幸せそうか、不幸そうか、不満そうか? 人の第一印象は、頰位置の高さで決まっていた!?【齋藤 薫エッセイ】

本誌で好評連載中の、美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんから悩める40歳へおくる、美と人生への処方箋。今回は、「人の第一印象を左右する頰の位置」について。

初対面の生命線=ネガティブな印象を隠す“つや玉”の重要性

齋藤薫の大人キレイの処方箋
(右から)●独自開発のローラーでマッサージしながら美容液をなじませて。アドバンスド エステティックエ ッセンス 40g¥6,050(参考価格)/エリクシール ●"塗る美顔器"とも呼ばれる美容液で引き締めを。 フェイスフィッター 30mℓ¥9,878 ●気になる部分にパットを当て10分間過ごすだけ。筋肉にアプロ ーチするEMS美顔器。オレンジは限定色。フェイスプレイヤー¥43,780/コアフィット
 そもそも人間は第一印象で相手の何を見るのかと言えば、相手の中のネガティブの%。一見して負の要素が見えない人は抜群の第一印象を残すのだろう。誰だって負の部分はあるけれど、それをいかに相手に見せないか、それが初対面の生命線にして大人のマナー。その時、最も重要なのがつや玉というわけなのだ。

 そしてマスク生活が長引くと、一番影響受けるのが頰の筋肉。表情筋を動かさない分だけ、そして顔に適度な緊張が生まれない分だけ、頰の位置は下がっていく。しかも1日デスクワークしていると、 この頰のてっぺんの位置が1センチ近くも下に落ちるというデータもあるのだ。 だから今は強く意識して、頰上げしたい。 鏡に笑いかけてもいいし、物理的に頰を引き上げるマッサージをしてもいい。この時、げんこつを作って第二関節を頰骨の下に当て、強めに押しながら持ち上げるのがコツだ。

 ちなみにズバリこの頰の位置を上げるための美容機器が登場している。一見イヤホン、あるいはイヤーマフ。今注目のB by Cのコアフィットが作ったフェイスプレイヤーである。この耳当て部分を 頰に当てるだけ。EMSがより効果的に働き、日々続けるうちにだんだん頰が上がって、丸い頰ができあがるはずだ。まず筋肉を和らげてから、というプレ美容液も同時にデビューした。そして何より資生堂が誇る「つや玉美容液」。この“つや玉シリーズ”も数々傑作が生まれているが、昨年デビューのエステティックエッセンスはまさに頰骨を上げるボールマッサージ機器内蔵という有り難さ。下から上へ、頰を持ち上げるようにマッサージ塗りすれば確実に頰が上がり、つや玉が輝き出す。せめてマスク期間中は本気で頰上げを日課にしたい。

 

齋藤薫 Kaoru Saito

美容ジャーナリスト、エッセイスト。美容やファッションの潮流に社会的な視点を加え、美しくありたいと願うアラフォーの未来を照らす。『キレイはむしろ増えていく。大人の女よ! もっと攻めなさい』(集英社インターナショナル)など著書多数

 

【Marisol 2021年4月号】撮影/John Chan スタイリスト/郡山雅代(STASH)

What's New

Read More

Feature

Ranking