失敗しないセルフネイルのコツ【ネイルの塗り方編】

ステイホームでセルフネイル派が増えている今。キレイに塗るにはどうすればいい? ネイリスト渡邉季穂さんにポイントを教えていただきました!
uka代表・ネイリスト 渡邉季穂さん

uka代表・ネイリスト 渡邉季穂さん

uka代表/トップネイリスト。大人を満足させる、センスあふれるネイルデザインが多くの女性の信頼を集める。ネイリストとしてサロンに立つほか、アーティスト、経営者、講師とさまざまな顔をもつ


HOW TO COLOR?

ネイルの塗り方

基本の塗り方は、ベースコート→ネイルカラー2回→トップコート。「瓶の口で筆をしっかりしごいて、ネイルカラーをなるべく薄く取ることも大事。色を重ねる時は慌てずに、最初に塗ったカラーが乾いてからのせるようにします」
綿棒にネイルリムーバーかアルコールをしみ込ませ、爪の表面をていねいにふき取って、油分を落とす
1.綿棒にネイルリムーバーかアルコールをしみ込ませ、爪の表面をていねいにふき取って、油分を落とす。ベースコートを塗る
爪先端の厚みの部分に塗る
2.色をはがれにくくするため、ネイルカラーの1回目は、まず爪先端の厚みの部分に塗る(ベースコートとトップコートも同様に)
筆の幅が一定になるように塗る
3.指を台の上にのせ、高低差をつけたほうが、筆が寝て塗りやすい。中央→サイド→サイドの順に、筆の幅が一定になるように塗る
ネイルを塗る
4.サイドを塗る際は、筆の角を使うと、はみ出しづらい。1度目の色のムラを消すことを意識しながら再度塗り、トップコートで完成
【Marisol4月号2021年掲載】撮影/神戸健太郎(人物) 久々江 満(物) ネイル/渡邉季穂(uka) スタイリスト/郡山雅代 モデル/皆川眞緒 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking