オフィシャルな場面はやっぱりジャケット!首スカーフで凛とさせて【2021/6/7コーデ】

信頼度の増す安定のベージュジャケットで、きちんと見えが確約される
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
役員が出席する会議には、見た目も気持ちもビシっとさせたいから、ベージュジャケットを選べば間違いなし。ベージュ×キャメルの落ち着いた着こなしには、少しだけブルーのネックスカーフとフラットシューズで華やぎを添えて、私らしさもアピール。午後は夏日のように暑くなりそうだから会社に置きジャケして、ノースリーブで帰ろうかしら。
ジャケット¥71,500/イレーヴ タンクトップ¥17,600/オーラリー スカート¥35,200/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥35,200/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥143,000/アパルトモン 青山店(ザンケッティ) スカーフ¥13,200/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店(マニプリ) パンプス¥102,300/ジミー チュウ 
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「プリーツスカート」を使ったコーデの関連記事もチェック

What's New

Read More

Feature

Ranking