに。 SHIHO

ほんのり透け感のあるコットンシルク素材のガウンコートを、レースのスカートと合わせてドレッシーに。とびきり女っぽいのにくどくならないのは、コートがもつ凛とした美しさとアイシーな色みのおかげ。足もとはあえてのスニーカーで。特別な日だけでなくデイリーにも着こなしたい絵になる一枚。

コート¥99,000・スカート¥98,000/エブールギンザシックス(ebure) ニット¥21,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ピアス¥19,000・バングル¥61,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥156,000/ジミー チュウ 靴¥20,000/ノヴェスタ  ジャパン オフィス(ノヴェスタ)

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO

 

「トレンチコート」× 小花柄ワンピース

フェミニンな花柄ワンピは、少し辛口なデザインのトレンチコート
アラフォーにちょうどいい甘さバランスに。

トレンチコートと花柄ワンピースのコーデ
春が近づくと着たくなるロマンティックな花柄ワンピース。大好きな小花柄はモノトーン配色のものを選びつつ、合わせるコートをちょっと辛めのハンサムトレンチコートにすると、かっこよくてフェミニンな女性を演出できる。

ワンピース( 3 月中旬発売予定)¥18,000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー) トレンチコート¥59,000/インターリブ(サクラ) バッグ¥34,000/アビークローゼスト エイチ アイ ティー(ミミ ベリー) パンプス¥30,000/ベイジュ(ピッピシック) ピアス¥35,000/マリハ バングル¥27,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

 

「トレンチコート」× パウダーブルーワンピース

最愛のトレンチ×ワンピースでつくるとびきり上品なツートーンコーデの完成

トレンチコートとアイスブルーワンピース
甘さとさわやかさを備えたパウダーブルーのワンピースに、トレンチコートを合わせて大人っぽく仕上げてみる。ベージュとの上品なツートーンで春の訪れを感じて。

ワンピース¥42,000/ブルーバード ブルバード コート¥23,000/アンクレイヴ サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥49,000/アパルトモン 青山店(ガブリエラアルティガス) バッグ¥12,000/ジャーナル スタンダード表参道店(メイド イン マダ) ストール¥25,000/アイネックス(アソース メレ) 靴¥25,000/フラッパーズ(スペルタ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



②カジュアル派におすすめ!スポーティーアウター


「フィールドコート」+キャップのモノトーンコーデ
今季注目のフィールドコートは、 パリッとクリーンな白を選んでスポーティな中にも洗練された印象に。
フィールドコート SHIHO

今の時代、「ヘルシーさ」もアラフォーにとって欠かせない魅力のひとつ。休日は真っ白なフィールドコートにキャップを合わせたユニセックスなコーデで颯爽と。さりげなく首もとにあしらったパールや上質な小物で、リラクシーな中にもちらりと女らしさをのぞかせて。

コート¥65,000/グラフペーパー ニット¥29,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥24,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) 帽子¥15,000/キジマ タカユキ ネックレス¥265,000/TASAKI バッグ¥98,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO

 

「ブルゾン」 × センタープレスパンツ


スポーティなブルゾンには、カチッとしたアイテムで品をプラスするのがアラフォーにはおすすめ。

ブルゾンとセンタープレスパンツのコーデ ヨンア

歩きやすさを重視した日におすすめの太めパンツ&フラットシューズコーデ。スポーティなブルゾンは、スカーフやセンタープレスパンツで上品さをプラスして着るのが大人の正解。

ブルゾン¥49,000/エブールギンザシックス(ebure) ニット¥24,000/CABaN Daikanyama(キャバン) パンツ¥25,000/デ・プレ バッグ¥29,000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥35,000/ベイジュ(ピッピシック) スカーフ¥8,800/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥16,500/メラキ(フラッパーズ)

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/菊地美香子(TRON) スタイリスト/松村純子 モデル/ヨンア 取材・文/東原妙子

 

スポーティなブルゾン

どんなコーデもこれ一枚はおるだけで今年らしくなる。40代に似合うシックな色×ゆるめシルエットが増えた今こそ狙い目!

スポーティなブルゾン 竹下玲奈

カジュアル服との相性は説明不要。子供っぽく見えないデザインがこの春は豊作。

ブルゾン¥48,000/カオス横浜(カオス) ニット¥22,000/グッドスタンディング(リノ) スカート¥36,000/YOKO CHAN ネックレス¥130,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ペヨテ バード デザイン) バングル¥70,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥142,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥29,000/グラフペーパー(グラフペーパー)

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini./竹下さん) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈 取材・文/塚田有紀子


「ネイビーブルゾン」×ギャザースカート


メンズライクなネイビーブルゾンの場合、下半身は白のギャザースカートで大人の可愛げも忘れずに。

ブルゾンとロングスカートのコーデ

バンドカラーシャツは、ボタンを上までとめればクルーネック感覚ですっきり着られるのが高ポイント。ギャザースカートを合わせてもうるさくならずにすらりと決まる。ブルゾンをレイヤードしても好バランスをキープ。

シャツ/上と同じ ブルゾン¥14,760/バナナ・リパブリック(バナナ・リパブリック) スカート¥48,000/アーク インク(ザ・ニューハウス) バッグ¥59,000/アマン(エレメ) 靴¥22,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ピアス¥72,000/マリハ(マリハ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/阪井まどか 取材・文/三尋木奈保

 

「フードつきブルゾン」×花柄ティアードスカート

ブルゾンとスニーカーでアクティブに過ごす日も、女っぷりを底上げする柔らかさをティアードスカートで取り入れて。

フードつきブルゾンと花柄ティアードスカート
甘めの花柄ティアードスカートにはアクティブなブルゾンとスニーカーを合わせてカジュアルに。

スカート¥18,000/ヌキテパ 青山(ヌキテパ) ジャケット¥69,000・長袖カットソー¥16,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥33,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) スニーカー¥35,000/ティースクエア プレスルーム(デイト) ネックレス¥39,000/マリハ バングル¥59,000/アダワットトゥアレグ(アダワットトゥアレグ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



③トレンチ&ステンカラーコートで作る大人のトラッド

 

「ステンカラーコート」×ロゴTシャツ

ロゴTシャツにカラーパンツ、“攻め”のカジュアルも、上質なステンカラーコートがあれば一気にこなれた大人のムードに。
ステンカラーコートとカラーパンツ

もとがトラッドなアイテムだけに、それ自体に"真面目"なムードがあるステンカラーコート。ロゴTにカラーパンツを合わせた旬度高めなカジュアルコーデも、上からステンカラーコートをはおるだけでぐっと落ち着いた大人の雰囲気に仕上がる。

コート¥78,000/オーラリー Tシャツ¥22,000/マディソンブルー ニット¥46,000・パンツ¥44,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) メガネ¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥29,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(マリア ブラック) バッグ¥42,000/オルサ(オルセット) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO


「ブラックトレンチコート」×センタープレスパンツ

クリーンなモノトーンコーデで、凛としたムードで気持ちまで引き締まる!

黒トレンチコート
クリーンなパンツスタイルで気持ちを引き締めて。オフィスに出勤する日は、服装からキリリと。トレンチコート、シャツ、センタープレスパンツと辛口なアイテムを合わせた通勤ベーシックも、パンツのシルエットがややワイドになるだけで、なんだか新鮮。どこか余裕のある着こなしが、今の気分にフィットする。白×ネイビーのクリーン配色も、お仕事モードを加速して。

コート¥90,000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥36,000/エブールギンザシックス パンツ¥25,000/デ・プレ バッグ¥201,000/ジミー チュウ 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
【Marisol3月号2021年】撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/塚田有紀子


「トレンチコート」×ブルーデニム

カジュアルの定番デニムコーデも、トレンチコートやローファーなどのトラッド要素で、アラフォーに必要なクラス感を演出できる。

トレンチコートとデニム
ストライプシャツにトレンチコートを合わせたトラッドベーシックには、足元もローファーでテイストをそろえて。カジュアルなデニムコーデも即クラスアップ。

デニムパンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ  シンゾーン) ローファー¥63,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) トレンチコート¥23,000/アンクレイヴ ストライプシャツ¥24,000/エストネーション(エストネーション) バッグ¥49,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ  キアリーニ) ノットリング¥10,000/エテ(エテ) ブレスレット¥49,000/ストローラーPR(リューク)
【Marisol3月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/菊地美香子(TRON) スタイリスト/松村純子 モデル/ヨンア 取材・文/東原妙子


「ネイビートレンチコート」×サテンパンツ

マニッシュなムードのなかにも、パンツの光沢感や小物使いから女性らしさを香らせる。

ネイビートレンチコート
トレンチコートとパンツのマニッシュなコーデでも、小物で遊んで女性らしさを出して。

パンツ¥19,000/ピーチ(ミューニック) コート¥90,000/ボウルズ(ハイク) ニット¥24,000/CABaN Daikanyama(キャバン) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥29,000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥35,000/ベイジュ(ピッピシック) 
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



④アラフォーがトレンチコートを素敵に着るコツ|bemiさんの小柄バランスコーデ術

bemiさん

bemiさん

阿部恵美。身長153cm。 25年間の会社員生活を経て、2019年にパーソナルスタイリストとして独立。 小柄でもバランスよく素敵に見えるコーデ術、もの選びの審美眼は、マリソル編集部も絶賛。ショップマリソルなどでプロデュースする、小柄さん向けの服も、毎回人気。
何となくトレンチコートを着ていませんか?

「小柄だからトレンチコートが似合わないのは仕方ない!」なんて思っていませんか?

せっかくなら、どうせ着るなら、おしゃれに着てみましょうよ。


今回は、そんな【小柄でも春のトレンチコートをお洒落に着るコツ】ご紹介したいと思います。

【Myトレンチコート:beautiful people】size130

トレンチコート:beautiful people
トレンチコートを苦手に感じる理由として「リクルートっぽくなってしまう点」を挙げる人は多いですよね。

確かに、スーツにトレンチと言えば春のビジネスシーンでは最もポピュラーな組み合わせ。

そこに小柄という要素が加わると、何だか新入社員のよう!?※遠目で見た時のハナシです(笑)

ですが、それはあくまでスーツとセットでのこと。
トレンチコートそのものにリクルートっぽさがあるわけではないと思うのですよ。

その証拠に、ジェーン・バーキンにビジネスの要素は全く感じません。


つまり!!
トレンチコートがリクルートっぽくなってしまうというのは、それを連想させる組み合わせにしているという事ではないかしら!?


こんな感じで↓
アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション_1_16
シンプルにスッキリまとめすぎていませんか?
無難にモノトーン、大きめの黒バッグなんかを合わせていやしませんか??

それでは仕方ないかも…

いくら仕事の時とは違うTシャツだのバレエシューズだの合わせたところで、パッと見の印象が変わっていないから。

そこで、こんな感じならどうでしょう?↓
アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション_1_17
coat:beautiful people
inner:deuxiemeclasse
pants:upper hights
shoes:foremosmarco×bemi
bag:Hermès
さき先程と、コートもインに着ているTシャツも同じなのに、全く印象が違いませんか??
ウンとカジュアル♬

これなら「今日、お仕事ですか?」なんて不本意なことを言われたりも無いでしょう。


そーゆう事です!! リクルートっぽく見えてしまうのは、トレンチコートのせいでも、小柄のせいでもナイのです。

全ては「着こなし方・合わせ方」次第! ポイントは、徹底的に“お仕事感”を排除すること。


そのカギとなるのが小物まで含めた色合わせ。
トレンチコートにあわせた小物
せっかくニュアンス色でコーディネートしても、黒のガツンと大きなバッグやエナメルのヒールパンプスを合わせてしまっては台無しです。

ぬかりなく、ニュアンス色でなじませて。


着こなし方も大事!
アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション_1_19
少々寒いのは我慢して!?キュッと腕をまくって、
アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション_1_20
ベルトも後ろで蝶々結びなんてせず、ラフにたらしましょう♪



どうですか??
何だかトレンチコートが着たい!そんな気分になりましたか(^^)

是非、この春は小柄さんも胸を張って、素敵なトレンチコーデを楽しんでくださいね。



⑤注目の春アウター「マウンテンパーカ―」|bemiさんの小柄バランスコーデ術

一時期は「春先のアウターと言えばトレンチコート一択」でしたが、 ここ何年かで選択肢もグンと増えましたよね。

そこに、コロナ禍によるライフスタイルの変化も加わって 『この春こそ、もっと気軽なアウターをワードローブに追加しようかな!?』と考えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、小柄女子的にはサイズ問題があるので、なかなかパッと新しいものにチャレンジできないのも事実。 ましてや、気軽に試着に行けない今の状況では尚更。

そこで!!
今回は“トレンチに替わる春のライトアウター”をテーマに、私のオススメをご紹介します♡
↓↓↓↓

【HERNO COAT(D.BEIGE)】

HERNO COAT(D.BEIGE)
いわゆる“マウンテンパーカー”です。
 
昔からトレンチコートと並んで端境期のアウターとして定着してはいましたが、ここ最近は特に“おしゃれなアウター”として注目されているように思います。
 
トレンチコートより気楽に羽織れて、こなれた感じに仕上がるのが魅力ですが、意図せぬ“完全なご近所スタイル”になってしまう可能性も大で、なかなか難易度高いアイテムとも言えます。
…小柄の場合、妙に子供っぽくなってしまう場合もありますね(^^;)
 
それをふまえた上で、どう着るか??
 
 
こんな感じです↓
マウンテンパーカ コーディネート
coat:HERNO
inner:deuxiemeclasse
pants:Mother
shoes:manolo blahnik
bag:madison blue
トレンチコートとは真逆の発想でコーディネートしてみました。

ザ・シンプル!

コンサバなアウターでは冴えない印象になってしまうモノトーンを逆手に取って、マウンテンパーカーのカジュアル感をキレイめに落とし込む作戦♪
アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション_1_23
アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション_1_24
靴は白スニーカーではなく黒のレースフラット。
アクセサリーを盛るより自然に全身の雰囲気を女らしくしてくれる♡
アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション_1_25
バッグまでキレイ目にすると、アウターだけがミスマッチな印象になってしまうので、遊び心あるサブバッグで調和を!


どうですか!?
アラフォーが選ぶべき春アウターは?2021年の春アウターの最旬コーデまとめ|40代ファッション_1_26
これなら小柄かて、後姿が小学生のようには見えませんね(笑)

すっかり気を良くしたワタシ。マウンテンパーカー、イイじゃあないの♡

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking