ステディブランドから続々登場!パンツ派に“ロングTシャツ”がいい理由

袖をまくるだけでこなれ感が出て、一枚で決まりやすいのが人気の理由。スカート派、パンツ派、それぞれのベストチョイスをスタイリストが解説!

パンツ派:スタイリスト池田メグミさんのベストは…


エイトンの前後差つき白ロンT

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます

☆POINT!

・肩位置はセットイン、またはラグラン

・すそアウトしてもすっきり見えるやや狭めの身幅
・おしりまわりをカバーする前後差デザイン

「エイトンの半袖Tシャツ"パーフェクトスリーブT"をもともと愛用しているので、ブランド自体に信頼感が。重視している二の腕のカバー力はロンTになっても変わらず! スカート派とは反対に、細めの襟できれいめな表情のものを選ぶと女っぽさをキープできます」。Tシャツ¥17,600/エイトン青山(エイトン)



前後差デザインですそアウト。リラックス感あるこのバランスが今の気分

パンツ派のロンT2

「パンツ派の私が選ぶロンTは、身幅がやや狭くすっきりしたシルエットのもの。テーパードはもちろん、こんな太めパンツや、てろパンにすそアウトしてもきれいに見えるんです。セットインだから袖をまくってももたつかず、二の腕が細く見えるのも大事なポイント」。
Tシャツ/同じ パンツ/08サーカス バッグ/メゾン  マルジェラ 靴/エルメス



☆こちらもオススメ!

サンスペルのメンズ白ロンT

パンツ派のロンT3

「前後差デザインが苦手なかたは、サンスペルのメンズLサイズを。ハイゲージのきれいな素材と、細めの襟もとでカジュアルになりすぎません」。Tシャツ(メンズ)¥14,300/サンスペル 表参道店(サンスペル)



ゲミニーのグレーラグランロンT

パンツ派のロンT4

「ウィム ガゼットのオリジナル、GEMINIのロングTシャツはラグランスリーブ。てろっとしているのに肉感を拾わず、大人らしいリッチ感が出ます」。Tシャツ¥15,400/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー)

【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/目黒智子(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト・モデル/池田メグミ

What's New

Read More

Feature

Ranking