メンズスタイリストに聞きました!知っている人からおしゃれ上級者に近づける「カジュアルな白」8つの名品

カジュアル上手なメンズにとってはおなじみだけど、マリソル読者はまだ知らない人も多い白の名品たち。一目置かれる優秀アイテムをメンズスタイリスト池田尚輝さんに聞きました。

☆教えてくれたのは・・・
池田尚輝
いけだ・なおき●『UOMO』をはじめとするファッション誌、広告、TVと幅広い分野で活躍するスタイリスト。細かなリサーチにより培われた知識と確かなセンスによるセレクトにファン多数


1. ENGINEERED GARMENTSのブルゾン

メンズスタイリストに聞いた8つの名品1

「メンズライクな形と上品な色みで、絶妙なバランスが取れた一枚。"ドリズラージャケット"という男性には定番的な形ですが、大人の女性が着ると新鮮で洗練された印象を演出できます。あまりむずかしく考えず手持ちのコーデにバサッとはおってみてほしいですね」。ブルゾン¥46,200/エンジニアド ガーメンツ



2. COMOLIのシャツ

メンズスタイリストに聞いた8つの名品2
「クリーンすぎず生成りにも寄りすぎない色み。優しげな風合いをかなえる甘い織り地。少し肩が落ちつつもきれいめに着こなすことのできるシルエット。一見デザインを感じさせないくらいミニマルだけど、着ると気持ちがいい。大人の女性が選ぶべきアイテムです」。シャツ¥24,200/ワグ インク(コモリ)



3. AETAのレザーカゴバッグ

メンズスタイリストに聞いた8つの名品3

「いかにもカゴバッグな形だけど素材は上質なレザー、というアイデアがありそうでなかったし、おもしろい。カジュアルなバッグは"ほっこり感"や"野暮ったさ"が出てしまうこともありますが、これはその心配がなく、都会的で街になじみます」。バッグ(左)¥63,800・(右)¥104,500/アルファ PR(アエタ)



4. INOV8のスニーカー

メンズスタイリストに聞いた8つの名品4

「細身のシルエットで女性らしいスタイリングと相性がいい、本格的なトレランシューズ。さらに注目してほしいのはゴアテックス内装で防水機能をもつこと。"雨の日に使える白い靴"は重たくなりがちな梅雨時のスタイリングに抜け感を与えてくれます」。スニーカー¥22,000/デサント トウキョウ(イノヴェイト)



5. HERILLのクルーネックニット

メンズスタイリストに聞いた8つの名品5

「詰まったネックやしっかりとした強めのリブなど、クラシカルなデザインにこだわりを感じます。古着のセーターを着るようなこなれ感と、カシミアならではのエレガントさのどちらも楽しむことができるから、カジュアルの格上げ役として活用してみてほしいですね」。ニット¥63,800/にしのや(ヘリル)



6. LOS ANGELES APPARELのカットソー

メンズスタイリストに聞いた8つの名品6

「"ただの服"に見せて、着るとあかぬけて見える服作りがうまいブランド。色バリエも豊富で、白もクリーンな色みからベージュがかった色みまで、幅広いレンジから好みのものを選ぶことができます」。スウェット¥9,300・ハイネックカットソー¥4,950/LOS ANGELES APPAREL JAPAN(LOS ANGELES APPAREL)



7. STUDIO NICHOLSONのパンツ

メンズスタイリストに聞いた8つの名品7

「特徴的なワイドシルエットで、チノパンでありながらモードなたたずまいに。気取った感じがなくはきこなせるけど、ちゃんとおしゃれしている感も出るところが時代のムードに合っていますね。ハリ感のある生地が体をきれいに見せてくれるのも魅力的です」。パンツ¥47,300/キーロ(スタジオ ニコルソン)



8. BRESCIANIのソックス

メンズスタイリストに聞いた8つの名品8

「"シャリ感"のある生地が上品で、ラフだけどカジュアルになりすぎない存在感は唯一無二。スニーカーにもドレスシューズにも似合います」。ソックス(左)¥3,850/三角形(サンカッケー×ブレシアーニ) (右)¥2,750/ロク 渋谷キャットストリート店(ロク×ブレシアーニ)

【Marisol5月号2021年掲載】撮影/鈴木 新(go relax E more) スタイリスト/池田尚輝

▼合わせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking