アラフォーになると気になる、脚のラインのくずれ。その原因とは?【美脚レッスン】| 40代ヘルスケア

ハーフパンツが流行りそうな今年の夏。でも、脚にむくみやたるみ、ゆがみがあったら、カッコよく決まらない! そこで、アンチエイジングデザイナーの村木宏衣さんが美脚メソッドを指南!


☆教えてくれたのは・・・

エイジングデザイナー 村木宏衣さん

エイジングデザイナー 村木宏衣さん

むらき・ひろい●大手エステサロンや、美容医療クリニックでの施術経験をもとに、独自の「村木式」美容メソッドを確立。著書は『10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし』(主婦の友社)など

ふだんの歩き方や姿勢が脚のゆがみやむくみの大きな原因

アラフォーになると気になる、脚のラインのくずれ。その原因とは?
「年齢にかかわらず、ふだんの脚の筋肉の使い方に問題がある人が多数。特に多いのが、脚全体を使わず、膝を曲げたままふくらはぎだけで歩いている人。これだとふくらはぎも足首も太くなり、膝上に脂肪もつきやすくなります。特にアラフォーになるとコラーゲンが減ってくるため、膝上がたるみやすくなります。また、ふだんの姿勢のせいで膝下や足首やかかとがゆがんでいる人も多く、すると太ももやふくらはぎの外側が張ったりと、脚のラインがくずれる原因に。さらに、コロナ禍で出歩く機会が減って座り時間が長くなったため、そけい部のリンパ節が詰まっている人も多数。そうすると股関節が内側に入り、これも太もも外側が張り出す原因になるうえ、血流が悪くなり、脚のむくみやカサつき、くすみの原因にも。こうした複数の原因で、脚の美しさが損なわれるのです」

 そこで村木さんがすすめてくれたのが次ページからの美脚メソッド。
「このメソッドは、マッサージをしながら足首やかかとなどを動かす方法。マッサージによって血流がよくなり、むくみが解消しますし、カサつきやくすみも改善するうえ、硬い部分がほぐれると筋肉がバランスよく使われるようになります。また、足首やかかとを動かすことでゆがみも改善し、脚のラインが整うのです。ボディオイルやローションなどを塗って保湿しながら行いましょう」



■お風呂でウォーミングアップ! ~ゆがみ改善~

美脚レッスン1_1

ふくらはぎの筋肉をつかんで足首を回し、脚のゆがみを改善

湯船の中で片方のふくらはぎを持ち上げ、両手で筋肉をつかみ、足首を大きく回す。右回し、左回し各10回。つかむ位置を少しずつずらし、4カ所で同様に行う。最後に足首を倒し、次にかかとを突き出して足首を起こす。左右各10回。


■ふだんの姿勢にも気をつけよう!

脚をゆがませてしまうのが、ふだんの座り方や立ち方などの姿勢。気づかないうちに、下の写真のようなNG姿勢になっている人も多いはず。NG姿勢になっていることに気づいたら、こまめにリセットを!

美脚レッスン1_2

ついやりがちなのが、足首をぐにゃっとねじった座り方。これだと足首がゆがみ、その足首で全身を支えるため、全身のゆがみも招く。

美脚レッスン1_3

立っている時に多いのが、片足に重心をかけた立ち方。これだと筋肉が偏って使われ、脚のラインがくずれやすい。

美脚レッスン1_4

膝をまっすぐに伸ばし、左右の脚に均等に体重をのせるのが正しい立ち方。これを意識するだけで美脚につながる。

トップス¥9,680/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) パンツ¥14,300(ユニバーサルランゲージ)・ローファー¥28,600(ファビオ ルスコーニ)/ユニバーサルランゲージ渋谷店
【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/殿柿佳奈 取材・文/和田美穂

What's New

Read More

Feature

Ranking